RM_horseの競馬コラム

競馬についてあれこれ書きます。

ターコイズS予想

 

牝馬のマイル重賞です。

翌年のヴィクトリアマイルも見据えて賞金を加算したい馬もいます。

 

 

・コース解説

競馬ラボさんのコース解説です。

 

f:id:RM_horse:20191209160152g:image

出典:競馬ラボ様

中山競馬場 芝1600m | 全競馬場コースデータ | 競馬ラボ

 

向正面が外回りで、JRA屈指のトリッキーなマイルコース。

スタートが坂の頂上で3コーナーまではずっと緩やかな下り坂です。

しかし、2コーナーは曲がりが直角に近い為、ここまではペースがあまり上がりません。

そのためスタートから気合いをつけてハナを取りに行くということがしにくいです。

外枠の馬は外を回るため不利で、内枠の先行馬が有利です。

2コーナーを回ってからは下り坂が続くため、先行馬有利な傾向ではありますが

ゴール前に急坂があるので、ここで止まると末脚のある馬に差されます。

ただし、直線は短いため差し馬も4コーナーではある程度前のポジションが必要です。

 

 

・出馬表

出走メンバーと枠順です。

 

f:id:RM_horse:20191213173859j:image

 

前走3勝クラスを勝った上がり馬が3頭、重賞で3着以内の馬は2頭というメンバー構成。

重賞やリステッドでも大敗した馬が多いですが、毎年荒れるレースなので

そういった馬も無視はできません。

 

 

・3歳馬が中心

逃げ馬、先行馬、差し馬、追い込み馬、綺麗にバラけたメンバー構成です。

こうなると展開の利というよりは、馬の実力やコンディション、

そしてコース適性がモノをいうと考えています。

 

まずは実力面を考えます。

3歳馬が多く出走しているのが特徴です。

夏競馬や秋競馬の開幕直後は、3歳馬が古馬重賞で苦戦していました。

しかしここ最近は3歳馬の好走が目立ちます。

ここに出てくる馬は重賞好走馬が多く、中心視してもいいのではないでしょうか?

あとは豊富な3歳馬の中で、どの馬を選ぶかということになります。

 

実績では桜花賞2着、秋華賞3着のシゲルピンクダイヤが頭一つ抜けています。

ただし、コース解説でも書いたように、差し追い込み馬は

4コーナーで進出していかなければなかなか差しきれないので、

器用さに欠けるこの馬を本命視するのは少々危険です。

なので先行馬から狙っていきたいです。

 

 

・リピーターレース

このレースは人気薄でも毎年のように同じ馬が好走する、リピーターレースです。

例えばミスパンテールは2017年、2018年を連覇しています。

今回も以前このレースで好走した馬がいます。

・リバティハイツ 2018年2着

デンコウアンジュ 2018年3着、2017年3着

・フロンテアクイーン 2018年4着、2017年2着

・ディメンシオン 2018年5着

これらの馬をどう評価するか、難しい面はあります。

特にデンコウアンジュとフロンテアクイーンは6歳の年末で、

力を発揮できるかどうか不安な面があります。

 

 

・印と買い目

◎ 8 エスポワール

秋華賞は振るいませんでしたが、前走で圧倒的な強さを見せました。

先行して後続を完封し、他馬を寄せ付けませんでした。

同じ競馬で後続を引き離す場面が浮かびます。

初の1600m戦でも力を見せつけると期待します。

 

◯ 13 コントラチェック

人気を背負いながらもオークス秋華賞は大敗しました。

しかし、500万とフラワーCの連勝は圧倒的で、

単純に中山が得意なのだと思います。コース適性を買います。

 

▲ 1 メイショウグロッケ

超大穴ですが、内枠の先行馬ということで狙いたいです。

これまでの条件戦でも重賞やリステッドで勝ち負けできるような、

強い馬との戦いが多いです。

連勝中ですし勢いを買いたいです。

 

△ 7 シゲルピンクダイヤ

実績上位ですが、やはり差しが届かないシーンが浮かびます。

また、オークスでパフォーマンスを落としており遠征にも不安が残ります。

それでも力は上位なので馬券からは外せません。

 

△ 6 フロンテアクイーン

牝馬限定のG2、G3であれば堅実に走ってきます。

6歳ですが2走前に府中牝馬Sの2着があり、もう少しは走れそうです。

 

△ 9 リバティハイツ

昨年の2着馬で、リピーターレースとしては外せません。

ただし、最近は先行できなくなってきているので、

昨年の再現を出来るかどうかは怪しくなってきました。

ただし、レース適性が抜群なのは間違いありませんので切るわけにはいきませんでした。

 

 

※買い目

◾️3連単フォーメーション

8.13 → 6.7.8.9.13 → 1

8.13 → 1 → 6.7.8.9.13

 

◾️3連複軸1頭流し

8 ー 1.6.7.9.13

 

                               計 26 点

 

 

 

・危険な人気馬

こちらの方が馬券に絡みやすい、危険な人気馬です。

 

◾️トロワゼトワル

まず、大外枠はかなりマイナスです。

前走で同じ舞台の京成杯AHレコードタイムで勝ちましたが、

斤量52kgでノーマークの逃げという“ウルトラC”によるものと考えています。

馬場も9月よりは時計がかかりやすいため、同じコースでも適性が違うと思います。