RM_horseの競馬コラム

競馬についてあれこれ書きます。

レース回顧 〜フェアリーS 2020〜

 

フェアリーSのレース回顧です。

 

 

・レース展開と上位馬寸評

スタートが抜群に良かった最内スマイルカナがハナ。

飛ばしていきます。

2番手にダイワクンナナ、シャインガーネット、追い上げたソーユーフォリア

その後ろにカインドリー、ポレンティアといった並びですが

馬群は詰まって一団といったところです。

 

しかし直線を向くとスマイルカナが後続を大きく引き離します。

残り200mでは差し馬が届かないセーフティーリードになりました。

残り400m〜200mにかけてのラップは11.2でしたので実際に脚を使いました。

そのまま2着に2馬身半突き放してゴール。

2着は最後に脚を使ったチェーンオブラブ、

3着はポレンティアが入りました。

 

1着スマイルカナは圧勝でした。

このまま牝馬クラシック路線でも・・・と言いたいところですが

中山だけが得意な可能性を秘めていると思います。

昨年でいうところのコントラチェックです。

馬券ではクラシックでは狙わず、紫苑SターコイズS等の中山の重賞で狙いたいです。

 

2着チェーンオブラブは末脚が素晴らしいです。

ただし前走赤松賞も今回も脚を使った時には遅かったので

エンジンのかかりが相当遅いのだと思います。

新潟や東京の2000mで狙いたいです。

ただし、上位クラスではまだ力が足りているかはわかりません。

 

3着ポレンティアは久々の競馬でしたので、

まずは自己条件で着実に勝ち進んでほしいです。

 

 

・予想を振り返って

予想はこちらから

 

本命アヌラーダプラは直線伸びず6着。

鞍上は距離が短い方がいいとコメントしていました。

3歳重賞の難しさを痛感しました。

 

対抗チェーンオブラブは狙い通りの末脚を発揮して2着。

馬券につながらなかったので意味はありませんが、

読みは合っていたとポジティブに捉えます。

 

スマイルカナの逃げ切りは逃げ馬が多いメンバー構成ではなかなか読めなかったです。

終わってみれば唯一のディープインパクト産駒。

やっぱりディープインパクトはすごいんだなという感想です。

 

 

 

年が明けてから重賞が全く当たりません。

次の重賞も難解で自信がありませんが

なんとか分析して的中を目指します。