RM_horseの競馬コラム

競馬についてあれこれ書きます。

レース回顧 〜根岸S 2020〜

 

根岸Sのレース回顧です。

 

 

・レース展開と上位馬寸評

まずはレースを振り返ります。

スタートが良かったのはコパノキッキング。

しかし外からドリームキラリ、ヨシオ、ワイドファラオが押していきます。

その中からドリームキラリが主張してハナに立ちます。

コパノキッキングはドリームキラリをぴったりマークして2番手。

その後ろにヨシオ、ワイドファラオが続き、

テーオーヘリオス、ミッキーワイルド、ダノンフェイスも前目のポジションでした。

 

前半600mの通過は35.0、1000mは59.2という

いつものドリームキラリのペース。

直線を向くとあっという間にコパノキッキングが先頭に立ちます。

先行勢はコパノキッキングについていけず離されるだけです。

 

しかし、1頭脚色が違う馬が中団から抜け出してきました。

それは初ダートのモズアスコットでした。

粘るコパノキッキングをあっさり差し切って1着。

コパノキッキングが差し追い込み勢には抜かせず2着。

3着は後方から追い込んできたスマートアヴァロンが入りました。

 

1着モズアスコットには驚きました。

初ダートがいきなり古馬重賞で、それを勝利するのはかなり珍しいケースで、

古馬重賞ではヤマニンキングリーシリウスS以来のことだそうです。

最近ではタイムフライヤーが武蔵野Sで好走したことは記憶に新しいですが

ダート初戦から結果を残すとは思いませんでした。

勝ち方も出負けから押していって中団待機からの抜け出しと

文句のつけようがありません。

これはフェブラリーSでも有力馬と言っていいでしょう。

 

2着コパノキッキングは馬の力が強いと改めて実感しました。

先行しながら押し切れそうな競馬が出来たのは昨年からの成長でしょう。

陣営は距離の限界を感じたとのことで、フェブラリーSには向かわないそうです。

確かにレースラップも残り400m〜200mは11.6ですが、

200m〜ゴール板は11.9と若干ラップを落としています。

1ハロン延長になればさらに失速することが予想されるので、

妥当な判断だと思います。

また、鞍上も藤田菜七子騎手に戻るそうです。

折り合い面を見てもコパノキッキングに合っていると感じたので

これも妥当な判断だと感じています。

 

3着スマートアヴァロンは末脚堅実ですが、勝ちきれないのは

道中のポジションがどうしても後ろで届かないのでしょう。

もう8歳馬で今更中団からの競馬を覚えるよりは、

持ち味が無くならないように今のままでやるしかありません。

ペースが速くなるレースに巡り合うことを祈るほかないでしょう。

 

 

・予想の振り返り

予想はこちらから

 

本命ミッキーワイルドは直線で失速し11着。

騎手は休み明けで気持ちが入っていないと言っていましたが、

ちょっと負け過ぎです。

これでフェブラリーSは好走できるとは考えにくいです。

何もなければいいですが。

 

対抗ワイドファラオはコパノキッキングのポジションが取れなかったのが

誤算だったと思います。斤量も58kgは先行馬には辛かったでしょう。

それでも大きく崩れず5着なので、フェブラリーSで外枠が引ければ

好走を期待したいです。

 

 

今回は何度予想してもモズアスコットを本命視はおろか

馬券に入れることすらしなかったと思います。

こればかりは外しても仕方がなかったので切り替えます。