RM_horseの競馬コラム

競馬についてあれこれ書きます。

レース回顧 〜シルクロードS 2020〜

 

シルクロードSのレース回顧です。

 

 

・レース展開と上位馬寸評

まずはレースを振り返ります。

モズスーパーフレアがハナ。外からセイウンコウセイが2番手。

スタートが良かったラブカンプーは控えました。これは意外というか謎です。

レッドアンシェルが内から3番手、ダイシンバルカンとディアンドルが続きます。

前半600mは33.9。これはモズスーパーフレアとしてはあまり速くないペースでした。

 

直線でもモズスーパーフレアとセイウンコウセイが後続を引き離します。

このまま2頭で決着かと思いましたが残り50mで追い込み馬が殺到し、

中団後ろで脚を溜めていたアウィルアウェイが差し切り1着。

2着エイティーンガール、3着ナランフレグは共に最後方からの追い込みでした。

今の京都は、いつもより速くはないモズスーパーフレアのペースでも

残るのは大変な馬場なのでしょう。外差し傾向が強いです。

 

アウィルアウェイはここにきて一段階成長した感があります。

優れた瞬発力を武器に、2歳の早い時期から活躍していました。

3歳では桜花賞では下位となり、その後の重賞でも着外でしたが

4歳で成長を見せて重賞初勝利。

ジャスタウェイと同じような成長曲線を描いているようです。

 

エイティーンガールは追い込み競馬が板についてきました。

しかし、重賞、この先G1で勝ち切るには

もう1列前で競馬をしなければいけないでしょう。

 

それは3着のナランフレグにも言えます。

ですが今回右回りでも好走できたのは収穫です。

 

上記3頭は高松宮記念を目指すと思いますが、

今回と同じ競馬では差し届かずの展開が見えるので

もう1戦挟むのならそのレースぶりに注目です。

 

 

・予想の振り返り

予想はこちらから

 

本命ジョイフルは直線で伸びきれず7着。

結果論ではありますが、前半押していったのがあだとなりました。

対抗ディアンドルは先行してそのまま沈み14着。これは仕方ありません。

 

予想した展開にはなりましたが、選ぶ馬を間違えていました。

競馬は難しいですね。