RM_horseの競馬コラム

競馬についてあれこれ書きます。

レース回顧 〜阪神大賞典 2020〜

 

阪神大賞典のレース回顧です。

 

 

・レース展開

まずはレースを振り返ります。

 

 

スタートでキセキが大きく出遅れました。

まるで父ルーラーシップのようでした。

 

これによりドレッドノータスが迷わずハナ。

タイセイトレイルと出遅れたキセキが1周目正面では2番手で、

楽逃げを阻止させるように時折ドレッドノータスをつついていきます。

これによりペース判定はスローでしたが、3頭とも消耗してしまいました。

 

3,4コーナーでは馬群が凝縮して、後方にいた各馬が直線までに進出します。

直線ではキセキが先頭に立とうとしますが、後続を突き放せません。

キセキがなかなか抜け出せないところで、

内からユーキャンスマイルが一気に抜き去り先頭に立つと誰もついていけません。

そのままユーキャンスマイルは1着でゴール。

2着は最後方からジワジワと追い込んだトーセンカンビーナ。

3着は大外から最後まで脚を使ったメイショウテンゲンが入りました。

 

 

・上位馬寸評と予想の振り返り

予想はこちらから

 

1着 ユーキャンスマイル 予想時:△

馬群の中で非常にスムーズに進出できました。

長距離戦の小頭数といえど、今まで出来なかったことです。

かなりの成長を感じました。

これなら天皇賞・春でも今年は上位に行けるのではないでしょうか?

打倒フィエールマンが見える走りでした。

 

◾️予想時の各要素の評価

f:id:RM_horse:20200325174652p:image

後ろからの競馬で、コーナーで進出が出来ていなかったので、

展開面で低評価としましたが、今回欠点を克服してきました。

コース適性も阪神より京都なので、より天皇賞・春で期待が持てます。

 

 

2着 トーセンカンビーナ 予想時:△

この馬はひょっとしたらアルバート2世ではないでしょうか?

ゴール前でさらに脚が伸びていました。

長距離戦を中心に使われていくと思いますが、

ステイヤーズSといった長距離戦の鉄板馬になる可能性を秘めています。

 

◾️予想時の各要素の評価

f:id:RM_horse:20200325174841p:image

2500m以上の出走経験が無かったので、距離適性は未知数としました。

しかし、今回わかったことは長距離が非常に得意ということです。

あとは今までのユーキャンスマイルと同様に、

差し届かずの展開になった時にどうするか?だと思います。

 

 

3着 メイショウテンゲン 予想時:無印

この馬もアルバートのような長距離に強い可能性を秘めています。

個人的には予想時に書いたようにスピードが不足していると思いますので

いずれはダートかなと思っています。

 

◾️予想時の各要素の評価

f:id:RM_horse:20200325175102p:image

今回好走できたのは阪神コースの適性の面もあるかもしれません。

もちろんそれだけではなく、3000m以上の重賞で連続で好走しているので

長距離に適性があるのは間違いなさそうです。

狙えるレースがわかりやすい馬だと思います。

 

 

 

本命:ボスジラ 8着

直線で伸びなかったです。

これが初遠征の影響なのか、単純にクラスの壁なのかはわかりません。

しかし買いかぶりすぎたのは間違いありませんので

反省しなければならない予想でした。

 

 

これまでに馬券を当てた記憶がほとんど無いほど、長距離戦は苦手です。

天皇賞・春では当てて苦手意識を克服したいです。