RM_horseの競馬コラム

競馬についてあれこれ書きます。

中山記念予想【2020年】

 

小頭数ながら豪華メンバーが揃いました。

 

 

・コース解説

競馬ラボさんのコース解説です。

 

f:id:RM_horse:20200225133549g:image

出典:競馬ラボ様

中山競馬場 芝1800m | 全競馬場コースデータ | 競馬ラボ

 

スタートは正面直線中ほど。すぐに急坂を登ります。

1,2コーナーの中間まで登り、向正面の直線に向かって下ります。

その後はしばらく平坦ですが、ゴール前にまた急坂を登ります。

同じ1800mでもワンターンの東京や阪神とは全く違うコースと言えます。

 

 

 

・出走メンバーと枠順

レースの出馬表です。

 

f:id:RM_horse:20200229140615j:image

 

登録馬9頭に対して5頭がG1馬という豪華メンバー。

もう少し頭数が揃えばG1と変わらない構成です。

 

 

 

・ここは4強か

前述の通り、G1馬が5頭もいるメンバー構成です。

・インディチャンプ(安田記念マイルCS

・ウインブライト(QE II世C、香港C)

ソウルスターリング阪神JFオークス

ペルシアンナイト(マイルCS

・ラッキーライラック阪神JFエリザベス女王杯

 

ソウルスターリングは2年近く3着以内がなく、

連続で出走前取消をしています。

また、ペルシアンナイトは最近は得意なマイルCS以外の好走がありません。

ただし、前走インディチャンプより先着はしています。

 

よって、残りのインディチャンプ、ウインブライト、ラッキーライラック

皐月賞3着とダービー2着の実績があるダノンキングリーの5頭の4強でしょう。

 

展開はこのレースで引退するマルターズアポジーが飛ばしていくでしょう。

2番手候補のラッキーライラック

特に追いかけて潰す必要もないので1頭だけ大逃げでしょう。

3,4コーナーからジリジリと距離を詰められてマルターズアポジーは脱落し、

直線では4強のデットヒートになるでしょう。

しかし、マルターズアポジー以外はスローペースで運ぶので

後ろにいては届かないでしょう。

道中後ろだとすると、まくっていく必要があります。

 

 

・各馬寸評

出走メンバーの長所と不安材料と

各要素のスコアのレーダーチャートを載せます。

最後にスコア一覧表も載せておきます。

 

1. インディチャンプ

マイルG1連覇の実績はあるが、毎日王冠ではダノンキングリーに完敗したように

1800mへの適性が試される。

f:id:RM_horse:20200229140833p:image

 

2. エンジニア

オープン入り以降3着以内が無く、強調材料は無い。

f:id:RM_horse:20200229141103p:image

 

3. ダノンキングリー

関東圏では3着を外しておらず、毎日王冠ではインディチャンプに完勝した。

ここ2走はスタートが遅めなので、出遅れが懸念。

f:id:RM_horse:20200229141239p:image

 

4. ソウルスターリング

最優秀2歳牝馬と3歳牝馬を連続で受賞した実績はあるが、

古馬になってからの3着内は2年前の牝馬限定G3のクイーンSのみ。

f:id:RM_horse:20200229141632p:image

 

5. ペルシアンナイト

中山は皐月賞2着の実績があり、前走香港マイルも5着と善戦した。

しかし2年前の中山記念は1番人気5着。休み明けで3着以内の経験が無い。

f:id:RM_horse:20200229142041p:image

 

6. マルターズアポジー

2年前の中山記念で逃げ粘って3着の実績。ここも楽に逃げれそう。

しかしそのレースから14戦連続4着以下。衰えがはっきり見える。

f:id:RM_horse:20200229142154j:image

 

7. ラッキーライラック

昨年の2着で、近2走はエリザベス女王杯1着、香港ヴァーズ2着と

今が充実期と言えそう。ただし、斤量は昨年の53kgから2kg増える。

f:id:RM_horse:20200229142346p:image

 

8. ウインブライト

中山記念は連覇しており、中山1800mは驚異の4戦4勝。

しかし2ヶ月以上の休み明けで好走したのは2歳未勝利戦のみ。

f:id:RM_horse:20200229142430p:image

 

9. ゴールドサーベラス

リステッドの軽斤量でも3着に入れず、強調材料は無い。

f:id:RM_horse:20200229142527p:image

 

 

各スコアの一覧表

f:id:RM_horse:20200229152938j:image

 

 

 

・印と買い目

◎ 7 ラッキーライラック

4強とは言いましたが、少しだけ力が抜けていると思います。

大阪杯に向けて仕上げはほどほどだと思いますが

復調前の昨年で2着ですから、コース適性があるのでしょう。

 

◯ 3 ダノンキングリー

他の3頭は中山記念後のローテが決まっていますが、

ダノンキングリーはこのレースを見て決めていくそうです。

おそらく大阪杯を目指すか安田記念を目指すかという話だと思います。

そういう話であれば、最も仕上げてくるのはこの馬では無いでしょうか?

 

▲ 1 インディチャンプ

1週前追い切りでは動きが良すぎて、サンライズノヴァと併せられないほどでした。

馬のコンディションは抜群だと思います。懸念は折り合い面です。

昨年のマイラーズCがスローペースを馬が嫌って4着というのが気になります。

おそらくここもマルターズアポジー以外はスローで進みます。

 

△ 5 ペルシアンナイト

一応前走はインディチャンプに先着しているので

3着候補に入れておきます。

 

 

※買い目

◾️単勝

7

 

◾️馬連

3 − 7

 

◾️3連単フォーメーション

3.7 → 3.7 → 1.5

 

                               計 6 点

 

 

 

・ウインブライトについて

確かにコース適性は抜群ですが、ここは叩き台でしょう。

昨年のオールカマーは全く走りませんでした。

2200mは苦手だったとしても、勝ち馬から1.5秒差負けというのは

その2走後に香港Cを勝つ馬の走りではありません。

この時は調教も動いていますし、休み明けということしか理由が見当たりません。

今年芝で1勝しかしていないミナリク騎手への乗り替わりも明らかにマイナスです。

また、ドバイ遠征前の叩きというのは間隔が短いのでそれもマイナスです。