RM_horseの競馬コラム

競馬についてあれこれ書きます。

セントライト記念予想

 

 

こちらは菊花賞のトライアルです。

2015年にキタサンブラックがこのレースを勝ち、菊花賞を勝ちましたが

基本的にはあまり菊花賞で結果が出ることが少ないレースではあります。

 

 

 

・コース解説

競馬ラボさんのコース解説です。

 

f:id:RM_horse:20190914193422g:image

出典:競馬ラボ様

中山競馬場 芝2200m | 全競馬場コースデータ | 競馬ラボ

 

スタートは正面の直線入り口。外回りを1周するコースです。

中山は起伏が激しく、このコースではスタートしてすぐ登り、

2コーナーから向正面は下り、最後ゴール前でまた登ります。

タフさも必要なコースと言えます。

 

距離が長めですが、差しは2,3着までが多いです。

ただし3,4コーナーから進出するマクリが出来れば別です。

 

 

・予想のポイント

3歳限定の重賞なので、力関係の見極めは重要です。

牝馬のトライアルの紫苑ステークスローズステークスでも

重賞実績馬を中心に選んできました。

 

しかし、今回は重賞実績で選びにくいです。

重賞勝ち馬はリオンリオン、メイショウテンゲン、ニシノデイジーの3頭おり、

重賞2着が2回あるランフォザローゼスがいます。

しかしどの馬も注文がつきます。

リオンリオンは逃げ馬なので、人気になるとマークされて厳しいです。

メイショウテンゲンは不良馬場での勝利で皐月賞とダービーは大敗。

ニシノデイジー皐月賞での凡走が同じ中山コースでは気になるところ。

ランフォザローゼスも前走は大敗しており、大外枠もマイナスです。

 

ここは上がり馬から本命を指名します。

 

 

・印と買い目

◎ 7 オセアグレイト

3連勝中で勢いに乗るこの馬を本命にします。

内容も圧巻で、前走は2600mのレースにもかかわらず

最後の600mのラップタイムが12.4→12.0→12.0と全くバテませんでした。

これは力がなければ出来ません。

ここは勝って菊花賞でも好走を期待しています。

 

◯ 1 ザダル

3戦3勝と傷がついていないレコード。

まだ底が見えません。

同時にどのくらい強いのかも見えないところです。

中山は500万で2000mを勝利しているので、合わないことは無いと思います。

最内枠は包まれてしまうのであまりいい枠ではありませんが、

能力がもし高ければ関係なく好走してくれそうです。

 

▲ 15 タガノディアマンテ

戦績を見ると、中山では脚を使えるようです。

春は明らかに使いすぎでしたが、それでもどのレースも大崩れしていません。

こういうタイプは休むと走らなくなる場合が懸念されますが、

能力を出せれば面白い存在だと思います。

 

△ 12 ニシノデイジー

重賞2勝、G1ホープフルSで3着と出走メンバーでは実績ナンバーワンです。

この馬は内で追走するときにあまりリズムよく走れていませんが

皐月賞では外目を追走して大敗しました。

内に入れないと好走できないようです。

しかし、内に入れるには難しい枠になりましたし、

そういった難しい面があるため、広いコースの方が良さそうです。

ですが、実績上位ということで馬券に入れておきます。

 

△ 11 メイショウテンゲン

先に記した通り、弥生賞を勝利した際は不良馬場でした。

皐月賞とダービーは大敗しており、時計がかからないと厳しそうです。

しかし、中山で重賞を勝ったのはこの馬だけなのも事実。

中心視はできませんが、重賞ウィナーの底力が発揮される可能性も考慮し

馬券に入れておきます。

 

△ 5 シークレットラン

超大穴ですが、中山2000mの2歳レコードを持っているほど中山は得意です。

京成杯スプリングSと馬券には絡めませんでしたが、キッチリ脚を使っています。

レコードも休み明けに出しており、リフレッシュしてからの好走があるかもしれないと

馬券に入れておきました。

 

 

※買い目

◾️3連単フォーメーション

1.7 → 1.5.7.11.12 → 15

1.7 → 15 → 1.5.7.11.12

 

◾️馬連流し

7 ー 1,5,11,12,15

1 ー 5,11,12,15

 

                                 計 25 点

 

 

・危険な人気馬

先週も見事(?)1着を的中させた危険な人気馬です。

懲りずにやっていきます。

 

◾️リオンリオン

まず、先述の通り人気のある逃げ馬はマークされますので

逃げ切るのはかなり難しくなってきます。

また、元々控える競馬もしていたのでここで控えるという選択肢には

前走ダービーでの大暴走が悪影響を及ぼします。

あれだけの大逃げ、そして失速をしましたから

かかってしまうことが大きな懸念ですし、

すぐに競馬をやめてしまうようになってしまう馬もたくさんいます。

名手横山典弘騎手は息子武史騎手の大失態をカバーすることができるでしょうか?

いずれは可能かもしれませんが、1戦目からは厳しいと判断します。