RM_horseの競馬コラム

競馬についてあれこれ書きます。

ラジオNIKKEI賞予想 〜大荒れの予感〜

 

あまり好きな言い方ではないですが、いわゆる残念ダービー。

その名に似合わず近年は活躍馬を輩出していますので侮れません。

 

・コース解説

競馬ラボさんのコース解説です。

 

f:id:RM_horse:20190629212723g:image

出典:競馬ラボ様

福島競馬場 芝1800m | 全競馬場コースデータ | 競馬ラボ

 

ローカルらしく小回りのコース。

1800mながらも1周するのでテクニカルなコースと言えます。

そのため直線での速さよりも、1周通じてスムーズに走る上手さが大事でしょうか?

 

例えば昨年の勝ち馬はメイショウテッコンですが、2着は後の菊花賞馬フィエールマンです。

フィエールマンは現役最強ステイヤーながらも、

菊花賞は超スローペースの瞬発力勝負を制したように速さも特徴的な馬。

そんなフィエールマンが斤量が2kg重いメイショウテッコンを差し切れないのがこのコースなのです。

 

 

 

・予想のポイント

コース解説でも記したように、福島1800mは速さよりも上手さが要求されます。

具体的に言うならば前半スローペースでの瞬発力勝負で勝ちあがった馬は割引です。

もっと言えば東京のワンターンで好走する馬も割引です。

過去の傾向を見ても、東京で上がり最速を出せるような人気馬が

馬券外になっていることが多いです。

 

では、どういう馬を選ぶか?

それは1周コースで好成績をあげている馬がいいでしょう。

上がりが使えていればさらにいいです。

 

そして、今回は逃げ馬が多いのでペースが速くなることが予想されます。

なのでスローペースでなくても上位に来れそうな馬も評価を上げたいです。

 

 

・印と買い目

 

◎ギルマ

前走中山1800mの山藤賞を勝利。未勝利戦も小倉1800mで勝ち上がりと

1周の1800mが得意なようです。

斤量も前走56kgから53kgに減るのも魅力。

さらに最内枠を引きました。

ローテも無理にダービーは目指していないのも好感です。

 

○アドマイヤスコール

2走前の水仙賞の差し切り勝ちが好内容。

ペースも決してスローではありませんでした。

前走は重賞で失速してしまいましたが、

2走前のパフォーマンスが出せれば勝ち負けもあるのではないでしょうか?

 

▲ブレイキングドーン

徐々に状態を上げてきていると思います。

キレよりもジリジリと差を詰めるタイプで、

後ろから早めに動いてもバテにくいと思います。

 

マイネルサーパス

2歳時に同じ福島1800mのきんもくせい特別を勝っています。

この時の2着は後のきさらぎ賞勝ち馬のダノンチェイサーですから

決して低レベルではないです。

プリンシバルS、ダービーと連闘してからの立て直しには不安がありますが

コース適性は高そうです。

 

サヴォワールエメ

逃げ馬がたくさんいるのですが、2,3着に食い込むならこの馬と考えています。

スローペースながらも阪神2000mを逃げ切った実績があり、

前走の白百合Sは0.3秒差5着ですが、そこから斤量3kg減の51kgで臨めます。

最軽量馬が逃げたときの粘りは想定しておきます。

 

 

※買い目

1.16 ー 1.2.8.16 ー 14

1.16 ー 14 ー 1.2.8.16

 

  • 3連複ボックス

1.2.8.14.16

                                  計 22 点

 

 

人気馬総崩れの大荒れを期待しています。