RM_horseの競馬コラム

競馬についてあれこれ書きます。

日経新春杯予想【2020年】

 

クラシックディスタンスの2400mで開催されるレースで、

クラシックを戦ってきた明け4歳の取捨選択がポイントでしょうか?

同じ京都の天皇賞・春を見据えたレースでもあります。

 

 

・コース解説

競馬ラボさんのコース解説です。

 

f:id:RM_horse:20200115140905g:image

出典:競馬ラボ様

京都競馬場 芝2400m | 全競馬場コースデータ | 競馬ラボ

 

スタートは正面の直線入り口、4コーナーポケット地点。

外回りを1周するコースです。

距離が長いのでペースはゆったりとした流れになりやすいです。

全体的に先行馬が残りやすいコースと言えます。

 

ただし、差し馬には出番がないということもありません。

3,4コーナー中間の下り坂から加速してまくることもできますし、

内回りと外回りの合流地点を利用して内から伸びることも出来ます。

もちろん1番差し馬が来やすい要因はペースが速くなることですが。

 

 

・出走メンバーと枠順

レースの出馬表です。

 

f:id:RM_horse:20200117182523j:image

 

あまり言うのもなんですが、格上挑戦も多く、

G2らしからぬ低調なメンバーという印象です。

軽斤量の馬を馬券に入れるかどうかがポイントになりそうです。

 

 

・結局は馬の格ではないか?

JRA最低体重勝利で話題のメロディーレーンを筆頭に

収得賞金が1600万を超えていない条件馬の出走が目立ちます。

ここはハンデ戦なのでそういった馬には斤量の恩恵もあります。

 

しかし、低調なメンバーと言ってもG2です。

ちゃんとこれまでに賞金を積んだ馬が立ちはだかります。

自己条件をクリアせずに“ショートカット”をしてオープン入りをするという、

そんな甘い考えは簡単ではありません。

 

なので、すでに重賞で上位の実績がある

・レッドジェニアル

・チェスナットコート

・タイセイトレイル

・ロードヴァンドール

・サトノガーネット

・アフリカンゴールド

には、格上挑戦馬の大きな壁となってもらいたいです。

この中から馬券は考えます。

 

 

・各馬寸評

出走メンバーの長所と不安材料です。

 

1. メロディーレーン

長所:菊花賞は上がり最速で5着。距離は長い方がいいタイプ。

不安:前走2勝クラスで4着。実力が足りるか?

 

2. レッドジェニアル

長所:京都は2−0−2−1と得意。重賞勝ちもある。

不安:前走、前々走で負けたのは仕方なしにしても、長所だった脚が使えていない。

 

3. マスターコード

長所:京都2400mは1−1−0−0と得意。

不安:3勝クラスで格上挑戦の立場にもかかわらず斤量53kgは見込まれた。

 

4. レッドレオン

長所:前走京都で勝利し、さらに斤量が軽くなる。

不安:前々走は京都2400mで7着。距離が長い可能性。

 

5. チェスナットコート

長所:かつては出走すれば必ず上がり上位を使う中長距離馬。

不安:2年近くの間3着以内がない。

 

6. モズベッロ

長所:2走前に京都2400mを上がり最速で勝利。

不安:3歳時の重賞は2戦してどちらも大敗。さらに格上挑戦となる。

 

7. タイセイトレイル

長所:2400m以上は3−3−3−1と安定感抜群。

不安:京都は0−0−2−2と少し苦手?昨年も使いすぎで疲労は?

 

8. エーティーラッセン

長所:前走2400mで逃げて2着。斤量51kgの逃げ馬というのも魅力。

不安:3勝クラスの馬で格上挑戦。阪神1−3−1−1に対し京都は2−0−0−10と安定しない。

 

9. ロードヴァンドール

長所:2年前の2着馬。京都外回りは得意。

不安:昨年は13着大敗。走る時と走らない時の見極めが難しい。

 

10. サイモンラムセス

長所:2400mは1−0−1−3と得意。

不安:10歳馬でさすがに衰えはあるはず。

 

11. サトノガーネット

長所:前走で重賞制覇と勢いがある。2400mも1戦1勝。

不安:牝馬で55kgと実質トップハンデ。斤量負けの可能性。ポジションも後ろから。

 

12. スズカディープ

長所:小倉が得意なので直線平坦向きか?

不安:2400mは0−0−0−2と距離が長そう。

 

13. アフリカンゴールド

長所:2200m以上は4−2−1−3と安定感がある。去勢効果も安定してくる頃。

不安:昨年このレースで15着大敗。京都も1−2−0−4と全成績に比べて安定しない。

 

14. プリンスオブペスカ

長所:2走前に京都2400mを勝利(準オープン)。

不安:3000mの万葉Sからの中1周ローテはコンディション面で疑問。

 

 

・印と買い目

◎ 11 サトノガーネット

前走で重賞制覇を果たしたこの馬を本命にします。

距離は2000mがベストというわけではなく、伸びた方が良さそうです。

戦績を見ると牝馬限定よりも混合戦の方が好成績なのも注目です。

差し切れるかどうかという不安はありますが、外回りなのでそれも追い風です。

 

◯ 13 アフリカンゴールド

昨年の同レースは大敗し、京都の通算成績も安定しませんが

その後去勢をしており、安定しなかったのは気性面の要因の可能性があります。

実際、4走前に京都2400mの準オープンは0.1秒差2着と好走しています。

外枠はプラスではありませんが、14頭立てなので

そこまで大きく気にすることもないと思っています。

 

▲ 2 レッドジェニアル

京都コースは菊花賞の6着以外は馬券圏内で、京都新聞杯の勝利もあります。

評価を上げられなかったのは、脚が使えなくなっているように見えること、

さらに乗り難しい馬の乗り替わりということです。

武豊騎手はもちろん名手ですが、あまりプラスとは思いませんでした。

しかし出走馬の中では実力上位です。

 

△ 4 レッドレオン

準オープンを勝って斤量減という、ハンデ重賞でよく馬券になるパターンです。

京都自体は苦手ではないので、あとは距離が持つかどうかです。

 

△ 9 ロードヴァンドール

2年前に2着があるように、京都外回り巧者で馬券からは外せません。

しかし、昨年は大敗であり、ムラも多いので軸には出来ません。

 

△ 1 メロディーレーン

△ 3 マスターコード

△ 6 モズペッロ

軽斤量の追い込み馬3頭です。

末脚が生かせる展開になればどれかが3着に来るかもしれません。

 

 

※買い目

◾️単勝

11

 

◾️ワイド流し

11 ー 2.13

 

◾️3連複フォーメーション

11 ー 2.13 ー 1.2.3.4.6.7.9.13

 

                                 計 15 点