RM_horseの競馬コラム

競馬についてあれこれ書きます。

七夕賞予想【2020年】

 

福島の名物重賞、七夕賞の予想です。

荒れることが多いので予想が難しい反面、当たれば払戻は大きいです。

 

 

・コース解説と枠順

競馬ラボさんのコース解説です。

 

f:id:RM_horse:20200710162627g:image

出典:競馬ラボ様

福島競馬場 芝2000m | 全競馬場コースデータ | 競馬ラボ

 

スタートは4コーナーポケット地点。

まず正面の直線を走り、1周するコースです。

小回りで直線が300m弱と短いため基本的には先行馬が有利です。

 

福島競馬場は急坂のイメージはないですが

2000mコースは細かいアップダウンが続くため、ジワジワと消耗します。

なので逃げ切りよりも先行馬の早め先頭押し切りが有利です。

差し追い込みは天候や開催が進むことで

内側の馬場が傷んでくると外差しが決まりやすくなってきます。

 

この時期は開催は進んでいませんが梅雨の影響は受けるので

展開の予想を難しくしています。馬券が荒れる要因の一つだと思います。

 

【枠順】

f:id:RM_horse:20200711204614j:image

 

重賞実績馬が多く、例年よりもメンバーレベルは高い印象です。

そこに勢いのある上がり馬も揃っています。

 

 

・外差しが決まりにくい馬場

今開催の福島は2週目ですが、例年よりも馬場の悪化が進んでいるようです。

土曜日は稍重発表ながら外からもあまり伸びない馬場で、

当日の日曜日は雨が降る予報で、さらに差し馬には厳しくなりそうです。

 

よって先行馬から馬券を組み立てます。

もちろん夏の福島での好走実績はプラスですが、

差し追い込みタイプは割り引きます。

 

さらに明確な逃げ馬が不在で、ペースが速くならなそうな点も

先行馬有利につながると考えています。

 

また、ハンデについてはあまり考えても仕方がないので

気にしないことにします。

 

・各馬寸評

各馬の評価です。

今回は

・実績

・コース適性

・先行(できるかどうか)

・重馬場適性

・調子

の5つを客観的に評価しました。

 

1. バレリオ

f:id:RM_horse:20200710172015j:image

福島コースは初めて。

最内枠に入ったので相当スタートを出さないと包まれるが

前走メトロポリタンSでは追い込み馬のウラヌスチャームが

逃げた展開でも中団待機のため、先行は出来なさそう。

馬券には入れられない。

 

2. ウインイクシード

f:id:RM_horse:20200710172235j:image

コース適性も重馬場適性もあり、先行ができるため

このレースに相当向いていると考えられる。

出遅れさえなければ好走は間違いないと考えている。

 

3. クレッシェンドラヴ

f:id:RM_horse:20200710172601j:image

昨年の2着で福島記念も勝っている福島巧者。

しかし今回は馬場が悪いため後ろからの追い込みが決まるか疑問。

3着が精一杯ではないだろうか?

 

4. パッシングスルー

f:id:RM_horse:20200710172756j:image

福島2000mは1勝クラスで圧勝した舞台。

その時と同様に先行できれば好走が期待できる。

手の合う戸崎騎手に戻るのもプラス。

ただし、重馬場の愛知杯では全く対応できなかった。

 

5. マイネルサーパス

f:id:RM_horse:20200710173213j:image

前走重馬場の福島民報杯を勝っており、

コース適性、レース適性は申し分ない。

しかし先行できないので軸にはしにくい。

 

6. ジナンボー

f:id:RM_horse:20200710173423j:image

福島は初めて。

小回りでも堅実に先行でき、重馬場もG1のジャパンC以外は崩れていない。

これまで戦ってきたメンバーも強く、

そこから1枚2枚落ちるここのメンバー構成なら上位の可能性が大きいか?

懸念は前々走プラス20kgで前走マイナス16kgと5歳馬ながら体重が安定していない点。

増えた体重を維持しているのなら成長分だが、増えた分減るというのは、

体調面の調整が難しくなっているのかもしれない。

 

7. エアウィンザー

f:id:RM_horse:20200710173756j:image

かつては将来のG1馬とも評された馬だが、

昨年の秋から歯車が狂った様子。

復活の兆しは見えないのにトップハンデの57kg。厳しい。

 

8. アウトライアーズ

f:id:RM_horse:20200710174008j:image

重馬場経験はないが、脚質が後方なので得意だとしても

ここでは届かないと考えられる。

 

9. ノーブルマー

f:id:RM_horse:20200710174058j:image

3走連続で4着と、馬券内まであと一歩。

タフな馬場の宝塚記念で3着の経験もあり、

時計がかかる時は買いたくなる馬(4着もよくあるが)。

先行できるのも魅力。

 

10. ソールインパク

f:id:RM_horse:20200710174426j:image

昨年の七夕賞以来、1年ぶりのレース。

もう8歳で上積みも期待できない。

 

11. ヒンドゥタイムズ

f:id:RM_horse:20200710174526j:image

福島は初めて。

昨年の年末から着実に力をつけてきており、重馬場もこなせる。

中団で競馬をするタイプなので勝ち切れるかは疑問も

馬券には入れておきたい。

 

12. ヴァンケドミンゴ

f:id:RM_horse:20200710174729j:image

全4勝が全て福島で、4戦4勝と福島では負け知らずという究極の福島巧者。

しかし稍重くらいの馬場で外から差す競馬をするため

今回のように雨が降り続けると差しは届かないのではないか?

これだけ福島が得意だと切るわけにはいかないが軸にはしにくい。

 

13. ブラヴァ

f:id:RM_horse:20200710175045j:image

福島は初めて。

ヒンドゥタイムズとレーダーチャートが同じ形になったが

但馬Sでは直接対決でブラヴァスが勝っている。

外から内を見ながら進められるため、外枠はプラス。

超良血馬がローカルの重馬場で走るのか?という疑問はあるが。

 

14. オセアグレイト

f:id:RM_horse:20200710175716j:image

好走が2200m以上に偏っており、ここは距離が短い。

ここよりも札幌日経OPで見たい。

 

15. リュヌルージュ

f:id:RM_horse:20200710175934j:image

2走前の福島牝馬Sは8着だが、注目すべきは3走前の中山牝馬S

大雪の不良馬場を先行して最後までバテずに2着。

牡馬相手で実力が通用するかは疑問もレース適性は高そう。

 

16. レッドローゼス

f:id:RM_horse:20200710180254j:image

調子がなかなか上がってこないうえに、先行もできない。

馬券には入れにくい。

 

 

・印と買い目

◎ 15 リュヌルージュ

なんと言っても3走前の中山牝馬Sが高パフォーマンス。

今回も先行するでしょうから、3走前の再現が期待できます。

混合戦になりますが、その分斤量は軽いので有利だと思います。

 

◯ 2 ウインイクシード

コースも重馬場も問題なく、総合的なレース適性は最も高そうです。

あとはスタートと位置取りだけです。

 

▲ 9 ノーブルマー

4着の気配がプンプンしますが、向いている舞台なのは間違い無いので

馬券には入れたかったです。

7歳でこれが43戦目ですが、レースぶりからも衰えは見えないので

もう一花咲かせてくれるのではないでしょうか?

 

△ 6 ジナンボー

▲と迷いましたが、どうしても過去2走の体重増減が気になってしまいました。

5歳になってから体重がコロコロ変わるのは自然ではないです。

特に夏はバテることもありますから。

 

△ 11 ヒンドゥタイムズ

上がり馬で勢いがあります。

 

△ 13 ブラヴァ

ヒンドゥタイムズには勝っています。前走も重賞初挑戦で4着なら上々です。

 

△ 3 クレッシェンドラヴ

△ 4 パッシングスルー

△ 5 マイネルサーパス

△ 12 ヴァンケドミンゴ

福島巧者を入れておきます。

 

 

※買い目

◾️単勝

15

 

◾️ワイドボックス

2.9.15

 

◾️3連複フォーメーション

15−2.9−2.3.4.5.6.9.11.12.13

 

         計 19 点