RM_horseの競馬コラム

競馬についてあれこれ書きます。

東京新聞杯予想【2020年】

 

安田記念ヴィクトリアマイルを見据えた

東京のマイル重賞です。

 

 

・コース解説

競馬ラボさんのコース解説です。

 

f:id:RM_horse:20200208101745g:image

出典:競馬ラボ様

東京競馬場 芝1600m | 全競馬場コースデータ | 競馬ラボ

 

向正面の2コーナー出口からスタート。

ワンターンのコースで、馬場が良く直線も長いため

スピードでの真っ向勝負が求められます。

引用先では8枠が買い枠となっていますが、

近年は馬場が良くなったため内枠有利の傾向です。

※8枠の成績がいいのは揉まれずに運べるためで、外有利ではありません。

 

 

・出走メンバーと枠順

今回の出馬表です。

 

f:id:RM_horse:20200208111827j:image

 

重賞の常連馬と3勝クラスを勝ち上がったばかりの上がり馬が混在しています。

力関係はどうでしょうか?

また、今年は前走から距離短縮の馬も多いです。

 

 

・1桁の枠番から考える

東京競馬場はよっぽどのことが無ければ内が伸びます。

なので内側の枠から本命は考えてみます。

具体的には1〜9番までの1桁番号の馬から考えます。

 

ただ単に内枠ということだけでなく、先行できることが重要です。

内枠でスタートが悪いと包まれてしまうので

それはあまり良くありません。

 

外枠や追い込み馬はヒモで考えます。

 

 

・東京で好走出来るスピードがあるか?

東京では上がり3F33秒台のスピードが要求されるので

時計がかかってこそのタイプには厳しいです。

過去のレースで速い上がりにも対応できているかどうかを見ておきます。

 

 

・各馬寸評

出走メンバーの長所と不安材料です。

 

1. プリモシーン

長所:高速決着の昨年のヴィクトリアマイルで2着の実績。

不安:近走は崩れている。

 

2. ヴァンドギャルド

長所:3連勝中で勢いがある。先行して末脚が使える。

不安:マイルがベストかどうかまだ未知数。

 

3. モルフェオルフェ

長所:逃げ馬が他に不在で楽に逃げれそう。

不安:勝ち上がりが53kg以下。今回54kg。

 

4. クルーガー

長所:かつてはマイラーズCの勝利もあるほどのマイラー

不安:近走は海外が中心で日本での好走は無い。

 

5. サトノアーサー

長所:東京ではエプソムC勝利の実績がある。

不安:長期休養もありもう6歳。スピードが衰えていないか?

 

6. レイエンダ

長所:昨年同コースの富士Sで2着と好走。

不安:揉まれ弱く乗り難しい。後方から大外一気しか無いか?

 

7. ケイデンスコール

長所:同コースのNHKマイルCで2着の実績。

不安:近2走は凡走。

 

8. スウィングビート

長所:ダートでは東京は得意としている。

不安:初めての芝のレース。

 

9. レッドヴェイロン

長所:東京は2−2−1−0の安定感。NHKマイルC3着もある。

不安:古馬重賞は初めて。

 

10. ロワアブソリュー

長所:全6勝の内3勝は東京と得意としている。

不安:東京1400mがベスト。1ハロン長い。

 

11. キャンベルジュニア

長所:高速決着が得意な馬。

不安:2年近く3着以内が無い。

 

12. シャドウディーヴァ

長所:東京はオークス6着以外は全て3着以内。

不安:好走時は内枠が中心で今回は外目の枠。

 

13. クリノガウディー

長所:朝日杯FSの2着や中京記念の2着といったマイル重賞実績。

不安:時計がかかる方が得意なタイプ。

 

14. ゴールドサーベラス

長所:強調材料は乏しい。

不安:重賞は9回出走し、3着以内が無い。

 

15. ケイアイノーテック

長所:同コースでNHKマイルCを制しているG1馬

不安:そのNHKマイルC以降、3着以内が無い。斤量も58kg。

 

16. ドーヴァー

長所:2走前に同コースでレッドヴェイロン、サトノアーサーを下している。

不安:その2走前は不良馬場。時計がかかった方が良さそう。

 

 

・印と買い目

◎ 2 ヴァンドギャルド

素直に内枠から前につけれるこの馬にします。

スタートが得意な福永騎手なので問題ないでしょう。

過去2年のように中団前目から抜け出す競馬がぴったりイメージ出来ます。

 

◯ 5 サトノアーサー

もともとはG1を取れると言われていた素質の持ち主。

脚元に不安があり長期休養していました。

折り合いが少し怪しいのでマイルの方がいいのではないでしょうか?

出遅れは心配ですが、スタートが5分に出れば勝負になるはずです。

 

▲ 9 レッドヴェイロン

東京成績が安定しており、兄弟もクラレントやレッドオルガが

東京新聞杯で好走しています。

少し印を落としたのは中団でも前目に行けた経験がほぼないため。

適性は抜群だと思います。

 

△ 12 シャドウディーヴァ

内枠なら本命候補でしたが、外に入ってしまったためこの評価です。

フローラS2着なので東京適性は間違いありません。

 

△ 15 ケイアイノーテック

前走で上がり最速の末脚を使いました。

復活の手応えがあるかもしれません。

しかし後方一気は決まりにくいレースなのでこの評価です。

 

△ 6 レイエンダ

後方一気が決まって2,3着のパターンはあり得ます。

しかし中団から抜け出すというのはできないです。

 

△ 13 クリノガウディー

いかにも“ノリマジック”が決めれそうな馬です。

ハナに行って前残りがあるかもしれません。

 

 

※買い目

◾️単勝

2

 

◾️馬連とワイド

2 ー 5

 

◾️3連複フォーメーション

2 ー 5.9 ー 5.6.9.12.13.15

 

                              計 12 点