RM_horseの競馬コラム

競馬についてあれこれ書きます。

どの馬券種を買うべきか? 〜馬連編〜

 

馬連編です。

 

私の馬券購入の入り口は馬連でしたし、

初心者にとっつきやすいのかもしれません。

 

馬連軸流しかボックスが一般的と思います。

フォーメーションを組む場合もない事はないですが

かなり特殊なのでここでは軸流しかボックスの前提で書きますね。

 

まず迷う人が多いと思われる、馬連馬単マルチどっちがいいか問題。

これは基本的に馬連がいいです。

 

なぜかと言うと、馬連馬単の半分の投資で済むからです。

高校で習う順列と組み合わせでわかりますね。

小学校で習う場合の数でもいいかもしれません。

 

ですが、競馬は払戻があります。

上記の通り、馬単馬連の2倍投資額が必要ですから

馬単馬連の2倍以上払戻があれば馬単の方がお得になります。

 

この記事を書いている直近で開催された2019年3月24日のJRAの払戻を見てみます。

全36レースの内、馬単の払戻が馬連の2倍以上あったのは13レースでした。

大体1/3ですね。意外と多かったですが

その1/3にかけるためにマルチを買うのは効率的ではないです。

 

では馬単を買う意味はないかというとそんなことはないので、馬単編でしっかり書きます。

 

 

 

馬単との比較はこのくらいにして、馬連購入のポイントをご紹介します。

 

 

当然ですが堅実に走る馬を選びます

馬券内もしくは掲示板に入ることが多い馬ですね。勝ちきれなくてもいいです。

成績のいい馬から選ぶという単純な決め方ですが、馬連の軸はそれが大事です。

 

また、ボックスか流しか迷った事は誰しもあると思いますが、私は流しがオススメです。

 

例えば1点100円の5頭ボックスは10通りで1,000円ですが

同じ金額で流しなら1頭軸で5頭流しても1点200円にできます。

買い目に入れた頭数が1頭増えてかつ、払戻が倍になります。

ボックスの場合は5頭以上いるとトリガミも多くなりますね。

 

私は最近は点数を2,3点に絞ったり、1点で買う事が多いですが、

穴まで手広く流せば的中率と大きい当たりを両立することも出来そうです。

大きいのは狙いたいですが、ずっと当たらないのは精神衛生上よろしくないですし。

 

 

 

まとめると

  • 堅実に走る馬を中心に選ぶ。
  • 勝ちきれない馬でもOK。
  • ボックスよりは流し。