RM_horseの競馬コラム

競馬についてあれこれ書きます。

レース回顧 〜シンザン記念2020〜

 

シンザン記念のレース回顧です。

 

 

・レース展開と上位馬寸評

スタートが良かったのはプリンスリターン。

しかし内からヴァルナがハナを主張します。プリンスリターンは譲って2番手。

スローペースになると考えたルメール騎手は

出遅れがありながらも押していき、サンクテュエールが3番手。

ディモールトが4番手、その後ろにコルテジア、ルーツドールがこれに続き、

その後ろにオーマイダーリン、下げたカバジェーロ、タガノビューティーと並び

最後方にヒシタイザンという隊列でした。

 

直線に入ると、プリンスリターンが早めに先頭に立ち、

後続を引き離しにかかります。

唯一ついていけたのはサンクテュエール。

この2頭のデットヒートはゴール前まで続きましたが、

わずかに内からサンクテュエールが抜け出して1着。

2着プリンスリターンの原田騎手は初重賞制覇まであと一歩でした。

離れた3着はゴール前で逃げたヴァルナを交わしたコルテジアが入りました。

 

1着サンクテュエールは戦前にあまり評価していませんでしたが

操縦性があっていいですね。出遅れて押していくとかかってしまいそうですが、

そんなことは全くありませんでした。

距離が伸びていいタイプだと思います。オークスで狙えると思います。

 

2着プリンスリターンは馬場もフィットしたと思います。

距離はマイルがベストだと思いますが、NHKマイルカップは東京なのでちょっと怪しいです。

それまでにもう1戦挟むと思いますので、その走りも参考にします。

 

3着コルテジアも馬場適性の分、なんとか3着に食い込めたのだと思います。

1,2着とは差がついていましたので、あまり高評価はできません。

 

 

・予想を振り返って

予想はこちらから

 

本命はカバジェーロでした。

好スタートからルーツドールをマークするために

わざわざ後ろのポジションに下げる騎乗には不満がありますが

直線も伸びなかったですし、能力も足りなかったと思います。

 

対抗ルーツドールも案外でした。

テンションなのか故障があったのか、

そもそもコンディションが整っていなかったのかわかりませんが

ちょっと負けすぎなので、一度立て直しは必要でしょう。

 

いいところはプリンスリターンをそれなりに評価していたくらいで、

本命対抗が沈むダメな予想でした。

特にこの時期の3歳は各馬の力量がわかりにくく、難しいです。

秋くらいになればまだハッキリしてくるのですが。