RM_horseの競馬コラム

競馬についてあれこれ書きます。

レース回顧 〜京成杯 2020〜

 

京成杯のレース回顧です。

 

 

・レース展開と上位馬寸評

レースを振り返ります。

予想通りロールオブサンダーがハナで、ヒュッゲが2番手。

スカイグルーヴが少しかかり気味に3番手でした。

 

1000mは61.5と速くはありませんでした。

そのためか残り600mからスカイグルーヴが先頭をうかがい、

コーナーでは早々に先頭に躍り出ました。

この時点で手応えが違うのだろうと思いました。

ラップタイムも残り600mから11秒台になっています。

 

直線でもスカイグルーヴは後続を引き離して行きますが

ゴール前の急坂で失速。クリスタルブラックが一気に差して1着。

2着スカイグルーヴから離れた3着はディアスティマが入りました。

 

1着クリスタルブラックは前日に雪が降った稍重馬場も関係なく

豪快に差し切りました。中山が非常に合っているのだと思います。

皐月賞でも楽しみです。

個人的には皐月賞は直行でいいと思いますが、

ディープインパクト記念(弥生賞)を挟むかもしれません。

 

2着スカイグルーヴは確かに強さは見せましたが、

今後につながる競馬だったかというと疑問です。

かかってしまって致し方なく3番手外目追走であれば

馬の精神的成長を待つしかありませんが、

レース後の鞍上のコメントではリラックスして走れていたとのこと。

それならもっと馬群に入れて揉まれる競馬も試して欲しかったです。

ただ単にルメール騎手がこの馬の強さを見せつけるためだけの競馬をした印象です。

おそらくクラシックでも活躍できる素質があるだけに

レース選択および鞍上の競馬を覚えさせる気がないやり方は勿体ないです。

 

3着ディアスティマは粘り強い競馬で好印象です。

もちろん1,2着とは離されているので春のクラシックでの活躍は見込みにくいですが

順調に成長して菊花賞を目指してもらいたいです。

まずは自己条件から一歩ずつステップアップして欲しいです。

 

 

・予想の振り返り

予想はこちらから

 

非常に後悔の残る予想でした。

というのも金曜日まではクリスタルブラックを本命にしようとしていたためです。

ところが土曜日に雪が降り、さすがに差し切りは無理だろうと

逃げ馬のロールオブサンダーを本命にしましたが

スカイグルーヴに早々に潰されてしまいました。

この展開を全く考えていませんでした。

 

血統背景もあるビターエンダーを対抗にしましたが

差し脚が少し足りずに4着でした。

 

 

 

2020年は差し馬を中心に馬券を組み立てると前残り、

逃げ先行馬を本命にすると残れないというチグハグな馬券になっています。

どこかでこの悪い流れを断ち切りたいです。