RM_horseの競馬コラム

競馬についてあれこれ書きます。

エプソムC予想【2020年】

 

エプソムカップの予想です。

今週はマーメイドSはパスして、この予想1本です。

 

 

・コース解説と出馬表

競馬ラボさんのコース解説です。

 

f:id:RM_horse:20200612160805g:image

出典:競馬ラボ様

東京競馬場 芝1800m | 全競馬場コースデータ | 競馬ラボ


スタートは1,2コーナーのポケット地点。

直線まで斜めに向かいます。

もちろんメンバー構成にはよりますが

リンク先の説明の通り、前半はゆったりと運ぶことが多く、

そうするとスローペースからの瞬発力勝負になります。

直線でのスピード自慢の馬が台頭しやすいでしょう。

 

 

【枠順】

f:id:RM_horse:20200612165219j:image

昨年の1,2,3着(レイエンダ、サラキア、ソーグリッタリング)だけでなく、

一昨年の1着(サトノアーサー)もいるため、

実に4頭もエプソムカップでの実績馬がいます。

その他にも重賞連対歴がある馬が多いです。

 

重賞実績馬が優位なのか、もしくは好調な上がり馬が台頭するのか、

しっかり見極めが必要です。

 

 

・かなり悪そうな天気と馬場状態

東京も梅雨入りし、府中市は木曜日から雨が続いています。

金曜日の日中は少し晴れてきたものの、夜からは再び雨が降り始め

土曜日はずっと降り続けて不良馬場。

夜は雨が上がるものの、日曜日も日中は雨予報です。

 

乾きやすい東京競馬場の芝といっても、日中に晴れることがなければ

湿ったままの馬場になります。

時計のかかる、重から不良馬場になるでしょう。

 

 

・重馬場では先行脚質

重馬場の重賞予想では、これまで当ブログでは痛い目を散々見てきました。

過去の予想を見てきた結果、基本に立ち返ろうと思いました。

それは

・基本的に先行馬が有利。差してくるのはかなりの重馬場巧者か、怪物級の馬。

・先行馬はなるべく外枠が良い。

・持ちタイムが優秀な馬かどうかはあまり気にせず、とにかく先行馬。

・その次に重馬場実績

・最後に良馬場での能力比較

ということです。

 

なので、最優先は脚質、次に重馬場実績、その他能力が抜けている馬がいれば

という思考で予想します。

 

 

・各馬寸評

出走各馬の評価です。

 

1. ソーグリッタリング

重・不良成績:0−1−0−1(稍重0−0−1−0)

脚質:先行〜差し

f:id:RM_horse:20200613173801p:image

全25戦で掲示板を外したのはわずか2回だけであり、

昨年の3着ということもあり軸には最適そうに見えるが、

重馬場の最内枠は微妙。

安定感を買ってヒモに入れる程度か?

 

 

2. サトノガーネット

重・不良成績:0−0−0−0(稍重0−0−0−1)

脚質:追い込み

f:id:RM_horse:20200613174144p:image

近走は不振が続いている。

重馬場経験は無いが、後ろからの脚質のため

適性があったとしても届かないか。

 

 

3. ギベオン

重・不良成績:0−0−0−0(稍重0−0−0−1)

脚質:差し〜追い込み

f:id:RM_horse:20200613174156p:image

重馬場経験は無し。

サトノガーネットと同様、後ろからの脚質なので

適性があったとしても届かないか。

 

 

4. サトノアーサー

重・不良成績:1−1−1−2(稍重2−1−1−0)

脚質:差し〜追い込み

f:id:RM_horse:20200613174212p:image

一昨年の勝ち馬。その時も重馬場だった。

重馬場が得意な印象がある馬。

ただし、不良は0−0−0−2なのは注意。

脚質が差し追い込みなので、差せないくらい馬場が悪くなると厳しい。

だから不良馬場では成績が残せていない。

ただ、重馬場実績馬ということで馬券からは外せないか。

 

 

5. ピースワンパラディ

重・不良成績:1−1−0−0(稍重1−0−1−0)

脚質:差し〜追い込み

f:id:RM_horse:20200613174233p:image

 

ぱっと見で重馬場の成績が良いように見えるが

上がり馬なので下級条件での成績であることは忘れてはいけない。

脚質も後ろからなので、重馬場が得意だとあまり鵜呑みにはしない方がいい。

しかし、全成績4−2−2−0の堅実な走りを見せており、馬券から切れない。

 

 

6. ダイワキャグニー

重・不良成績:0−0−0−2(稍重0−0−0−0)

脚質:逃げ先行

f:id:RM_horse:20200613174249p:image

 

脚質はここに合っているが、重馬場は微妙かもしれない。

ただ、重馬場の4着以下は差し馬だった時の2年前のエプソムC

昨年のG1ジャパンCの6着(0.7秒差)。

東京は得意なので馬券には入れておくべき馬。

 

 

7. サラキア

重・不良成績:0−0−0−1(稍重0−1−0−0)

脚質:先行〜差し

f:id:RM_horse:20200613174306p:image

昨年の2着馬。

しかし、先行馬が不在なメンバー構成の中で

意表をついた逃げによる2着であり、同じ競馬は望めない。

重馬場適性も疑問。

 

 

8. マイネルファンロン

重・不良成績:1−0−0−1(稍重1−0−0−4)

脚質:先行

f:id:RM_horse:20200613174320p:image

近走調子を落としているが、不良馬場なら面白い存在。

時計のかかる展開なら、先行して粘れるのは魅力。

馬券には入れておきたい穴馬。

 

 

9. エメラルファイト

重・不良成績:0−0−0−0(稍重0−0−0−1)

脚質:先行〜差し

f:id:RM_horse:20200613174336p:image

スプリングS勝ちから好走がない馬。

陣営も適性をはかっているところではないだろうか。

重馬場が得意であればチャンスはあるかもしれない。

 

 

10. マイネルハニー

重・不良成績:1−0−0−2(稍重3−0−0−1)

脚質:先行

f:id:RM_horse:20200613174356p:image

稍重では抜群の成績を残しているが、重馬場になると少し落ちる。

適度に時計がかかる方が得意なのだと思われる。

 

 

11. アトミックフォース

重・不良成績:0−0−0−2(稍重0−0−0−0)

脚質:逃げ〜先行

f:id:RM_horse:20200613174412p:image

新潟大賞典の2着で勢いがあるが、重馬場は苦手。

その新潟大賞典とは適性が全く異なる舞台(馬場)になった。

思い切って消してしまうのもありか?

 

 

12. シャドウディーヴァ

重・不良成績:0−0−0−0(稍重1−1−0−1)

脚質:差し〜追い込み

f:id:RM_horse:20200613174425p:image

気になるのは脚質。

後ろからはどうしても届かない馬場になりそう。

東京はフローラSの2着があり、得意コースではある。

 

 

13. アイスストーム

重・不良成績:0−0−0−0(稍重0−0−0−2)

脚質:差し〜追い込み

f:id:RM_horse:20200613174445p:image

1800mが得意で東京も成績が良いが、馬場状態に泣かされそう。

脚質でどうしても届かない。

中2週で東京への連続輸送も厳しい。

 

 

14. インビジブルレイズ

重・不良成績:0−0−1−1(稍重1−0−0−0)

脚質:先行〜差し

f:id:RM_horse:20200613174504p:image

東京は2−0−0−0とパーフェクト。

この馬も重馬場は歓迎とは言えないだろう。

ただし人気馬に差し追い込みが多い中、

基本差し馬だが1600mでも先行したことがあるため、

前につけれる可能性がある。

 

 

15. ゴーフォザサミット

重・不良成績:0−0−0−1(稍重1−0−0−2)

脚質:差し〜追い込み

f:id:RM_horse:20200613174518p:image

脚質的にも調子を見ても厳しい。

 

 

16. アンドラステ

重・不良成績:1−0−0−0(稍重2−0−1−0)

脚質:先行

f:id:RM_horse:20200613174528p:image

外枠の先行馬ということで、最も条件には合う。

重馬場の1勝はあまり参考にしない方がいいが、苦手ではなさそう。

あとは初めての関東圏への輸送がどうなるか?

 

 

17. レイエンダ

重・不良成績:0−0−0−0(稍重1−1−0−0)

脚質:差し〜追い込み

f:id:RM_horse:20200613174538p:image

昨年の勝ち馬。

しかし重馬場はマイナスだろう。

外枠での成績が振るわないことも気になる。

あまり軸にはしにくい。

 

 

18. トーラスジェミニ

重・不良成績:0−0−0−0(稍重0−0−0−0)

脚質:逃げ〜先行

f:id:RM_horse:20200613174548p:image

ここでは力が足りないか。

 

 

 

・印と買い目

◎ 8 マイネルファンロン

速い脚は使えませんが、先行してそこそこの脚を長く使えます。

前走重馬場で5着ですが、あまりにも早く先頭に立ったためで

マイペースで運べれば勝ちもあると思います。

良馬場なら買い目にさえ入れていませんが、

この馬場状態なら単勝で買ってみたいです。

 

◯ 16 アンドラステ

素直に外枠の先行馬を高評価にします。

逃げなくてもいいというのも魅力。

あとは輸送が成功するかどうかでしょうか?

 

▲ 5 ピースワンパラディ

非常に安定した成績を残しています。

重馬場も苦手なことはないのは間違い無いので、

ここも安定して走ってくれるでしょう。

 

△ 4 サトノアーサー

差しが届くくらいの重馬場になれば。

 

△ 6 ダイワキャグニー

逃げてそのまま残る展開なら。

 

△ 17 レイエンダ

実績のみで入れています。

地力だけで上位に来るなら。

 

△ 12 シャドウディーヴァ

△ 14 インビジブルレイズ

東京適性あり。

 

 

 

※買い目

◾️単勝

8

 

◾️馬連、ワイド流し

8 – 5.16

 

◾️3連複フォーメーション

8 – 5.16 – 4.5.6.12.14.16.17

 

          計 16 点