RM_horseの競馬コラム

競馬についてあれこれ書きます。

プロキオンステークス予想

 

中京名物のダート1400mの重賞です。

1200mが得意な馬も1600mが得意な馬も出てきます。

 

 

・コース解説

競馬ラボさんのコース解説です。

f:id:RM_horse:20190706183240g:image

出展:競馬ラボ様

中京競馬場 ダート1400m | 全競馬場コースデータ | 競馬ラボ

 

芝スタートの左回りワンターンということで、

同じコース形態の東京ダート1600mの好走馬を中心に考えがちです。

しかし、直線の長さの違いなのか、砂の質の違いなのか、はたまた距離なのか

一概に東京ダート1600mが得意な馬が、中京ダート1400m好走とは言えません。

もちろん、両方得意な馬もいると思いますが、あまりパッと浮かびません。

ただし、芝を走る距離が長い外枠の先行馬が有利なのは共通しています。

 

 

・予想のポイント 〜本命馬が全てのカギを握る〜

明日の中京競馬場の天気は曇りですが、

土曜日の馬場状態は重だったため、良馬場までにはならないと思われます。

その土曜日は10R濃尾特別の勝ちタイムが1.50.6、

12R1勝クラスの勝ちタイムが1.10.4と速い時計での決着であり、

プロキオンステークスもある程度の高速決着が予想されます

 

そうすると持ちタイムが優秀なスピードのある

1200m〜1400mを主戦場とする馬を中心視すべきです。

すでに答えを言っているようなものなので、言ってしまうと

本命はマテラスカイです。

昨年の覇者ですし、ドバイ帰りは昨年も同様なので全く問題ないでしょう。

その昨年の同レースで記録した1.20.3は破格のレコードタイム

今年も速い馬場でしょうから、素直に本命です。

 

そのマテラスカイが全てのカギを握ると思います。

圧倒的なスピードを生かしてハナを奪い、逃げきりをはかることでしょう。

なのでマテラスカイについて行くのは危険です。

かといって楽逃げを許してしまうと、昨年と同様にマテラスカイの圧勝になります。

どうしてもついて行かざるを得ないでしょう。

よって、マテラスカイ以外の逃げ先行馬はあまり選びたくはありません

 

それでは相手はどのような馬を選ぶか?

末脚を伸ばせる馬がいいと思います。

マテラスカイ以外は失速するとしたら、末脚勝負になるのだと予想します。

一番後ろからはさすがに届かないと思いますので、

ある程度の位置が取れて直線で追い上げる馬は逆転可能な候補、

ポジションがどうしても最後方に近い馬は3着候補とします。

 

 

・印と買い目

 

◎マテラスカイ

上記の通り、本命はマテラスカイです。

断然のスピードを武器に、他を寄せ付けない勝利が

今年も見ることができる可能性大です。

 

◯ミッキーワイルド

マテラスカイに迫れるとしたらこの馬でしょうか?

2連勝でオープン入りを果たしました。

前走も圧巻の勝利で、末脚に優れています。

 

ヴェンジェンス

オープン2連勝中と調子は良さそうです。さらに斤量56kgは恵まれた印象です。

2走前はハイペースの中、末脚を伸ばして差し切っています。

少し揉まれ弱いところがあるようで、そこが懸念点か?

 

△キングズガード

2年前の同レース覇者。

好走時は外枠が多いのもいい材料だと思います。

しかし、道中は内ラチ沿いを通ることが求められる馬なので

ポジションは最後方近くになります。

1着は難しいと考え、印は落としました。

 

サンライズノヴァ

昨年の武蔵野S勝利以降、上がりが使えなくなっています。

しかし、猛調教を積んでいるようで復活があれば3着もあると考えます。

 

△アードラー

堅実に末脚を伸ばせるのは大きな武器です。

穴として入れておきます。

 

 

※買い目

9 ー 4.12 ー 5.13.14

4.12 ー 9 ー 5.13.14

 

9 ー 4.5.12.13.14

 

                                   計 17 点

 

 

・危険な人気馬

馬券内が怪しい危険な人気馬を紹介します。

 

東京での連勝が好パフォーマンスですが、

どちらもドリームキラリが作った遅すぎず、速すぎずのペースでした。

今回はマテラスカイが前半から飛ばすと考えています。

これまで通りの展開とはいかず、ついていけば失速する可能性が高いです。