RM_horseの競馬コラム

競馬についてあれこれ書きます。

オールカマー予想

 

1着馬には天皇賞・秋の優先出走権が得られるレースです。

長らく天皇賞・秋にはつながらないレースでしたが、

昨年はレイデオロがここを勝って天皇賞・秋を制しています。

 

 

・コース解説

競馬ラボさんのコース解説です。

 

f:id:RM_horse:20190921151544g:image

出典:競馬ラボ様

中山競馬場 芝2200m | 全競馬場コースデータ | 競馬ラボ

 

先週のセントライト記念と同じコース。

先週と同じ話になってしまうので詳しくは割愛しますが

起伏が激しくタフなコースです。

直線が短いので基本的には先行有利ですが

外回りなのでまくりを決めることができれば差し馬も台頭します。

 

 

・とにかくコース適性!

中山2200mは特殊なコースで、ここを得意とする馬は何回でも馬券に絡みます。

昨年の勝ち馬レイデオロはコース適性に文句のつけようがありません。

また、中山2200mの成績が2-1-0-0のミッキースワローも外せません。

その3戦中2戦は重賞ですから、間違いなく得意コースです。

 

あとは昨年のセントライト記念で3着のグレイルにも注目です。

なぜたった1戦の3着で注目かというと、グレイルは昨年6戦に出走して

3着内はおろか掲示板に載ったのもこのセントライト記念のみでした。

よっぽど得意なのだと思います。

 

 

・ウインブライトは適性抜群か?

人気の1角ウインブライトですが、判断が難しいです。

中山コースは5-2-0-1で着外は皐月賞のみと中山の鬼ですが

実は外回りコースは2歳500万のひいらぎ賞(1600m)のみで、

この時は2着でした。

もちろん内回り、外回り両方走る馬もいますが

中山の1800m、2000mは得意だけど2200mの外回りになると

凡走してしまう馬は意外といます。

なので適性はわかりませんというのが見解です。

 

 

・印と買い目

◎ 8 レイデオロ

連覇を狙うこの馬を素直に本命にしました。

今年はドバイで6着、宝塚記念で5着と結果が出ていませんが

遠征が苦手なのだと思います。

休み明けに走るタイプですし、関東での競馬は皐月賞以外は崩れたことはありません。

クセ馬と言われており、テン乗りの福永騎手というのは気にはなりますが

追い切りも乗りに行っていますし、過度に気にすることはないと判断します。

 

◯ 1 ミッキースワロー

先に記したように中山2200mは得意なコースです。

33秒台の切れる脚を使えるため新潟や東京で買いがちですが

戦績は中山と福島で非常にいいです。

 

▲ 4 グレイル

これも先に記したようにセントライト記念3着で中山2200mの適性はありそうです。

さらにその時はかなり後ろからの追い込みでしたが、今回は頭数が少ないため

ロスが少なく運べそうです。

 

△ 7 ウインブライト

適性がわからないことは先に記した通りです。

この馬は苦手コースでも能力なりに走るのではなく

苦手コースは全く走らないというタイプです。

ただし、3連勝中で今が充実期だと思います。

馬券からは切れません。

 

△ 3 クレッシェンドラヴ

中山2200mは2-0-1-1と悪くないですが、セントライト記念では

ミッキースワローに1秒差をつけられて負けています。

その頃とは馬が違うかもしれませんが、今年1月の迎春Sでは

牝馬2頭に負けて3着でした。

苦手ではないと思いますが、得意度で言えばミッキースワロー等が上でしょう。

 

 

※買い目

◾️3連単フォーメーション

1.8 → 1.3.7.8 → 4

1.8 → 4 → 1.3.7.8

 

◾️馬連流し

8 ー 1.3.4
1 ー 3.4

(7は馬連からは消し)

 

                              計 17 点