RM_horseの競馬コラム

競馬についてあれこれ書きます。

ドバイミーティング感想① 〜ゴドルフィンマイル、UAEダービー、ゴールデンシャヒーン〜

 

土曜の夜は夜更かししてドバイミーティングを楽しみました。

日本馬が出走したレースについて感想を書きます。ダートレース編です。

 

まずはゴドルフィンマイル

日本からはノンコノユメが出ていました。

一番好きな馬であり、思い入れは非常にあります。

レースは最近続いている出遅れがここでも起きてしまいました。

結果は10着。

 

出遅れなくても上位は難しかったと思いますが、

まだ出遅れ癖は解消されていないのかという思いが強いです。

3歳の頃からスタートは上手いわけではありませんでしたが、

昨年の南部杯から大きな出遅れをするようになりました。

唯一大きく出遅れなかったチャンピオンズカップもスタート前に立ち上がるような仕草を見せています。

元々気性難で去勢した経緯がある馬なので深刻です。

 

UAEダービーにはデルマルーヴルが出走。

厳しいと思われていたと思いますが、追い込んでの4着と健闘しました。

ただし、混戦だった上位3頭とは大きく離れています。

直線では上位3頭と同じ脚を使って差が縮みませんでした。

次は日本でしょうか?アメリカはちょっと厳しいと思います。

 

そしてマテラスカイが出走したゴールデンシャヒーン。

レースは3枠のエックスワイジェットがハナに立ち、外枠のマテラスカイは2番手追走でした。

直線でゴール板残り150mあたりでは差せるかと思いましたが、及ばず。

最後は少しバテた感もありましたが後続には差されず2着でした。

枠の差もあったと思います。内枠からハナがきれていれば着順が逆だったかもしれません。

 

日本にはダートのスプリントのG1はJpn 1を入れてやっとJBCスプリントがあるだけです。

JRAの重賞で1200mは少ないですし、地方のダートグレード競走を頼ることもしばしば。

ダートスプリンターにとって日本はかなり厳しい環境です。

そんな中でゴールデンシャヒーンの2着は快挙と言えます。

アメリカ遠征の話も出ていますが、小回りの地方競馬場よりは合うかもしれませんね。