RM_horseの競馬コラム

競馬についてあれこれ書きます。

CBC賞予想

 

夏の中京開幕週の重賞は短距離戦です。

2016年にレッドファルクスが勝ち、その後スプリンターズSを制したように

スプリンターズSへの前哨戦としても注目です。

 

 

・コース解説

競馬ラボさんのコース解説です。

 

f:id:RM_horse:20190629213101g:image

出典:競馬ラボ様

中京競馬場 芝1200m | 全競馬場コースデータ | 競馬ラボ

 

 

中京は向正面から3,4コーナーを回って直線を向くまで

なだらかに下ります。その後残り100mまで下った分登りますが

阪神や中山のゴール前の急坂とは少し異なります。

かといって京都のような平坦ではないので

間を取ったような性質といえるでしょう。

 

 

 

・予想のポイント

CBC賞は開幕週の短距離重賞ながらも意外と差しが効きます

ここ5年の勝ち馬は全て差し追い込みによるものです。

1着には末脚を使える馬を選びたいです。

1200mスプリント戦ですので、末脚はペースが速くなっても使えないといけません。

 

かといって逃げ先行馬を無視するわけにはいきません

必ず2着あるいは3着に1頭は絡みます。

 

単純ですが、ポイントはこれだけです。

 

 

 

・印と買い目

◎レッドアンシェル

前走で1200mの適性を示しました。

スローペースではありましたが、ペースが速くなっても

しっかりと脚を伸ばせるタイプです。

重賞でも勝ち負けだと思います。

 

○アレスバローズ

昨年の勝ち馬です。斤量は昨年から3.5kg増えますが、

他に末脚が魅力な馬も少ないので重めの印にしています。

 

▲グランドボヌール

逃げ先行からはこの馬を指名します。

中京は3戦3勝と得意中の得意。

メンバーを見ても逃げが叶いそうです。

上位に粘れることが濃厚と見ています。

 

△ショウナンアンセム

前走の高松宮記念は後ろ目のポジションから内から伸びて3着。

G1で3着で差しを見せたのでポイントと合致しますがちょっと印は落とします。

高松宮記念はノーマークであまりに綺麗に決まりすぎたきらいがあります。

前走ほどスムーズ内をつけないでしょうし、外に出すとすれば内枠が仇になります。

そのため印はこの辺りになります。

 

△ラベンダーヴァレイ

なんといっても51kgは魅力。準オープンをなかなか突破できないですが

オープンクラスの力は持っているでしょう。

中1週と間隔が詰まっているのは懸念されますが、裏を返せば自信の表れかもしれません。

 

 

※買い目

4.9 ー 2.4.9.10 ー 1

4.9 ー 1 ー 2.4.9.10

 

  • 3連複ボックス

1.2.4.9.10

                                     計 22 点

 

 

 

・危険な人気馬

3着以内が怪しい危険な人気馬を紹介します。

 

  • セイウンコウセイ

もともと休み明けはいまいちな馬。さらに斤量58kgというのは酷。

高松宮記念で好走したため人気は上がりそうですが厳しいと思います。

 

  • アウィルアウェイ

3歳馬で斤量51kgは魅力ですが、3月から4戦目で疲労が懸念されます。

さらに前走は3着になりましたが、2歳時の好走はスローペースの瞬発力勝負によるもの。

古馬に混じっての重賞では厳しいと思います。