RM_horseの競馬コラム

競馬についてあれこれ書きます。

函館記念予想【2020年】

 

函館の名物重賞です。

あまり堅くは決まらない重賞です。

 

 

・コース解説と枠順

【コース解説】

競馬ラボさんのコース解説です。

f:id:RM_horse:20200718184330g:image

出典:競馬ラボ様

函館競馬場 芝2000m | 全競馬場コースデータ | 競馬ラボ

 

スタートは4コーナーポケット地点。

コーナーまでの距離が長く、先行有利の意識もあるため

ペースは流れやすいです。

そのためタフなレース展開となり、直線ではバテバテになります。

よって逃げ切りは難しいですが、バテるのは差し馬も同じなので、

4コーナーでは前に付けたいところです。

 

【枠順】

f:id:RM_horse:20200718190713j:image

 

実績が不足している人気薄も上位を目指せるような、

混戦ムード漂うメンバー構成です。

この馬は確実に上位には来ないだろうというのが一切いません。

非常に難解だと思います。

 

 

・予想のポイント

中京記念と同様に、実績とコース適性を重視するのですが、

他にポイントが2つあります。

 

それは

・先行できるかどうか

・血統

です。

 

先行に関しては先行馬の評価を上げるというよりは、

追い込み一辺倒の馬の評価を下げるという考え方をします。

道中が後方でも、3,4コーナーで進出できれば問題ありません。

 

血統は函館記念にははっきりした傾向があります。

それはRobertoあるいはノーザンテーストの血を持つことです。

(両方持っていても、もちろんOK)

過去5年の3着以内15頭のうち、

Robertoもノーザンテーストも持たなかった馬は

・2019年1着マイスタイル

・2017年1着ルミナスウォリアー

・2016年2着ケイティープライド

・2015年1着ダービーフィズ

の4頭のみです。

割とはっきりした傾向だと思います。

 

 

・巴賞で好走した馬が苦戦

かなり知られていることですが、巴賞で好走しても

函館記念にはつながらない、むしろ凡走した馬の巻き返しが見られます。

 

巴賞は函館記念の2週前にある函館芝1800mのオープン競走で

同じ函館なので一見適性が測れそうに感じます。

しかし200mの距離延長が函館競馬場には重要なのです。

 

1800mコースは1コーナーまでの距離が短いので

ペースが上がりにくく、スローペースの競馬になりやすいです。

しかし、函館記念ではコース解説で記したように

一変してペースが流れやすいのです。

ペースが違えば適性も違うようで、巴賞はあまり参考にならないのです。

今年の巴賞はトーラスジェミニが逃げ切りましたが、

やはり前半1000mが61秒のかなりのスローペース。

 

函館実績を見るときには距離とペースを細かく見る必要があるでしょう。

 

 

・各馬寸評

各馬の評価をしていきます。

実績、コース適性の他に、先行力(後ろの馬でもまくりが効くか)と

血統(Robertoあるいはノーザンテースト持ち)を記していきます。

 

1. レイエンダ

実績   :★★★★★

コース適性:★★★★★

先行力  :△(馬群が苦手)

血統   :Roberto持ち

この中では実績は抜けている存在。

函館は1戦ながらも今回と同じ2000mで、

ミドルペースをきっちり勝ち切っている。

さらに血統もRobertoを持っている。

死角は先行できるかどうか。

行き脚は悪くないですが、どうも馬群の中で競馬ができない。

なので最後方から行くことも増えている。

馬券から外すことは出来ない。

 

2. バイオスパーク

実績   :★★★☆☆

コース適性:★★★★☆

先行力  :◯(ワンターンでも前につけれる)

血統   :Robertoとノーザンテースト両方持ち
函館2000mは未勝利戦で1−1−0−0。

前走もハイレベルなメンバーで2着なら健闘。

先行力も魅力で、血統はドンピシャ。

中穴人気で配当妙味も十分。

 

3. ミスマンマミーア

実績   :★★☆☆☆

コース適性:初コース

先行力  :✖️(追い込みでないと上位に来れない)

血統   :Roberto持ち

先行できないのが厳しい。

 

4. ランフォザローゼス

実績   :★★★★☆

コース適性:初コース

先行力  :△(近走は後ろから)

血統   :ノーザンテースト持ち

昨年秋は敷居の高いレースに参戦して上位には行けなかった。

休み明けの前走も振るわず。

ただ、前走の1400mの経験から先行できるようになれば

面白いのかもしれない。ちょっと買いにくいが。

 

5. カウディーリョ

実績   :★★☆☆☆

コース適性:初コース

先行力  :◎

血統   :無し

調子の良さと先行力は高い魅力。

同じ洋芝の札幌を2戦2勝なので人気しているようだが、

札幌と函館は別物と考えている。

前に行けるのでヒモで買うのはアリだが、

人気ほどの信頼感は感じない。

 

6. ドゥオーモ

実績   :★★★☆☆

コース適性:★★☆☆☆

先行力  :△(まくりの経験はある)

血統   :Roberto持ち

1勝クラスで函館2000mの勝ちがあるが、

1000m通過が63秒9という超スローペースだった。

小倉大賞典で3コーナーで前に進出して2着の時は

1着が追い込み馬で差しが届く展開だった。

同じように決めるのは厳しそう。

 

7. レイホーロマンス

実績   :★★★☆☆

コース適性:初コース

先行力  :✖️

血統   :無し

先行することもあるが、追い込みの方が成績が良い。

コースも初めてで血統的にも裏付けは少ない。

 

8. ベストアプローチ

実績   :★★★★☆

コース適性:★★☆☆☆

先行力  :◯

血統   :Roberto持ち

函館は前走の巴賞6着のみなので星2つとしたが

前述の通り気にする必要はなさそう。

2年ぶりのレースで良く走ったほう。

あとはどれだけ中1週で上積みがあるか?

 

9. レッドサイオン

実績   :★★☆☆☆

コース適性:★★☆☆☆

先行力  :△

血統   :無し

戦績を見ても函館2000mが向いているとは思えない。

東京や中山マイルで買うべき馬。

 

10. トーラスジェミニ

実績   :★★★★☆

コース適性:★★★☆☆

先行力  :◯

血統   :無し

巴賞勝ち馬。前述の通り巴賞とは違う適性が求められる。

人気にもなるので逃げのマークはキツくなる。

危険な人気馬ではないかと考えている。

 

11. スズカロン

実績   :★☆☆☆☆

コース適性:★★★☆☆

先行力  :◯

血統   :無し

前走3勝クラス7着からの参戦。しかも連闘。

さすがに通用するとは思えない。

 

12. プレシャスブルー

実績   :★★★☆☆

コース適性:初コース

先行力  :✖️

血統   :ノーザンテースト持ち

新潟大賞典では3着と好走。調子は良さそうだが

新潟と違い後ろからの追い込みが届く舞台ではない。

ノーザンテースト持ちなのでヒモには入れてもいいかもしれない。

 

13. ニシノデイジー

実績   :★★★★★

コース適性:★★★☆☆

先行力  :◯(しかしかかりやすい)

血統   :無し

重賞2勝馬でこの中ではレイエンダと双璧の実績馬。

函館は2歳未勝利戦で1−1−0−0。ただし1800m。

この馬は前に壁がないとかかってしまう。

レイエンダと逆の枠順なら双方良かったのにと思う。

 

14. アドマイヤジャスタ

実績   :★★★★☆

コース適性:初コース

先行力  :△

血統   :無し

2歳時にG1ホープフルSの2着がある。

その後3歳初戦のすみれSで2着はまずまずだが

ダービーのしんがり負けから不振が続いている。

条件がガラッと変わるのは面白いが、

血統的にも裏付けがないため買いにくい。

 

15. ナイトオブナイツ

実績   :★★★★☆

コース適性:★★☆☆☆

先行力  :✖️

血統   :ノーザンテースト持ち

巴賞で好走して函館記念では上位に行けない馬。

しかしその巴賞も今年は8着。7歳で衰えか?

 

16. マイネルファンロン

実績   :★★★★☆

コース適性:★★★★☆

先行力  :◎

血統   :Robertoとノーザンテースト両方持ち

昨年の2着馬。エプソムC12着からの参戦だが、

昨年も巴賞を大敗してから好走したので関係なさそう。

不安は大外枠での先行時の距離ロスと、

昨年より斤量が1kg増えていること。

 

 

・印と買い目

◎ 2 バイオスパーク

血統、脚質がドンピシャで成績からも充実ぶりが見えます。

函館2000mも経験があり問題無しです。

最も不安が少ないと思い本命にします。

 

◯ 16 マイネルファンロン

昨年の2着であり、近走の成績は関係ありません。

この馬も血統がドンピシャです(だから昨年2着)。

外から無駄に脚を使わなければ勝ちきることもあり得ます。

 

▲ 1 レイエンダ

最内枠でさえなければ迷わず本命でした。

馬群を嫌がって競馬をやめるシーンを散々見てきています。

縦長になるとか、たまたま周りに馬がいないという

シチュエーションが必要です。

 

△ 4 ランフォザローゼス

△ 5 カウディーリョ

△ 8 ベストアプローチ

△ 12 プレシャスブルー

△ 13 ニシノデイジー

血統や実績、先行脚質で選びました。

 

 

※買い目

◾️単勝

2

 

◾️馬連流し

2−1.16

 

◾️ワイドボックス

1.2.16

 

◾️3連複フォーメーション

2−1.16−1.4.5.8.12.13.16

 

        計 17 点