RM_horseの競馬コラム

競馬についてあれこれ書きます。

小倉大賞典予想【2020年】

 

中距離のハンデ重賞です。

まだ結果に直結していませんが、勝ち馬は大阪杯を意識するでしょう。

 

 

・コース解説

競馬ラボさんのコース解説です。

 

f:id:RM_horse:20200221214619g:image

出典:競馬ラボ様

小倉競馬場 芝1800m | 全競馬場コースデータ | 競馬ラボ

 

スタートは正面直線の中ほど。

1,2コーナーで登って下る起伏があります。

直線は短く平坦なので、差し馬は3,4コーナーから加速し始めます。

基本は経済コースを回った内枠の先行馬が有利ですが

先週までは小倉の天気が悪く馬場は荒れていたので

今週の馬場状態の見極めがポイントになると思います。

 

 

・出走メンバーと枠順

レースの出馬表です。

 

f:id:RM_horse:20200221222517j:image

 

やはり前走2000mのメンバーが多いです。

冒頭で記したとおり、ここをステップに大阪杯を目指す意識がありそうです。

 

 

・逃げ馬2,3頭が引き離す

サイモンラムセス、ランスオブプラーナ、タニノフランケル

どれかが逃げますが、後続を引き離すような展開になると思います。

ただし小倉は直線が短いので、そのまま2頭が逃げ切れるような展開にはさせません。

離れた番手の馬は3,4コーナーではペースアップをして潰しにかかるでしょう。

この馬たちはスローペースで運べていますから、

最後方からの差し切りは難しいと思います。

 

よって、道中は好位から抜け出せる馬が有力だと思います。

追い込み馬はヒモで買っておきます。

 

 

・各馬寸評

出走メンバーの長所と不安材料、そして各適性をスコア化します。

※スコアは主観の要素もあります。

 

1. アロハリリー

小倉が2−1−0−1と得意だが、重賞では結果が出ていない牝馬であるのに54kg。

実績:3

コース適性:5

距離適性:4

展開:5

調子:2

 

2. カデナ

昨年の小倉記念の2着の実績があるが、位置が後ろすぎて届かないことがしばしば。

実績:4

コース適性:4

距離適性:4

展開:3

調子:2

 

3. テリトーリアル

1800mは3−2−1−1と得意。小倉は初めてなので未知数。

実績:4

コース適性:ー

距離適性:5

展開:4

調子:4

 

4. レイホーロマンス

前走愛知杯で3着と好走。しかし混合重賞での好走歴は無い。

実績:3

コース適性:4

距離適性:3

展開:2

調子:4

 

5. サイモンラムセス

昨年の3着。しかしそれから大敗が続いている。

実績:2

コース適性:4

距離適性:3

展開:1

調子:1

 

6. ヴェロックス

昨年の牡馬クラシック全て3着以内と実績は最上位。

不安があるとすれば重馬場の対応か?

実績:5

コース適性:4

距離適性:4

展開:5

調子:4

 

7. ナイトオブナイツ

全6勝中5勝は1800m。昨年4着。

しかし小倉は0−0−0−2。後ろからの脚質は今回合うか?

実績:3

コース適性:2

距離適性:4

展開:2

調子:2

 

8. アンノートル

スピード勝負よりは時計がかかった方が良いタイプ。

しかしベストは全5勝をあげている1600m。小倉も初めて。

実績:3

コース適性:ー

距離適性:2

展開:4

調子:3

 

9. エメラルファイト

1800mはスプリングSで勝利をあげている距離。

マイルの出走が続いており、折り合いは問題ないか?

実績:4

コース適性:ー

距離適性:4

展開:5

調子:3

 

10. アウトライアーズ

小倉1800mは準オープンの勝利経験がある。

しかし同じ小倉1800mのOPは大敗で、1年も3着以内がない。

実績:2

コース適性:3

距離適性:4

展開:2

調子:1

 

11. タニノフランケル

昨年の2着。しかしそれ以降6戦連続4着以下。

クラスが上がってから斤量55kg以上での好走がない。

実績:4

コース適性:4

距離適性:4

展開:2

調子:2

 

12. ドゥオーモ

小倉1800mを連続好走中。しかし前走2勝クラスを勝ち上がったばかり。

さらに連闘になる。

実績:1

コース適性:4

距離適性:4

展開:2

調子:2

 

13. ジナンボー

1800mは2戦2勝。2走前に重賞2着の実績がある。

しかし前走はG1ではあるが大敗からの立て直し。

実績:4

コース適性:ー

距離適性:5

展開:5

調子:3

 

14. ランスオブプラーナ

1800mは毎日杯を勝った距離。

しかし大敗が続いており、前走ダート戦に挑むというように迷走中。

実績:3

コース適性:ー

距離適性:4

展開:2

調子:1

 

 

・印と買い目

◎ 6 ヴェロックス

さすがにここでは格が違うでしょう。

斤量も57kgであれば問題ないと思います。

あとはハイペースに巻き込まれないようにするだけです。

 

◯ 13 ジナンボー

この馬も実績上位です。

新潟記念の競馬が出来れば大丈夫です。

最近の堀厩舎は遠征でも結果を出せるようになってきているので

その懸念も少ないです。

 

▲ 9 エメラルファイト

待ちに待った1週コースの1800m戦です。

マイル戦はスピード不足の感もあったので、

ここは久々の適性のある舞台でしょう。

 

△ 3 テリトーリアル

前走中山金杯3着で勢いに乗ります。

1800mはベスト距離なので、前走よりむしろいいと思います。

枠が内側で、今の小倉は内は伸びないので評価を下げました。

 

△ 1 アロハリリー

小倉はかなり得意です。

ただし2戦連続大敗で、今回は混合戦になります。

得意なのでヒモに入れておきます。

 

△ 2 カデナ

追い込みが届いた時のために入れておきます。

 

△ 11 タニノフランケル

昨年の2着なので入れておきます。

 

 

※買い目

◾️馬単流し

6 ー 9.13

 

◾️3連複フォーメーション

6 ー 9.13 ー 1.2.3.9.11.13

 

                               計 11 点