RM_horseの競馬コラム

競馬についてあれこれ書きます。

阪神カップ予想

 

個人的には1400m最強決定戦と考えているレースです。

 

 

f:id:RM_horse:20191214180151g:image

出典:競馬ラボ様

阪神競馬場 芝1400m | 全競馬場コースデータ | 競馬ラボ

 

向正面の2コーナーポケット地点からスタート。

今週から芝はBコースを使用し、内側の傷んだ部分は仮柵でカバーされます。

内回りコースなので基本的には内枠の先行馬が有利ですが、

最後方からは届かなくとも差しは度々見られるコースです。

もちろん差しが届くかどうかはペースが重要なので、

メンバーや枠順からペースを見極めたいです。

 

 

・出走メンバーと枠順

レースの出馬表です。

 

f:id:RM_horse:20191220132131j:image

 

前走で勝利した馬は3勝クラスを勝ち上がった2頭のみ。

3着以内もその2頭とシュウジのみです。

掲示板(5着以内)まで広げても、3頭増えるだけです。

難解なレースだと思います。

 

そしてなぜか前走ダートの馬がちらほらいます。

シヴァージにいたっては初めての芝のレース。

こういったダート馬の取捨選択もポイントだと思います。

 

 

・狙うのはスプリンター?マイラー?いや、そうではない!

よく1400mのレースは1200mが得意なスプリンターと、1600mが得意なマイラーとの

戦いと言われますが、私はそうは思っていません。

1400mのレースなのだから、1400mが得意な馬を狙います。

1400mがベストな馬が、1200mも得意なのか1600mも得意なのかはその馬によります。

なのでスプリンターを狙うとか、マイラーを狙うといったように

決めつけてしまうのはよくありません。

 

もちろん、馬の実力やコース相性、枠順や展開の有利不利が

距離適性を凌駕することはあります。

穴馬は1400mがベストの馬に隠れているということです。

 

 

・過去の傾向

では具体的に過去の阪神カップの傾向を見てみましょう。

 

☆2018年

1着ダイアナヘイロー(11番人気) 出走時1400mは1−0−0−2も、阪急杯1着、Fレビュー4着

2着ミスターメロディ(2番人気) 出走時1400mは1−0−0−1。G3ファルコンS勝利有り。

3着スターオブペルシャ(12番人気) 出走時1400mは4-3-2-2。

 

☆2017年

1着イスラボニータ(2番人気) 前年の阪神カップ2着(1400m戦は阪神カップ2回のみ)。

2着ダンスディレクター(7番人気) 出走時1400mは3-3-1-5(重賞4着2回含む)。

3着サングレーザー(3番人気) 出走時1400mは3−0−0−0。

 

☆2016年

1着シュウジ(7番人気) 出走時1400mは1−0−0−1。前走スプリンターズS4着。

2着イスラボニータ(2番人気) 1400m初めて。前走マイルCS2着。

3着フィエロ(5番人気) 出走時1400mは1-1-2-1。重賞2着と3着有り。

 

このように、

・1400mの通算成績が良好

・抜群の1400m実績といかないまでも、1400m重賞での好走歴がある

・それ以外は前走G1好走

というのがポイントでしょうか?

 

 

・基本的には内枠で、ペースは?

コース解説でも記したように、基本的には内枠の先行馬が有利です。

今年は週中に雨もあまり降らず、当日も降らない予報なので良馬場だと思います。

さらにBコース使用で内枠有利は明らかでしょう。

外枠の馬は末脚にかけるしかないでしょう。どうしても外枠の先行馬は脚を使ってしまいます。

 

枠順ですが、逃げ候補のイベリスが外枠に入りました。

これにより無理にハナにはいかないのではないでしょうか?

最内枠のマイスタイルも逃げ馬で、すんなりハナを取りスローからミドルペースになりそうです。

イベリスも有力馬なので、無理にはいかないでしょう。

 

 

・各馬寸評

各馬の長所と不安材料です。

 

1. マイスタイル 

長所:夏以降好成績を続けて充実期にある。スワンSでも3着で距離もOK。最内枠。

不安:逃げるつもりでイベリスに絡まれるとハイペースで失速の可能性。

 

2. レッツゴードンキ

長所:1400m1−1−1−1、阪神1−2−1−2とどちらも大崩れがない。内枠時の好走率が高い。

不安:2歳から活躍し、もう7歳の年末。前走もダートとは言え負け過ぎで衰え?

 

3. ノーワン

長所:同じコースのフィリーズレビュー勝利。得意コースか?

不安:その勝利以降大敗続き。力が足りていないか?

 

4. レインボーフラッグ

長所:阪神は1−4−0−4と全戦績ほど悪くない。枠も内側。

不安:重賞では壁に跳ね返されている。

 

5. グランアレグリア

長所:メンバーでG1馬はこの馬含めて2頭。それも阪神桜花賞で勝利。

不安:NHKマイルカップ以来と久々。初の1400m。ペースが速くなると怪しい。

 

6. メイショウショウブ

長所:マイルでもある程度ペースが流れる中、先行して好走する力がある。

不安:秋華賞取り消し明けで状態面は?阪神も0−0−1−3と苦手。

 

7. ショウナンライズ

長所:全6勝中5勝は1400m戦と得意距離。

不安:遠征の実績がない。重賞では力も足りなそう。

 

8. グァンチャーレ

長所:夏に安田記念4着と実績は上位。

不安:7歳の年末でさすがに衰えが来る頃。1400mも0−0−1−2と得意ではない。

 

9. シュウジ

長所:阪神カップは2016年に勝利。この時の2着はイスラボニータ

不安:最近はダートしか好走実績がない。

 

10. フィアーノロマーノ

長所:阪神2−0−0−0と得意。昨年12月には同じコースで完勝(1600万下)。

不安:マイルG1の2戦は大敗で、立て直しができているかが鍵。

 

11. シヴァージ

長所:ダートではあるが1400mは2−5−2−0と全て馬券内。

不安:芝は初めて。

 

12. ロジクライ

長所:1400mは0−0−2−0と勝てていないが、4着以下も無い。

不安:前走17着は負け過ぎ。もともと脚部不安があった馬。

 

13. グランドボヌール

長所:1400mは3勝しており得意。

不安:近2戦はダート。馬体もダート仕様か?

 

14. メイショウケイメイ

長所:1400mの紅梅Sで勝利。この時の2着はプールヴィル。

不安:重賞では3着以内がなく、実力が足りていないか?

 

15. ワンアフター

長所:前走1400mを勝利。1400mは2−0−0−2と好成績。

不安:3勝クラス脱出に11戦を要した。いきなりG2は荷が重いか?

 

16. イベリス

長所:休み明けのセントウルS古馬初対戦で3着と、休み明けは良さそう。

不安:致命的な外枠。1400mは新馬未勝利戦含めて0−0−1−2と苦手?

 

17. スマートオーディン

長所:今年2月に同じコースの阪急杯で勝利。

不安:その阪急杯勝利後、3戦続けて6着以下。ポジションが後ろ過ぎて展開の助けが必要。

 

18. ストーミーシー

長所:戦績に4着以下が多いが、1400mは2−0−1−4と比較的安定している。

不安:阪神は0−0−0−4と好走無し。

 

 

・印と買い目

1 マイスタイル 

絶好枠を引きました。今年は函館記念を勝ち、

その後も1400mのスワンSで3着、マイルCSで4着とまさに今が充実期。

ペースが速くなりすぎると心配ですが、すんなりハナが取れれば

あまりペースは速くならないと思います。

直線で引き離す力もあるので、大崩れが無いとみました。

 

◯ 5 グランアレグリア

G1馬で潜在能力は最もあると思います。

ただし、前述の通り不安も多い馬です。

能力の通りに走ってくれれば圧勝だと思いますが

どうなるか走ってみないとわかりません。

 

▲ 2 レッツゴードンキ

今回が引退レースで仕上げもメイチのはずです。

阪神コース、1400mともに万全の舞台で、内枠の好走率も高いです。

しかし追走がどうしても後ろになってしまい、脚を溜めて弾けることはできても

1着には届かないシーンが目立つ馬です。

 

△ 4 レインボーフラッグ

前述の通り、戦績ほど阪神は悪くない馬です。

内枠もいいと思います。

 

△ 17 スマートオーディン

同じコースの阪急杯を勝った時も外枠です。

ある程度流れてくれないと届きませんが、末脚は強力なので馬券に入れておきます。

 

△ 18 ストーミーシー

スマートオーディンと同じで、外からの猛烈な追い込みを想定して入れておきます。

3走前に新潟1400mで勝利しているように、小回りの方がいいのかもしれません。

阪神1400mは初めてです。

 

 

※買い目

◾️3連単フォーメーション

1.5 → 1.4.5.17.18 → 2

1.5 → 2 → 1.4.5.17.18

 

◾️3連複軸1頭流し

1 ー 2.4.5.17.18

 

                                計 26 点