RM_horseの競馬コラム

競馬についてあれこれ書きます。

レース回顧 〜阪急杯 2020〜

 

阪急杯のレース回顧です。

 

 

・レース展開

まずはレースを振り返ります。

 

外から勢いをつけてニシノラッシュがハナ。

マイスタイルとダイアトニックも競りかけます。

しかし、マイスタイルは手綱を抑えて譲ります。

もうこうなるとマイスタイルは厳しいです。

いつになったら鞍上はマイスタイルの好走するパターンと

厳しいパターンがわかるのでしょうか?

阪神Cもそうですが、抑えてしまうとやる気を無くす馬です。

 

話を戻すと、3コーナーまでにクリノガウディーが進出し

マイスタイルの外から2番手でコーナーを回ります。

サフランハートがその外からまくる形。

ダイアトニックが内でニシノラッシュの後ろにつきます。

3,4コーナーで激しく動いた結果、

前半600mは34.1ですが、1000m通過は56.8と息が入りませんでした。

 

直線を向くと外からマイスタイルが抜け出しにかかるも

ニシノラッシュとの間を強引にダイアトニックがこじ開けて先頭に立ちます。

これによりフィアーノロマーノが不利を受け、大きく減速しました。

(個人的にはこの時点で馬券は諦めていました)

手応えよくこのまま突っ走るかと思いきや、中団からうまく脚を溜めていた

ベストアクターがクリノガウディーの外からスルスルと抜け出して

坂で若干脚が鈍ったダイアトニックを差し切り1着。

2位入線はダイアトニック、3位入線は絶望的な不利から猛追した

フィアーノロマーノでした。

その後前述の不利に関して審議となり、着順が入れ替わり

2着フィアーノロマーノ、3着ダイアトニックとなりました。

 

 

・予想の振り返りと上位馬寸評

今回から予想時の印や各要素の評価をしっかりと振り返り、

予想と結果の比較をしっかりとやっていきます。

予想のエントリーはこちらから

 

1着 ベストアクター 予想時:無印

素晴らしい差し脚でした。

そして追い出しのタイミングも進路もここしかないというところでした。

浜中騎手の実力あっての1着でした。

落馬負傷からの復帰週で重賞勝利は幸先がいいです。

今後は京王杯SCから安田記念が目標とのこと。

京王杯SCはメンバー次第ですが有力候補だと思います。

 

◾️予想時の各要素の評価

f:id:RM_horse:20200302141927p:image

予想時は距離適性や展開、調子を評価していましたが

阪神は初めてであり、昇級して斤量が上がる点を嫌って無印としました。

これが大失敗。阪神の経験があって結果が出ていないならまだしも、

未知数なだけであれば距離適性もあるので入れなければいけませんでした。

 

 

2着 フィアーノロマーノ 予想時:◎

阪神1400mの適性は本物でした。

大きく減速するほどの不利がありながら3位入線まで猛追しました。

この後は高松宮記念に向かうのか?それともダービー卿CTの連覇を狙い

マイル路線なのかわかりませんが、出走経験のない1200mも面白いと思います。

 

◾️予想時の各要素の評価

f:id:RM_horse:20200302143244p:image

出走馬で最も評価をしていました。

たらればですが、不利がなければ1着もあり得たと思います。

予想としては間違ってはいなかったと思います。

 

 

3着 ダイアトニック 予想時:△

先行していったのは意外でした。

そして先行馬が崩れた中での2位入線は素晴らしいです。

レース後の談話では1200m戦に向けて、

前で競馬することを試したという旨を話していました。

ということは高松宮記念を見据えていると思います。

今回は坂で脚が少し鈍った感もあるので、

中京の直線すぐの坂で置いていかれないようにしたいです。

 

◾️予想時の各要素の評価

f:id:RM_horse:20200302144511p:image

今回も後ろからの競馬になると考え、

内枠だと包まれてしまい展開の評価が控えめでした。

ちょっと先行することは読めませんでした。

もし先行しなかったとしたら、外に出して差すというのは

難しかったと思います。

 

斜行に関しては、本人が反省していると思います。

ただ、1月にも斜行による騎乗停止がある中で

繰り返しになっています。

あまりに騎乗停止が多いと依頼はしにくいでしょうね。

制裁の多い騎手はジワジワと有力馬の依頼は減っていき、

信頼を取り戻すのも時間がかかります。

北村友一騎手もそのレールに乗りかけている感があります。

 

 

 

 

予想は間違いではなかったと思いますが、事故で単勝を外しました。

あとは相手選びに重視するところを慎重に検討していきます。