RM_horseの競馬コラム

競馬についてあれこれ書きます。

レース回顧 〜中山金杯2020〜

 

先日の中山金杯の回顧です。

 

 

・レース展開と上位馬寸評

レースはブラックスピネルがハナ。

トリオンフが外目追走で2番手、内にノーブルマーズが3番手。

タニノフランケルとウインイクシード、テリトーリアルがその後ろでした。

1番人気クレッシェンドラヴは後ろから3番目とかなり後ろのポジションでした。

 

1000m通過は60.2と遅くも速くもないペースでした。

しかし3,4コーナーでクレッシェンドラヴが

なかなか押しても動かずにまくれません。

これにより先行馬が残ることは決まってしまったように思います。

 

2番手から早めに抜け出したトリオンフが、

ウインイクシードとのデットヒートをわずかに制して1着。

2着ウインイクシードも坂の途中では抜け出そうでしたが、

底力なのかトリオンフは抜かせませんでした。

3着はゴール前でグンと伸びたテリトーリアルが入りました。

 

トリオンフは完全復活ですね。もともと前残りならトリオンフと思ってましたが

58kgの斤量で先行して押し切るのはすごいです。

大阪杯はメンバーが揃うと厳しいですが、

宝塚記念あたりで狙いたいです。

 

ウインイクシードはここにきて力をつけてきてきました。

もう6歳なのですが超晩成型なのかまだ成長しています。

サマー2000シリーズの中心になりそうです。

 

テリトーリアルは個人的には驚きでした。

チャレンジCを見て、2000mは長いだろうと考えていました。

それとも中山が水に合ったのでしょうか?

もう少し今後のレースを見ないと買い時がわかりにくいです。

 

 

・予想の振り返り

予想はこちらから

 

本命クレッシェンドラヴは直線では伸びるも、エンジンのかかりが遅く7着。

コーナーで進出が出来なかった時点で勝ち目はありませんでした。

これは有馬記念に照準を合わせていた影響なのかはわかりませんが

最後は伸びているので、乗り方ひとつなのではないかと思います。

距離も長いほうが良さそうで、日経賞阪神大賞典でまた狙ってみたいです。

 

対抗レッドローゼスは従来の勝ちパターンの競馬が出来たはずですが

直線で全く伸びず14着でした。

函館記念は位置を取りすぎ、東京はコースが合わない、

福島記念はコーナーで進出が出来なかっただけで伸びていると考え、

ここでは上位評価でしたが、やりたい競馬をしても失速するのは厳しいです。

重賞では残念ながらもう見限ろうと思いました。

 

盛大にハズレはしましたが、予想のプロセスやロジックは振り返っても納得しています。

しょうがないと割り切ります。