RM_horseの競馬コラム

競馬についてあれこれ書きます。

日経賞予想【2020年】

 

天皇賞・春に向けた重賞です。

中山コースや非根幹距離の適性が問われるため

実力を凌駕することもあります。

 

 

・コース解説

競馬ラボさんのコース解説です。

 

f:id:RM_horse:20200325180814g:image

出典:競馬ラボ様

中山競馬場 芝2500m | 全競馬場コースデータ | 競馬ラボ

 

有馬記念でおなじみのコース。

外回りの3コーナー手前からスタート。

正面でゴール前の急坂を登り1,2コーナーで下ります。

スタートは外回りですが周回は内回り。

向正面は平坦ですが、コーナーを回って

ゴール前には再び急坂が待ち受けます。

この急坂にはあのアーモンドアイも脚が止まるほどで、

タフさが要求されます。

 

 

・出走メンバーと枠順

レースの出馬表です。

 

f:id:RM_horse:20200327152438j:image

 

G1馬はこれが引退レースとなるソウルスターリングのみですが

重賞勝ちや重賞連対経験のある馬が多く、

なかなかのメンバーが揃ったと思います。

 

 

・先行馬多いがペースは??

メンバーを見ると先行馬が多いため、セオリー通りだと

ペースは速くなるはずですが、逃げ馬はヤマカツライデン1頭です。

ヤマカツライデンは楽に逃げることが出来るのであれば行きますし、

他のメンバーはヤマカツライデンに行って欲しいと思っています。

 

かつてはミドルペース以上で逃げて粘ることを得意としていた

ヤマカツライデンですが、加齢により逃げるペースも落ちています。

 

なので道中のペースはスローペースで進むと予想します。

そうなると後ろにいた人気馬は3,4コーナーから進出していくでしょう。

ただし、中山2500mで外からのまくりが決まるのは難しいです。

ペースアップにも対応でき、内から先行して粘れる馬が1着候補です。

ただし、差し馬の2,3着はあり得ると思います。

 

 

・各馬寸評

出走メンバーの評価です。

 

1. サトノクロニクル

前走が1年半ぶりのレースで5着と健闘。

中山はセントライト記念の2着があり、長距離戦では阪神大賞典の2着もある。

最内を生かして内からするすると抜け出すことができれば面白い。

f:id:RM_horse:20200327155226p:image

 

2. マイネルカレッツァ

1年2ヶ月ぶりの出走で8歳馬。さらに格上挑戦。

通用するとは思えない。

f:id:RM_horse:20200327155326p:image

 

3. ポンテザール

長距離戦で条件戦やOPを連勝する勢いがあったが、

ここ2走は重賞で大敗が続いた。

負けすぎで立て直しには時間がかかりそう。

f:id:RM_horse:20200327155522p:image

 

4. レッドレオン

前走は日経新春杯で2着と好走。

この馬は5歳ながら京都と中京でしか走ったことがなく、

遠征も急坂も初めての経験。未知の要素が多い。

f:id:RM_horse:20200327155708p:image

 

5. ヤマカツライデン

もう8歳で出走回数もこれで通算41戦目。

好走は望めない。

f:id:RM_horse:20200327155853p:image

 

6. ウインイクシード

前走中山金杯2着ながら人気はしなさそう。

距離が持つかどうかの不安はあるが、

最近は好走を継続しており、中山も得意であるため期待できる。

f:id:RM_horse:20200327160151p:image

 

7. ソウルスターリング

唯一のG1馬。前走引退直前で復活の兆しがあり、

引退予定を撤回して延長している。

しかし、2週間前の中山牝馬S金鯱賞にも登録していたが回避して

クラブ規定の引退期限の3月末ギリギリに出走し、

万全の状態かはわからない。

前走と同じパフォーマンスが出せれば相手関係から考えれば勝てそうだが。

f:id:RM_horse:20200327160549p:image

 

8. エタリオウ

3歳時は菊花賞でフィエールマンのハナ差2着の実績があるが、

昨年の4歳シーズンは不本意な結果に。

それでも昨年の日経賞は2着なので適性はあるはず。

まずは先行するのか差し追い込みに徹するのか方向性をハッキリさせたい。

f:id:RM_horse:20200327160907p:image

 

9. ガンコ

2年前の日経賞を勝っているが、それ以来好走がない。

そうしているうちに7歳になり、加齢による衰えも進んでいる。

いくらレース実績があっても好走のイメージはしにくい。

f:id:RM_horse:20200327161124p:image

 

10. モズベッロ

前走は格上挑戦で日経新春杯を勝利した。

しかし前走は斤量52kgで、今回は56kgと4kgも増える。

さらに重馬場のセントライト記念で17着であり週末の雨もマイナス。

f:id:RM_horse:20200327161428p:image

 

11. サンアップルト

前走中山2500mを勝利しており、中山は2−1−0−1と得意。

昨年秋から覚醒した感もあり、昇級でも得意コースなら期待が持てる。

ただし後ろすぎると届かない懸念があるので、中段で追走したい。

f:id:RM_horse:20200327161723p:image

 

12. スティッフェリオ

オールカマーの逃げ切り勝利があるが、それ以外は中山では馬券に絡んでおらず

中山が得意とは言いにくい。

レベルの高い重賞が続いているため成績が落ちているのは仕方ないが

前走は後続が故障馬を交わすのに不利があったにもかかわらず

不利を受けた馬よりも先着できなかった。

おそらく雨はかなりマイナス。

f:id:RM_horse:20200327162052p:image

 

13. アイスバブル

昨年の目黒記念の2着までは好調だったが

それ以降4走続けて6着以下と調子を落としている。

レース内容もイマイチで、復調の兆しが見えない。

f:id:RM_horse:20200327162844p:image

 

14. ミッキースワロー

中山は得意だが2500mは疑問。

前走も故障馬が下がってくる時に交わす際の不利があったとはいえ

直線での末脚がイマイチで、盛りが過ぎてきているのではないかと感じた。

f:id:RM_horse:20200327163215p:image

 

 

・印と買い目

◎ 6 ウインイクシード

2着が続いていますが、前2走とも1着が重賞勝ちのある強い相手でした。

枠も良く、道中4番手あたりを追走して内から抜け出せそうです。

血統も非根幹距離に滅法強いマンハッタンカフェ産駒で中山2500mは好相性です。

好走しても人気にならないタイプのようで、

前走中山金杯2着とは思えない人気になりそうです。

 

◯ 7 ソウルスターリング

前述の通り、ハイレベルな前走と同じパフォーマンスが出せれば勝てるでしょう。

調子が維持出来ているか、それにつきると思います。

 

▲ 11 サンアップルト

上がり馬ですが、メンバーで1番のコース巧者なので

ここは好走が期待出来ます。

前走勝利で昇級して斤量が減るのもいいです。

 

△ 1 サトノクロニクル

久々のレースで5着とまずまずで、使って良くなったのであれば

ここで激走してもおかしくありません。

最内枠がプラスに働くかマイナスになってしまうか、

鞍上にもかかっていると思います。

 

4 レッドレオン

△ 8 エタリオウ

△ 10 モズベッロ

△ 14 ミッキースワロー

実績馬をヒモに入れておきます。

 

 

※買い目

◾️単勝

6

 

◾️ワイドボックス

6.7.11

 

◾️3連複フォーメーション

6 ー 7.11 ー 1.4.7.8.10.11.14

 

                                       計 15 点