RM_horseの競馬コラム

競馬についてあれこれ書きます。

レース回顧 〜京都記念 2020〜

 

京都記念のレース回顧です。

 

 

・レース展開と上位馬寸評

レースを振り返ります。

アメリカズカップがハナ。大逃げの形になりました。

ステイフーリッシュが離れた2番手。

その後ろにクロノジェネシスとドレットノータス。

レンブーケドールは馬群の後ろから見る形。

 

1000mの通過は1:01.1と重馬場では速めのペース。

3,4コーナーから後続がペースアップして差が詰まります。

直線ではクロノジェネシスの手応えが抜群。

ステイフーリッシュもついていきます。

残り200mでアメリカズカップを捕らえてクロノジェネシスが先頭。

後ろからカレンブーケドールが追い込むもクロノジェネシスを差すには至らず。

1着クロノジェネシス、2着カレンブーケドール、3着ステイフーリッシュ

という堅い決着になりました。

 

クロノジェネシスは強い勝ち方です。

ここは距離が長くてヴィクトリアマイルに進むと思っていましたが

昨年よりも成長を見せて、どんなレースでも視野に入ってきました。

こうなると大阪杯がに進んでも良さそうだと思います。

 

レンブーケドールは前哨戦で仕上げも8分だと思いましたが

実力を見せつける2着でした。

この後はドバイシーマクラシックとのことですが、かなり楽しみです。

 

ステイフーリッシュAJCCの時も書きましたが、

どこかで勝ち癖をつけたいところ。

ハンデ戦はまた斤量を背負うと思います。

レース選択が難しいです。

 

 

・予想の振り返り

予想はこちらから

 

本命アメリカズカップは大逃げで最後は失速し6着。

重馬場ならと買いましたが、一か八かの戦法しかなかったのかもしれません。

 

ドレットノータスは終始かかっていたようです。

逃げるべきなのはこちらだったと思います。

 

 

終わってみれば堅い決着でしたが、穴を狙い過ぎて馬券は惨敗です。

いろいろ考え直さないといけないかもしれません。