RM_horseの競馬コラム

競馬についてあれこれ書きます。

きさらぎ賞予想【2020年】

 

3歳限定の重賞です。

かつてはクラシックに向けた重要なレースでしたが

最近はあまりクラシックの活躍馬が出ていないのが現状です。

 

 

・コース解説

競馬ラボさんのコース解説です。

 

f:id:RM_horse:20200206155349g:image

出典:競馬ラボ様

京都競馬場 芝1800m | 全競馬場コースデータ | 競馬ラボ

 

向正面のポケット地点からスタート。

外回りのワンターンコースです。直線平坦で本来であれば

ディープインパクト産駒のためにあるようなコースですが

今の京都は相当タフな馬場になっているので一筋縄ではいかないです。

また、先週からBコースに変わりましたが、

内はあまり伸びず、外差し傾向でした。

 

 

・出走メンバーと枠順

今回の出馬表です。

 

f:id:RM_horse:20200208112338j:image

 

8頭と小頭数になりました。

この時期はマイルから2000mの3歳重賞が多く組まれていますが

特に混合戦は頭数がどれも揃いませんね。

来年から3歳新馬が廃止されるので変わるかもしれませんが。

 

前走重賞好走馬と新馬未勝利戦だった馬の構図で、

1勝クラスやオープン競走からのローテがありません。

力関係を読むのが難しいです。

 

 

・アルジャンナで堅いのか?

1番人気はアルジャンナになると思います。

前走東スポ杯ではコントレイルには置いていかれた2着でしたが

3着ラインベックは突き離しています。

ただし、この馬は新馬戦も走りやすい秋競馬開幕の阪神で、

東スポ杯はスーパーレコードが出るほどの馬場です。

今の京都は良馬場と言えどもタフであり、過去2戦とは勝手が違うでしょう。

かぶった人気になるほどの信頼はないと見ています。

 

それならば開催後半の比較的タフな馬場で、

G1レースで3着に好走したグランレイを狙いたいです。

距離は伸びますが、あまりスムーズではない進路取りから

猛烈な勢いで3着まで追い込んできたというのは、

決してフロックではないと思います。

 

 

・各馬寸評

出走各馬の長所と不安材料です。

 

1. コルテジア

長所:前走京都でのシンザン記念で3着

不安:1,2着からは離された3着だった。距離も延長する。

 

2. サイモンルモンド

長所:強調材料無し。

不安:ダートで勝ち上がり、初めての芝のレース。

 

3. トゥルーヴィル

長所:京都の新馬戦を勝利。

不安:新馬戦はまだ今より馬場のいい頃の京都だった。

 

4. ギベルティ

長所:新馬戦は余裕の勝利。

不安:新馬戦は早めに先頭に立って押し切る競馬だった。逃げれない時は?

 

5. グランレイ

長所:G1の朝日杯を上がり最速で3着。

不安:スローペースのヨーイドンになった時はどうか?

 

6. サトノゴールド

長所:札幌2歳S上がり最速で2着。

不安:5ヶ月半ぶりの実戦。

 

7. ストーンリッジ

長所:兄弟に活躍馬多数の超良血馬。

不安:新馬戦は走りやすい阪神だった。

 

8. アルジャンナ

長所:前走東スポ杯の時計は破格。持ち時計No.1。

不安:高速馬場でしか走っていない。タフな馬場への対応は?

 

 

・印と買い目

◎ 5 グランレイ

G1で上がり最速3着がここまで人気がないのであれば頭で買いたくなります。

レースを見返しても強い競馬をしていると思います。

少しエンジンのかかりは遅かったですが、

京都ならコーナーの下りから加速出来るのでコース変わりはプラスだと思います。

 

◯ 3 トゥルーヴィル

同じ京都1800mを経験しているのは強みだと思います。

 

▲ 4 ギベルティ

新馬戦の内容が非常にいいです。

今の京都は起伏のある中山にもリンクしそうです。

 

△ 8 アルジャンナ

東京や阪神なら買いですが、ここは条件が合わなそうです。

ヒモに入れておく程度です。

 

△ 6 サトノゴールド

ちょっと未知数な部分が多すぎます。

一応入れておく程度です。

 

 

※買い目

◾️単勝

5

 

◾️ワイド流し

5 ー 3.4

 

◾️3連複フォーメーション

5 ー 3.4 ー 3.4.6.8

 

                            計 8 点