RM_horseの競馬コラム

競馬についてあれこれ書きます。

高松宮記念予想【2020年】

 

春のG1ラッシュの開幕は1200mのスプリント戦です。

今年はレースとしては面白く、馬券としては難しいメンバーです。

 

 

・コース解説

競馬ラボさんのコース解説です。

 

f:id:RM_horse:20200328223857g:image

出典:競馬ラボ様

中京競馬場 芝1200m | 全競馬場コースデータ | 競馬ラボ

 

向正面で緩やかに坂を下り、直線入り口で坂を登って

残り240mはゴールまで平坦というコースで、

コース形状だけ見れば、起伏が緩やかな中山という感じもしますが、

スタート直後に少し登り坂があるため、

中山のようにスタートからのスピードが乗りにくいです。

コーナーも回りやすい形ではないため、一度ペースが落ち着きます。

直線の坂は高低差2mと急な登り坂になっており、

その後に平坦な240mが待っていると考えると、

1200mの中ではタフなコースと言えるでしょう。

 

 

・出走メンバーと枠順

レースの出馬表です。

 

f:id:RM_horse:20200329000707j:image

 

スプリントG1の上位常連だけでなく、

マイルG1を制した経験がある馬が4頭もおり、

その他にも1400mや1600mを主戦場とする馬が多数います。

 

後述しますが、ここに大きなポイントがあると思っています。

 

 

・今年も飛ばすモズスーパーフレア

モズスーパーフレアがいるか、いないか、

今のスプリント戦ではレース展開が全く変わってきます。

今年も参戦で調教では坂路を爆走しています。

間違いなくハナを主張してペースは速くなるでしょう。

 

ただし、当日はおそらく道悪なので、

ほどほどなペースには落としたいと思っているはずです。

しかし、最近控えて結果が出なかったラブカンプーが

そろそろ前で競馬がしたいと思っているはず。

なので結局はペースが抑えられないでしょう。

 

 

・1400m以上の実績が必要?

高松宮記念は1200m戦なのですが、どうも過去の成績を見ると

1400m以上の実績がある馬がよく好走しています。

 

おそらくスプリントG1でペースが速くなり、

坂がスタート直後と直線入り口の2回あるため

適性が少し長い距離の馬が好走できるのではないでしょうか?

 

下に2016年までの1〜3着馬の1400以上の実績を記します。

(2016年からコースがAからBコースに変わっている)

 

☆2019年

1着ミスターメロディ ファルコンS1着、阪神C2着

2着セイウンコウセイ 1400mは2−1−0−3だった

3着ショウナンアンセム 1400m3−3−0−5

 

☆2018年

1着ファインニードル 1400mは未勝利勝ちのみ

2着レッツゴードンキ 桜花賞、京都牝馬S1着

3着ナックビーナス 1400mはオーロC(OP)1着

 

☆2017年

1着セイウンコウセイ

2着レッツゴードンキ

3着レッドファルクス ダートで1400mの欅S(OP)1着

 

☆2016年

1着ビッグアーサー 阪神C3着

2着ミッキーアイル NHKマイルC阪急杯1着など

3着アルビアーノ NHKマイルC2着、スワンS1着

 

1400m以上の実績がなかったのはファインニードルのみです。

それ以外は全てOP以上での1400mの実績がありました。

 

今回の出走メンバーで1400m以上の実績が乏しいのは

・アウィルアウェイ

ティーハーフ

・ラブカンプー

・ダノンスマッシュ

・ダイメイプリンセス

・モズスーパーフレア

です。

 

今年は前日夜中に雨が降り、当日は道悪になります。

1200mで重要なスピードが失われ、

余計に1400m以上での適性が求められそうです。

 

人気馬も混じっていますが、全頭中京コースの実績もないので

思いきって全部馬券から外します。

 

 

・道悪でも内枠がいい?

ちらっと書きましたが、高松宮記念は2016年以降

使用コースがAコースからBコースに変わっています。

それ以降、高松宮記念は1桁の馬番しか馬券に絡んでいません。

外枠に全く人気馬がいない2018年は考えなくても、

昨年のダノンスマッシュも1番人気ですが13番で4着、

2017年は3番人気メラグラーナが12番で10着、

2016年は4番人気ウリウリが12番で9着と

2桁番は全く馬券に絡めていません。

 

しかも2017年は小雨が降る稍重馬場、

2018年も良馬場ですが雨が残り時計は出ない馬場でした。

それでも外が来ないというのは偶然でしょうか?

かなり内が有利なのではないでしょうか?

 

ここは1桁番を中心に考えたいです。

しかし2桁番の馬もバッサリ切ることはせずに

ヒモには入れておきます。

 

 

・各馬寸評

出走メンバーの評価です。

今回、展開の点数には道悪に強いかどうかも考慮しています。

 

1. ステルヴィオ

1200mも中京も初めてで未知数。

血統的にはロードカナロアなので対応できると思われる。

重馬場も2歳時にはこなしており、

マイルCSも重い馬場コンディションを買っている。

そのマイルCSでは1番枠から内からスルスルと抜け出しており、

その競馬が出来れば面白い存在。

懸念はスタートが出るかどうか。

f:id:RM_horse:20200329011239p:image

 

2. アウィルアウェイ

位置がどうしても後ろになってしまい、

末脚も強烈なものを持っているメンバーが他に多い。

中京1200mの道悪はCBC賞で8着と負けており、今回は厳しそう。

f:id:RM_horse:20200329011416p:image

 

3. ダイアトニック

1400m巧者なので、ここで好走できるかもしれない。

前走ではここを意識して前につける競馬で一定の成果を出した。

左回りで勝利がないのが1番の懸念。

f:id:RM_horse:20200329011722p:image

 

4. ティーハーフ

10歳馬で好走がしばらく無い。厳しい。

f:id:RM_horse:20200329011807p:image

 

5. ラブカンプー

3歳時はG1でも好走したが、4歳以降全く走らなくなってしまった。

復活の兆しがまだ見えない。

また、復活しても時計の出る良馬場がいいのでは?

f:id:RM_horse:20200329011953p:image

 

6. ダノンスマッシュ

おそらく左回りがあまり得意ではなさそう。

前走も強い競馬で勝利したが、大きく出遅れていた。

今回また出遅れるとモズスーパーフレアもいるため

前走のようにはいかない。

危険な人気馬ではないかと考えている。

f:id:RM_horse:20200329012222p:image

 

7. グルーヴィット

中京はファルコンSの2着と中京記念の1着でかなり得意。

こちらもステルヴィオと同様に初の1200mだが、

ロードカナロア産駒なのでこなせそう。

中京記念稍重馬場で買っており、

時計が出ない方が良さそう。

あとは実力が足りるか?

f:id:RM_horse:20200329012521p:image

 

8. グランアレグリア

初の1200mも高松宮記念ならこなせそうだったが

雨がこの馬にはかなりのマイナス。

走りからもどう考えても道悪はこなせない。

f:id:RM_horse:20200329012920p:image

 

9. タワーオブロンドン

この馬も道悪はおそらく苦手。

稍重だと少し成績が落ちている。

1200m実績は最上位なのだが。

f:id:RM_horse:20200329013142p:image

 

10. アイラブテーラー

いつも時計がかかる競馬で勝利しており、

道悪はプラスだと思われる。

しかし位置取りが後ろになりそうで、

進路の確保に手間取るのが想像できる。

また、いくら時計がかかる展開で勝利していたとしても

あまりに持ちタイムがなさすぎの印象。

f:id:RM_horse:20200329013631p:image

 

11. クリノガウディー

道悪は歓迎で、中京記念ではグルーヴィットと接戦の2着。

ただ、内枠が欲しかった。

f:id:RM_horse:20200329013829p:image

 

12. セイウンコウセイ

このレースは1着と2着があり、適性は申し分ない。

ただ、この馬も内枠が欲しかった。

f:id:RM_horse:20200329013921p:image

 

13. ダイメイプリンセス

中京は0−1−0−5と苦手。

位置取りも後ろでは厳しい。

f:id:RM_horse:20200329014032p:image

 

14. モズアスコット

ダートを2戦使ってからまさかの1200m初参戦。

距離はこなせると思うが、懸念はスタート。

いっそのこと後ろから溜めて末脚で勝負の方が面白いが

出遅れて慌てて前を取りに行くのが想像できる。

f:id:RM_horse:20200329014229p:image

 

15. ナックビーナス

2年前の3着で道悪も大丈夫。

外枠に入ってしまい、隣がモズスーパーフレア

先行するのも難しい。

いっそのこと中段待機で末脚を使う方が勝負できそう。

f:id:RM_horse:20200329014414p:image

 

16. モズスーパーフレア

中京が苦手。馬場も良馬場が良さそう。そして外枠。

悪い要素が全部重なってしまった。

f:id:RM_horse:20200329014514p:image

 

17. シヴァージ

ほとんどの馬は外枠はマイナスだが、この馬は例外かもしれない。

やることが後方からの末脚一気と決まっているので、

むしろ内を見ながらポジションを決められる。

重馬場ですごい脚を使えるのは前走で証明済み。

穴で狙ってみたい。

f:id:RM_horse:20200329014809p:image

 

18. ノームコア

マイルG1馬の1200m初参戦。

ハービンジャーのスプリント適性は疑問だが

母父クロフネなので案外いけるのかもしれない。

ただ、マイルでも後方の位置なので

スプリントでは間違いなく置いていかれる。

最後方から届くか?

f:id:RM_horse:20200329015138p:image

 

まとめ

f:id:RM_horse:20200329023622j:image

 

 

 

・印と買い目

◎ 1 ステルヴィオ

初の1200mですが、前走も直線でどん詰まりしながらも

最後の100mだけで前との差をつめており、

十分にこなせる感触を得たように思います。

道悪を気にして各馬外に出すでしょうから

内枠を生かして最短距離で突き抜けて欲しいです。

実際そういう調教もしており、スタートも対策しているとのこと。

丸山騎手の初G1制覇はここだと予想します。

 

7 グルーヴィット

超大穴ですが本気です。真面目に最後まで本命と迷いました。

デビュー当初はダートだったようにパワー十分で

道悪は歓迎です。中京も重賞で1,2着とかなり得意で条件は向いています。

さらに内すぎず外すぎない7番枠を引きました。

これは買うしかありません。

 

▲ 17 シヴァージ

道悪での末脚は1番だと思います。

人気もないですし腹をくくって後ろから末脚勝負で行ってほしいです。

2014年、不良馬場で追い込んで2着に来たスノードラゴンの再来を期待します。

 

11 クリノガウディー

4枠より内なら本命にしていたかもしれません。

この馬も時計がかかった方がいいので枠以外は向いてます。

 

△ 12 セイウンコウセイ

過去の好走と違うのはやはり枠です。

モズスーパーフレアが外なのもスタートしてから競馬がしにくいです。

内枠ならもっと印は上げていましたが、人気もしていたと思います。

 

△ 3 ダイアトニック

枠はかなりいいです。

評価で書いた通り、左回りがどうかです。

あと前走少々強引に前につけたことの弊害で

折り合いがつかなくなる不安もあります。

 

△ 15 ナックビーナス

実績馬は外せません。

 

△ 14 モズアスコット

△ 18 ノームコア

1200mは初めてですが、実力は申し分ありません。

追い込んでの2,3着を考えておきます。

 

 

※買い目

◾️単勝

1

 

◾️ワイド

1 − 7

 

◾️3連単フォーメーション

1.7 → 1.3.7.11.12.14.15.18 → 17

1.7 → 17 → 1.3.7.11.12.14.15.18

※今回は3連単を買いたいです。帯狙ってます。

 

                                    計 30点