RM_horseの競馬コラム

競馬についてあれこれ書きます。

中日新聞杯予想

 

ローカル重賞ですが、翌年の大阪杯まで芝中距離のG1が無いため、

賞金を加算しておきたい骨っぽいメンバーも参戦してきます。

 

 

・コース解説

競馬ラボさんのコース解説です。

 

f:id:RM_horse:20191202122259g:image

出典:競馬ラボ様

中京競馬場 芝2000m | 全競馬場コースデータ | 競馬ラボ

 

スタートは正面の直線中ほど。

中京は正面の直線に坂がありますが、スタート地点は坂を登った後の地点で

中山や阪神のような起伏の激しさはありません。

 

しかし向正面まで非常に緩やかに登り、3,4コーナーで下り坂になります。

直線は同じ左回りの東京や新潟よりは短いものの、

下りの3,4コーナーでペースが上がり、さらに直線入り口からは急坂があり、

ロングスパートの持久力戦になることもしばしば。

適性を見つけることが重要となりそうです。

 

 

・出馬表

今回のレースの出走メンバーと枠順です。

 

f:id:RM_horse:20191206123920j:image

 

率直に申し上げると、これという馬はいない印象です。

つまり、どの馬が好走してもおかしくないということです。

非常に予想が難しいです。

 

 

・レース傾向

過去傾向をみると、中団からの差し馬が中心のようです。

今回のメンバーは先行馬と最後方に近いところからの追い込み馬が多く、

中団からの差し馬が少なめです。

アイスバブル、サトノソルタス、マイネルサーパス

あたりでしょうか?

この3頭だけで決まるとも思えないので、他のポイントもおさえておきます。

 

 

・重賞実績がものをいうレース

あまり使いたくないデータですが、重賞実績のある馬が好走しやすいレースです。

過去5年の1〜3着馬の重賞実績を調べてみました。

 

f:id:RM_horse:20191206133422j:plain

 

 重賞実績が無かったのはマイネルミラノマーティンボロだけです。

人気馬なら重賞実績があって当たり前ですが

ファントムライトは9番人気、レコンダイトは13番人気

ショウナンバッハは12番人気、ストロングタイタンは7番人気

といったように人気薄でも該当しています。

 

今年のメンバーで該当するのは

・ロードヴァンドール

・ランドネ

・アイスバブル

・アドマイヤジャスタ

・ラストドラフト

・タニノフランケル

・ショウナンバッハ

・サトノソルタス

マイネルサーパス

です。

 

結構多いですが、穴馬はこの中にいるかもしれません。

 

 

・各馬寸評

各馬の長所と不安材料です。

 

1. ロードヴァンドール

長所:重賞実績豊富。中京2000mは0-1-1-0と得意。

不安:好不調の波が激しいタイプで、走ってみないとわからない。

 

2.  メイショウエイコウ

長所:このレースにおける長所を見つけられず。

不安:ダート馬で芝未勝利。

 

3. カヴァル

長所:ハマった時の末脚は強烈。

不安:位置が後ろすぎて届かない可能性あり。

 

4. サトノガーネット

長所:前走から斤量3kg減。

不安:位置が後ろすぎる、夏競馬も使ってこれが秋だけで3戦目で疲れもありそう。

 

5. ランドネ

長所:斤量52kgの逃げ先行馬というのはプラス。

不安:ここ4戦は負けすぎで不振からの脱却の気配が見えない。

 

6. アイスバブル

長所:重賞実績があり、通算4−4−1−4と高確率で3着以内に入る。

不安:前走出遅れ。クセになっていると不利。

 

7. アイスストーム

長所:末脚は前々走以外は堅実。

不安:位置が後ろすぎて届かない可能性あり。

 

8. アドマイヤジャスタ

長所:メンバー唯一のG1実績。

不安:ダービー以降大負けが続いている。

 

9. ラストドラフト

長所:メンバー唯一の重賞勝利実績。

不安:前走リステッドで8着と力が足りていない?

 

10. ジェシー

長所:2000mは4−3−1−2と得意。

不安:これまでの勝ち上がり方をみてもクラス慣れが必要なタイプ?

 

11. タニノフランケル

長所:2度の重賞3着内があり、ウインブライトに0.1秒差と強い相手にも好走。

不安:先行馬が揃い楽逃げは厳しい。ペースが速くなるともろい。

 

12. ショウナンバッハ

長所:昨年2着とレース実績あり。

不安:位置が後ろになってしまう。前走も元気だったがもう8歳の冬。衰えは?

 

13. サトノソルタス

長所:条件戦1着からのハンデ重賞で斤量減は馬券に絡みやすいパターン。

不安:好走→凡走を繰り返しており、凡走の番。2走前に同コースで7着。

 

14. パリンジェネシス

長所:中京は1度走って2着と悪くない。

不安:良績が2200m以上に集中。2000mの好走は未勝利勝ちのみ。

 

15. ミスマンマミーア

長所:斤量50kgは最軽量。

不安:格上挑戦で混合戦。

 

16. マイネルサーパス

長所:前走リステッド勝ちで勢いがある。

不安:逆に前走メイチだと上積みは疑問。タフな馬場が得意なタイプ

 

 

・印と買い目

 ◎ 6 アイスバブル

中団からの差し馬で、重賞実績もあるこの馬が本命です。

前々走は着順ほど負けてないですし、前走は出遅れで参考外とすれば

ここでは走ってもいいはずです。

偶然かもしれませんが、外国人騎手が乗った時に馬券を外していません。

もしかするとガシガシ追うタイプがあっているのかもしれません。

スミヨン騎手はしっかり追ってくれるはずです。

 

 ◯ 8 アドマイヤジャスタ

近走は確かに大負けが続いていますが、調教を見ると復調の気配がします。

ホープフルSではサートゥルナーリアと0.2秒差の2着で、

ニシノデイジーとブレイキングドーンに先着しています。

復調すればある程度の実力は持っているのではないでしょうか?

 

▲12 ショウナンバッハ

昨年の2着馬で、前走も上がり最速を使っておりまだ元気だと判断します。

この馬は斤量54kg以下でないと厳しいのですが

今回昨年と同じ54kgとなりましたので、好走の予感がします。

 

△ 11 タニノフランケル

重賞実績は十分あります。問題はペースが速くなった時です。

ロードヴァンドール、ランドネの出方によっても左右されると思います。

スローで運べればチャンスありです。

ただし先行馬が粘って1着にはなりにくいレースなのでこの評価です。

 

△ 1 ロードヴァンドール

2年前の3着馬です。その時よりも1kg軽い55kgになりました。

ちょっと走り時がわからない馬なので軸にはしにくいですが

忘れた頃にやってくるのでヒモには入れておきます。

重賞での好走回数はメンバーで最も多いです。

 

△ 13 サトノソルタス

中団からの差し馬なので、このレースの傾向にはあっています。

前々走のマレーシアC(中京2000m)で7着に敗れているのは気がかりですが

その敗因が稍重の分であれば、今回は良馬場で望めます。

 

 

※買い目

◾️3連単フォーメーション

6.8 → 1.6.8.11.13 → 12

6.8 → 12 → 1.6.8.11.13

 

◾️馬連流し

6 ー 1.8.11.12.13

8 ー 1.11.12.13

 

                               計 25 点