RM_horseの競馬コラム

競馬についてあれこれ書きます。

レース回顧 〜京都牝馬S 2020〜

 

京都牝馬Sのレース回顧です。

 

 

・レース展開と上位馬寸評

まずはレースを振り返ります。

 

スタート直後はメイショウショウブがハナ。

アマルフィコーストが2番手。

しかし外からモアナがまくり気味に先頭を伺います。

サウンドキアラは4番手も内からプールヴィルも進出し、

リナーテもポジションを取りに行ったため控えます。

3,4コーナーでは先行争いだけでなく、後ろの馬も出入りが激しくなりました。

 

モアナは先頭を取りきれずに脱落し、

直線ではメイショウショウブが突き放しにかかるも、

プールヴィルがぴったりマークして先頭に躍り出ます。

外に出した差し馬がなかなか差を詰められないなか、

サウンドキアラが残り100mで一気に加速してプールヴィルを差し切り1着。

2着プールヴィルから1馬身遅れた3着は

中団から脚色が衰えなかったメイショウグロッケでした。

 

1着サウンドキアラはさすがの京都巧者ぶりを示しました。

これで京都の重賞を2連勝しました。

しかし、京都の適性で勝った感は否めません。

大目標のヴィクトリアマイルでは今の京都の馬場とは全く違う

レコードが出るような高速馬場です。

もちろん東京でも強い可能性もありますが、

このままヴィクトリアマイルに直行するのであれば、

馬券に入れるかどうかはかなり迷うところです。

 

2着プールヴィルは1400m巧者ですね。

ただし、1400mはのG1はありませんので

G1を勝つにはどこかで1200mか1600m、

どちらの路線に向かうか決めたいところです。

全く試していませんが、1200mも面白いと思いますが。

 

3着メイショウグロッケは充実期にありそうです。

前走も重賞で5着ですので、着実にステップアップしています。

京都も1400mも決して得意ではない中での3着は素晴らしいです。

どうにか阪神牝馬Sで賞金を加算してヴィクトリアマイルで見てみたいです。

 

 

・予想の振り返り

予想はこちらから

 

本命サウンドキアラが1着でホッとしました。

しかし、対抗のドナウデルタ、3番手のシゲルピンクダイヤが馬券に絡まず

馬券は単勝のみ的中となりました。

 

ひとまず各要素のスコア化という新しい試みが

一定の成果を出したのかなと思っています。

次週からはレーダーチャートにしたり、スコア一覧を出したりしたいと思っています。

(間に合わないかもしれませんが)

そうすれば予想の振り返りでも図表で振り返ることが出来て、

予想の反省点がわかりやすくなるはずです。

 

来週の阪急杯ではこのスコアがより活かせると思っています。