RM_horseの競馬コラム

競馬についてあれこれ書きます。

レース回顧 〜スプリングS 2020〜

 

スプリングSのレース回顧です。

 

 

・レース展開

まずはレースを振り返ります。

 

アオイクレアトールがハナ。

シルバーエースが外目追走2番手。3番手にエンがつけます。

1番人気ヴェルトライゼンデは5番手で追走します。

 

少し縦長の展開でしたが、600m通過は37.5、1000mは63.7と

かなりスローペース。

それを感じて最後方から競馬をしていたファルコニアが

3コーナーの前で一気に進出していきます。

ファルコニアに合わせるように各馬が動き出し、

4コーナーではずらっと横一線になります。

 

その中から抜け出したのはガロアクリークでした。

内で必死に抵抗するヴェルトライゼンデを交わし、

1馬身差をつけて1着で駆け抜けました。

2着ヴェルトライゼンデから2馬身近く離れた3着には

4コーナーで大外を回ったサクセッションが入りました。

 

 

・上位馬寸評と予想の振り返り

予想はこちらから

 

1着 ガロアクリーク 予想時:無印

これは驚きでした。ここにきて大きな変わり身を見せました。

3歳はこれがあるので難しいです。

短期間で急激に成長することがあるのです。

スプリングSには珍しく前半超スローで、

直線での瞬発力勝負になったことが向いたことは確かですが

それでもまさか勝つとは思いませんでした。

上がり3Fは中山1800mでは珍しい33.8。

ここでは勝ちましたが中山よりも東京でしょう。

つまり、皐月賞よりもダービーです。

 

2着 ヴェルトライゼンデ 予想時:◎

力はあると思いますが、この馬はズブいです。

ホープフルSもそうですが、4コーナーから追いまくっています。

反応の良さというのは強い馬の条件だと思いますので

今のままではトップクラスの成績を残すのは難しいでしょう。

今後の成長(というよりもむしろワガママになる方向?)待ちです。

 

3着 サクセッション 予想時:◯

ちょっと何とも言えない結果になりました。

今後の方向性が難しいです。

マイルがいいのか長い方がいいのかつかみにくいです。

名伯楽の国枝調教師はどういうレース選択をするでしょうか?

 

 

 

レース展開の予想が外れて、さらに予想外の急成長馬にやられましたが、

2着、3着は本命対抗でしたので、そこまでボロボロな予想ではないでしょう。

(人気サイドではありますが)

3歳重賞はしばらく続きますので、そろそろ当てたいです。

 

 

 

 

 

 

レース回顧 〜フラワーC 2020〜

 

フラワーCのレース回顧です。

 

 

・レース展開

まずはレースを振り返ります。

 

ナリノクリスティーがハナ。外からアブレイズが2番手。

クリスティとシーズンズギフトも前にいきます。

人気馬はレッドルレーヴが中団、ミアマンテは後方からの競馬になります。

 

前半600mの通過は35.8、1000mは59.2というペース。

速くもなく遅くもなくといったところ。

 

直線を向くとアブレイズが早め先頭。

外からレッドルレーヴが1頭だけ追い込んできます。

ゴール前では2頭のデッドヒートになりましたが、

アブレイズがしのいで1着。

2着レッドルレーヴから1馬身半離れた3着には先行して粘った

シーズンズギフトが入りました。

 

 

・予想の振り返りと上位馬寸評

予想はこちらから

 

1着 アブレイズ 予想時:◯

これは悔しい予想でした。

思い切って本命にしていればと後悔が残ります。

レースでは新馬戦同様に先行して粘りこむ強い競馬でした。

桜花賞オークスはスピードが要求されるため適性が疑問ですが、

成長次第では秋の秋華賞でダークホースになるかもしれません。

 

2着 レッドルレーヴ 予想時:△

いい馬だと思います。おそらく中山よりも東京が向きます。

フローラSあたりで適性は見てみたいです。

もしオークスに直行するなら印が非常に迷う馬です。

無事であれば将来重賞は取れる馬だと思います。

 

3着 シーズンズギフト 予想時:▲

1勝クラスのように末脚が使えなかったのは、ペースなのだと思います。

スローペースの方が活躍できるのでしょう。

今回は3着に入れましたが、かなり成長が見込めないと

重賞で勝つのは厳しいです。

 

 

本命:クリスティ 5着

休み明けにあまり強くないのでしょうか?

直線で前について行けなかったです。

 

 

ちょっと勿体ない予想になってしまいました。

ただ、アブレイズを高評価に出来たのはプラスに捉え、

このプロセスを大事にしていこうと思います。

 

 

阪神大賞典予想【2020年】

 

天皇賞・春を見据えた長距離レースで、

1着には優先出走権も付与されます。

 

 

・コース解説

競馬ラボさんのコース解説です。

 

f:id:RM_horse:20200319161707g:image

出典:競馬ラボ様

阪神競馬場 芝3000m | 全競馬場コースデータ | 競馬ラボ

 

スタートは向正面の2コーナー出口。

3,4コーナーまで下り坂で進みますが、3000mという距離を考えてペースは速くなりません。

内回りのコースを2周弱するコースです。

阪神はゴール前に急坂があり、それを2回登るので

距離を含めてタフになります。

内回りなので後方一気は厳しいでしょう。

 

 

・出走メンバーと枠順

レースの出馬表です。

 

f:id:RM_horse:20200321175813j:image

 

近年の日本競馬はスピードが強化される傾向にあり、

長距離レースの出走頭数は減っているように感じます。

今年も10頭立てと少頭数になりました。

 

 

・勝ち馬は4コーナーで前のポジション

過去の阪神大賞典を見てみると、道中は後ろでも

最後の4コーナーでは4番手以内にはいないと勝てないようです。

最初から前にいる馬はそれでもいいですが、

普段差しの競馬をしている馬は3,4コーナーで進出する必要があります。

 

人気馬の中では、ユーキャンスマイルは厳しいと言わざるを得ません。

菊花賞3着で3400mのダイヤモンドSも勝利しているので

距離も問題ないと思われがちですが、

菊花賞は最後の直線での瞬発力勝負で差しが向き、

ダイヤモンドSは条件馬をギリギリで差すという薄氷の勝利。

いつも通りの競馬であれば勝つことはできないでしょう。

 

キセキに関しては逃げ馬に転向して好成績をあげていましたが、

前走の有馬記念と、その時の鞍上のムーア騎手のコメントを見ると

もう前で競馬をするのは難しくなってきているのではないでしょうか?

もともと3歳時は差し追い込み馬でしたので、その時に戻った感じです。

そして、当時はコーナーで進出するというのが全く出来ませんでした。

なので、唯一のG1馬であるキセキにも死角があると考えています。

 

ただし、上がり最速を連発する馬も3着には入ることがあるので

頭は無くてもヒモでは注意が必要です。

 

 

・各馬寸評

出走メンバーの評価です。

今回距離適性は2500m以上の成績から考えています。

 

 

1. レノヴァール

3000mは万葉Sの3着があるが、阪神は0−0−0−2。

能力的にも厳しいか?

f:id:RM_horse:20200321183731p:image

 

2. メロディーレーン

斤量49kgの前走でも9着で、今回は53kg。

まずは自己条件で勝ち上がってオープン入りを目指すべきでは?

f:id:RM_horse:20200321184012p:image

 

3. ムイトオブリガード

良績が東京2400m、2500mに集中しており、

2年前の阪神大賞典では8着。

3着はあるかもしれないが、東京で買うべき馬。

f:id:RM_horse:20200321184511p:image

 

4. トーセンカンビーナ

後ろからの脚質なので、1着は難しいが

かならず終いの脚を使える馬なので、2,3着候補としては面白い。

f:id:RM_horse:20200321184756p:image

 

5. タイセイトレイル

前走のダイヤモンドSは案外だったが、2500m、2600mでは崩れていない。

ハーツクライ産駒はこのレースが得意で、鞍上の福永騎手も得意。

先行出来るのも魅力。

人気にはならないが高評価の1頭。

f:id:RM_horse:20200321185619p:image

 

6. メイショウテンゲン

菊花賞12着だが、ステイヤーズS4着でダイヤモンドSは2着。

スタミナはあるが、後ろからの脚質で、使える脚は速くない。

ここは少頭数でスローペース濃厚で展開が向かない。

f:id:RM_horse:20200321190021p:image

 

7. ボスジラ

3連勝中の上がり馬で、どのレースもゴール前で脚色が衰えていない。

コーナーでまくることも出来るため、レースにも向いている。

懸念点は初めての関西遠征であること。

f:id:RM_horse:20200321190318p:image

 

8. ドレッドノータス

今回楽逃げ濃厚で、前残りには要警戒。

しかし、前走早々にガス欠しており、スタミナが足りるか?

f:id:RM_horse:20200321190638p:image

 

9. キセキ

菊花賞1着であり、3000mの距離実績もある。

数々のG1での2着があり、実績はダントツ。

しかし、勝ち鞍は菊花賞までさかのぼる。

さらにもし脚質が変わっていたら、鞍上との相性が悪そう。

f:id:RM_horse:20200321190908p:image

 

10. ユーキャンスマイル

重賞実績が豊富で、G1でも掲示板を外していない。

後方からの脚質で差し届かないことが懸念点で、

無理にまくろうとすると失速も。

f:id:RM_horse:20200321191055p:image

 

評価値まとめ

f:id:RM_horse:20200321192848j:image

 

 

 

・印と買い目

◎ 7 ボスジラ

上がり馬ですが、脚質の利があり本命にします。

焦らずに乗れる鞍上もプラスです。

あとは輸送で大きく体重が減らなければ大丈夫なはずです。

 

◯ 5 タイセイトレイル

阪神大賞典と好相性のハーツクライ産駒および福永祐一騎手は

かなりプラスです。

この馬自体も前走以外は長距離戦で崩れていないため、

激走が期待できます。

 

▲ 8 ドレッドノータス

ガス欠をしてしまうとおしまいですが、

楽逃げの粘り込みは警戒しないといけません。

 

△ 9 キセキ

10 ユーキャンスマイル

実力馬ですが上記の通り不安も多いです。

無理にまくっていき直線で伸びないことが予想出来ます。

川田騎手も岩田騎手も早めに動いて失速する場面が多いです。

 

△ 3 ムイトオブリガード

苦手な阪神を克服できれば。

 

△ 4 トーセンカンビーナ

追い込みの脚がハマれば。

 

 

※買い目

◾️単勝

7

 

◾️馬連

5 ー 7

 

◾️ワイド流し

7 ー 5.8

 

◾️3連複フォーメーション

7 ー 5.8 ー 3.4.5.8.9.10

 

                              計 13 点

 

 

 

スプリングS予想【2020年】

 

皐月賞トライアルレースで、

3着までに皐月賞の優先出走権が得られます。

 

その後のG1馬を多く輩出しているレースで、

オルフェーブルやキタサンブラックという

顕彰馬になるであろうというレベルの名馬をはじめ、

ロゴタイプ、ウインブライト、ステルヴィオと歴代優勝馬は豪華です。

 

 

・コース解説

競馬ラボさんのコース解説です。

 

f:id:RM_horse:20200319161007g:image

出典:競馬ラボ様

中山競馬場 芝1800m | 全競馬場コースデータ | 競馬ラボ

 

金曜日にフラワーCが行われたコースと同じ。

先日にも中山牝馬S中山記念で使用しており、

トリッキーなコースながらも重賞で使われることが多いようです。

 

フラワーCの繰り返しになりますが、

スタートから坂を登って1,2コーナーで下り、

ゴール前でも再び坂を登る1週コースです。

その特殊性からこのコースだけ強い馬がいるほどです。

 

 

・出走メンバーと枠順

レースの出馬表です。

 

f:id:RM_horse:20200321160929j:image

 

地方馬2頭の参戦がありながら、10頭立てという少頭数です。

避けるほど強い馬がいるとも思えないので、

あまりこのレースが皐月賞トライアルとして

重要視されていないように思います。

 

 

・上がりのかかるレース

スプリングSはレースの上がり3Fのラップタイムが

35秒後半から36秒以上かかるレース。

東京や新潟で33秒台の上がりを出してこそ、という馬は向いていません。

過去の優勝馬を見ても、33秒台の速い上がりを出して勝つような馬は

ステルヴィオくらいで、ウインブライトやキタサンブラック

マウントロブソンといった面々を見ても、上がりがかかった方が

強い馬ばかりなのがわかるでしょう。

 

また、フラワーCほどではないですが、

どちらかというと先行馬が有利なレースです。

今回は10頭立てなので尚更です。

 

 

・各馬寸評

出走メンバーの評価を記していきます。

なお、フラワーCと同様にレーダーチャートに関しては省略します。

 

1. エン

共同通信杯でも1.8秒差で負け。芝では厳しそう。

 

2. シルバーエース

前走1勝クラスで3着は不満だが、馬場の問題か?

未勝利戦はハイペースの中先行して圧勝。

2,3着が差し馬であることから、内容は良かった。

穴で狙ってみたい。

 

3. ヴェルトライゼンデ

萩Sを勝利し、ホープフルSで2着と実績最上位。

前走は最も恵まれた展開ではあったが、G1で2着ならここでは負けないか?

 

4. ココロノトウダイ

共同通信杯では押し出されてハナに立ち、その後2,3番手とチグハグな競馬。

しかしいかにも速い上がりで力を発揮するタイプで、ここは向かないか?

 

5. ファルコニア

マウントロブソンエポカドーロと同じあすなろ賞勝ちからの参戦。

しかし上記2頭よりタイムがかなり劣り、坂のあるコースも今回が初めてであり、

ここでは狙いにくい。

 

6. ガミラスジャクソン

地方の重賞で5着ではここでは厳しい。

これまでに中央でも通用した地方馬は、地方では敵なしの状態だった。

 

7. ガロアクリーク

新馬戦は東京2000mで上がり3Fを33.5の末脚で差し切り。

ホープフルSの大敗は致し方なしも、前走1勝クラスの中山2200mで4着。

東京や新潟で見たい馬。

 

8. アオイクレアトール

全4戦が全て東京コースで、速い上がりの時に好成績。

この馬も東京や新潟で見たい馬。

 

9. サクセッション

中山は2戦2勝だが、どちらも1600m。

1800mの適性が試されるレース。

しかし、前走はハイペースの中上がりがかかる競馬で圧勝しており、

1周コースもこなせると考えられる。

 

10. ラグビーボーイ

中山はホープフルSで10着なのは致し方ないにしても、

前走未勝利勝ちと同じ東京1800mの1勝クラスでも大敗。

単純に実力が足りていないか?

 

 

・印と買い目

◎ 3 ヴェルトライゼンデ

素直に実力が抜けていると思います。

負けるとしたら出遅れくらいでしょう。

 

◯ 9 サクセッション

初の1800mは不安もありますが、こなしてくれれば

2,3着は堅いでしょう。

 

▲ 2 シルバーエース

未勝利戦の内容がよかったです。

前走が重馬場で参考外になるなら、ここで激走しても不思議ではありません。

 

 

※買い目

◾️馬連

3 ー 2.9

 

◾️3連単フォーメーション

3 → 2.9 → 2.9

 

                       計 4 点

 

 

 

フラワーC予想【2020年】

 

桜花賞オークスの前哨戦の位置づけですが、

そのコースの特殊性のせいか、

近年はあまり本番につながっていないのが現状です。

 

 

・コース解説

競馬ラボさんのコース解説です。

 

f:id:RM_horse:20200319140131g:image

出典:競馬ラボ様

中山競馬場 芝1800m | 全競馬場コースデータ | 競馬ラボ

 

スタート直後にいきなり坂を登り、1,2コーナーで下りになるも、

ゴール前にもう一度坂を登ります。

小回りを1周するというトリッキーなコース。

よほど能力が抜けていない限り、

1周コース、小回りコースの経験は重要だと思います。

 

 

・出走メンバーと枠順

レースの出馬表です。

 

f:id:RM_horse:20200319142625j:image

 

前走重賞は2頭のみ。新馬戦の馬も2頭います。

今のところは抜けたメンバーは不在の印象です。

 

 

・先行できた方がいい

中山1800mは先行馬が有利です。

正確に言えば4コーナーで5番手以内にいる馬が有利です。

実際に過去のフラワーCも2013年から7年連続で

勝ち馬が4コーナー4番手以内と前につけています。

(2012年は雨の降る重馬場開催で差しがききました)

 

2着以下は後方からの差し馬が食い込むことはしばしばありますが

1着候補は先行馬、あるいはマクることの出来る馬です。

 

 

・各馬寸評

出走メンバーを解説していきます。

ただし、3歳戦で距離適性やコース適性は未知数ですので

レーダーチャートは無しとさせていただきます。

 

1. エンジョイ

芝のレースは0−0−0−3で厳しい。

 

2. トリンカデイラ

新馬戦のタイムはスローペースで平凡も、残り1000mから加速するラップで

最後の2Fも11.7→11.7。内容は悪くなかった。

あとは小柄な馬で遠征も初めて。さらに中2週。

当日の体重には注目か?

 

3. チェスナットドレス

2走前の未勝利戦でスプリングSでも上位人気濃厚なファルコニアに圧勝。

しかし前走は1勝クラスで4着は少し不満。

遠征も初めてで中3週。不安の方が大きいか?

 

4. アミークス

前走は重賞で11着とクラスの壁を感じる結果。

左回りワンターンの経験しか無いのも不安。

 

5. ナリノクリスティー

前走は同じ中山1800mで2着と好走。

しかし芝は未勝利で今回は相手関係もレベルアップ。

 

6. キングスタイル

前走未勝利勝ちで、新馬戦は中山2000mで9着。

まずは1勝クラスで慣れが必要か?

 

7. ショウナンハレルヤ

前走混合の1勝クラスを勝利したのは立派。

懸念は2走前に中山1600mで13着と大敗しており、

中山コースが苦手な可能性。

 

8. フラワリングナイト

前走はナリノクリスティーと同じレースで3着。ちょっと物足りない。

中山しか走っておらず、経験は十分なのであとは相手関係。

 

9. ミアマンテ

2戦2勝と負け知らず。中山も新馬戦(1600m)で経験済み。

しかし後方からの脚質で、ここではいきなりマクりを見せないと勝てないか?

 

10. ポレンティア

前走中山のフェアリーS3着と、実績は最上位。

前走が5ヶ月ぶりの競馬で、今回は間隔が2ヶ月。

休養が十分か?

 

11. クリスティ

全成績2−2−0−1だが、戦ってきた相手が強い。

2着2回の勝ち馬はマイネルグリットとワーケア。

前走はきっちり勝っており、2着のアリストテレス

若駒SとすみれSを連続2着と高レベルだった。

中山は初めてなので適応できるかがポイント。

 

12. シーズンズギフト

2戦2勝で前走中山1800mの若竹賞を勝利。

4コーナーで3番手につけて上がり最速で駆け抜けており、

文句の無い競馬だった。

あとは相手関係が強化されることで通用するかどうか。

 

13. アブレイズ

トリンカデイラと同様に新馬戦の時計はスローペースで平凡も

ラスト2Fは11.9→11.8の加速ラップを先行して押し切りと

内容は非常に良かった。2,3着は差し馬の中で先行して勝利。

あまり人気はしないと思われるが、面白い存在。

 

14. レッドルレーヴ

前走タイムが優秀。ハイペースを抜け出したのは立派。

しかし血統的にも実際の走りも乗り難しさを感じる馬で

若手のヒューイットソン騎手がテン乗りで乗りこなせるか?

 

 

・印と買い目

◎ 11 クリスティ

他の馬とは戦ってきた相手が違います。

前述の通り、アリストテレスを物差しにすれば、

牝馬限定のここなら能力が抜けているのではないでしょうか?

さらに先行して抜け出す競馬は中山1800mに合います。

中山は未経験ですが、遠征はアイビーSで経験済みで

1週コースも未勝利戦の小倉1800mで経験しています。

頭で買うならこの馬でしょう。

 

◯ 13 アブレイズ

新馬戦の内容がすごくいいです。

コーナーで前が塞がり、決してスムーズではない競馬で

本気で走ったのも抜け出してから少しだけという感じです。

2,3着は後ろから追い込んで来た馬であり、

この馬だけ前の位置から押し切っているのは能力の高い証拠です。

思い切って上位と予想します。

 

▲ 12 シーズンズギフト

2戦2勝で前走で中山の経験もあるので死角はなさそうですが、

前走は前残りの展開でハマった感もあります。

適性等は問題ないと思いますが、アブレイズに期待してちょっと控えめにしました。

 

△ 9 ミアマンテ

△ 10 ポレンティア

△ 14 レッドルレーヴ

先行馬が1着だと思いますが、2,3着に差し馬も食い込んでくると思います。

 

△ 5 ナリノクリスティー

△ 7 ショウナンハレルヤ

完全前残りも想定しておきます。

 

 

※買い目

◾️単勝

11

 

◾️馬連とワイド

11 ー 13

 

◾️3連複フォーメーション

11 ー 12.13 ー 5.7.9.10.12.13.14

 

                                        計 14 点

 

 

 

 

金鯱賞簡易予想

 

金鯱賞の簡易予想です。

フィリーズレビューは混戦模様で

過去レースをじっくり見なければならず、

今回は時間が足りないので割愛させていただきます。

 

 

金鯱賞予想

メンバーを見ると、逃げるのはダイワキャグニーですが

あまり速いペースで逃げる馬ではありません。

昨年と同様にスローペースからの瞬発力勝負だと思います。

 

そうなるとサートゥルナーリアには誰も勝てません。

神戸新聞杯の時の圧倒的パフォーマンスを見せるでしょう。

そしてロードマイウェイもサートゥルナーリア以外に負けないでしょう。

この馬も瞬発力勝負に強い馬です。

 

3着は1戦ごとの成長が著しいラストドラフトにします。

瞬発力勝負よりは消耗戦の方が向きそうですが、

単純な能力で選びました。

 

◎ 6 サートゥルナーリア

◯ 10 ロードマイウェイ

▲ 2 ラストドラフト

 

◾️3連単

6 → 2.10 → 2.10

 

ちょっと弱気の2点ですが、

6 → 10 → 2

の1点でもいいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

ファルコンS & 中山牝馬S予想(簡易版)

 

体調不良が続いたので、今週も簡易版とさせていただきます。

来週からは通常通り予想します。

 

 

ファルコンS予想

唯一の重賞馬ビアンフェの力が抜けているのではないでしょうか?

懸念はデンタルバルーンの存在です。

あまりに競り合ってハイペースになるとちょっと厳しくなります。

しかし、たとえハイペースになっても1400mなら3着には残れると思います。

 

ビアンフェ以外の1着候補はラウダシオンです。

前走は逃げ馬不在の逃げ切り勝ちで、今回は差しに回るでしょう。

差し脚なら他の馬に負けないと思います。

相手は差し脚優秀なトリプルエース

また、同じコースで結果を出しているペコリーノロマーノ

をヒモに入れておきます。

 

◎ 13 ビアンフェ

◯ 10 ラウダシオン

△ 5 トリプルエース

△ 18 ペコリーノロマーノ

 

◾️単勝

13

 

◾️馬連

10 ー 13

 

◾️3連単フォーメーション

10.13 → 5.10.13.18 → 5.10.13.18

 

                                         計 14 点

 

 

 

中山牝馬S予想

中山3−1−0−0のコントラチェック

1800mはフラワーC馬なりで2馬身半差をつけて圧勝した舞台です。

斤量も55kgなら大丈夫だと思います。

 

対抗できそうなのはエスポワールでしょうか。

それでも前走コントラチェックに完敗しているので、

かなりの成長が必要ですが。

 

相手は紫苑S2着があるフェアリーポルカ

昨年の2着ウラヌスチャーム、関東では安定のゴージャスランチ

格上挑戦ながら中山が得意なロフティフレーズにします。

 

◎ 11 コントラチェック

◯ 9 エスポワール

▲ 3 フェアリーポルカ

△ 14 ウラヌスチャーム

△ 13 ゴージャスランチ

△ 16 ロフティフレーズ

 

◾️単勝

11

 

◾️馬連

9 ー 11

 

◾️3連単フォーメーション

9.11 → 9.11 → 3.13.14.16

 

                                 計 10 点