RM_horseの競馬コラム

競馬についてあれこれ書きます。

阪神大賞典予想【2020年】

 

天皇賞・春を見据えた長距離レースで、

1着には優先出走権も付与されます。

 

 

・コース解説

競馬ラボさんのコース解説です。

 

f:id:RM_horse:20200319161707g:image

出典:競馬ラボ様

阪神競馬場 芝3000m | 全競馬場コースデータ | 競馬ラボ

 

スタートは向正面の2コーナー出口。

3,4コーナーまで下り坂で進みますが、3000mという距離を考えてペースは速くなりません。

内回りのコースを2周弱するコースです。

阪神はゴール前に急坂があり、それを2回登るので

距離を含めてタフになります。

内回りなので後方一気は厳しいでしょう。

 

 

・出走メンバーと枠順

レースの出馬表です。

 

f:id:RM_horse:20200321175813j:image

 

近年の日本競馬はスピードが強化される傾向にあり、

長距離レースの出走頭数は減っているように感じます。

今年も10頭立てと少頭数になりました。

 

 

・勝ち馬は4コーナーで前のポジション

過去の阪神大賞典を見てみると、道中は後ろでも

最後の4コーナーでは4番手以内にはいないと勝てないようです。

最初から前にいる馬はそれでもいいですが、

普段差しの競馬をしている馬は3,4コーナーで進出する必要があります。

 

人気馬の中では、ユーキャンスマイルは厳しいと言わざるを得ません。

菊花賞3着で3400mのダイヤモンドSも勝利しているので

距離も問題ないと思われがちですが、

菊花賞は最後の直線での瞬発力勝負で差しが向き、

ダイヤモンドSは条件馬をギリギリで差すという薄氷の勝利。

いつも通りの競馬であれば勝つことはできないでしょう。

 

キセキに関しては逃げ馬に転向して好成績をあげていましたが、

前走の有馬記念と、その時の鞍上のムーア騎手のコメントを見ると

もう前で競馬をするのは難しくなってきているのではないでしょうか?

もともと3歳時は差し追い込み馬でしたので、その時に戻った感じです。

そして、当時はコーナーで進出するというのが全く出来ませんでした。

なので、唯一のG1馬であるキセキにも死角があると考えています。

 

ただし、上がり最速を連発する馬も3着には入ることがあるので

頭は無くてもヒモでは注意が必要です。

 

 

・各馬寸評

出走メンバーの評価です。

今回距離適性は2500m以上の成績から考えています。

 

 

1. レノヴァール

3000mは万葉Sの3着があるが、阪神は0−0−0−2。

能力的にも厳しいか?

f:id:RM_horse:20200321183731p:image

 

2. メロディーレーン

斤量49kgの前走でも9着で、今回は53kg。

まずは自己条件で勝ち上がってオープン入りを目指すべきでは?

f:id:RM_horse:20200321184012p:image

 

3. ムイトオブリガード

良績が東京2400m、2500mに集中しており、

2年前の阪神大賞典では8着。

3着はあるかもしれないが、東京で買うべき馬。

f:id:RM_horse:20200321184511p:image

 

4. トーセンカンビーナ

後ろからの脚質なので、1着は難しいが

かならず終いの脚を使える馬なので、2,3着候補としては面白い。

f:id:RM_horse:20200321184756p:image

 

5. タイセイトレイル

前走のダイヤモンドSは案外だったが、2500m、2600mでは崩れていない。

ハーツクライ産駒はこのレースが得意で、鞍上の福永騎手も得意。

先行出来るのも魅力。

人気にはならないが高評価の1頭。

f:id:RM_horse:20200321185619p:image

 

6. メイショウテンゲン

菊花賞12着だが、ステイヤーズS4着でダイヤモンドSは2着。

スタミナはあるが、後ろからの脚質で、使える脚は速くない。

ここは少頭数でスローペース濃厚で展開が向かない。

f:id:RM_horse:20200321190021p:image

 

7. ボスジラ

3連勝中の上がり馬で、どのレースもゴール前で脚色が衰えていない。

コーナーでまくることも出来るため、レースにも向いている。

懸念点は初めての関西遠征であること。

f:id:RM_horse:20200321190318p:image

 

8. ドレッドノータス

今回楽逃げ濃厚で、前残りには要警戒。

しかし、前走早々にガス欠しており、スタミナが足りるか?

f:id:RM_horse:20200321190638p:image

 

9. キセキ

菊花賞1着であり、3000mの距離実績もある。

数々のG1での2着があり、実績はダントツ。

しかし、勝ち鞍は菊花賞までさかのぼる。

さらにもし脚質が変わっていたら、鞍上との相性が悪そう。

f:id:RM_horse:20200321190908p:image

 

10. ユーキャンスマイル

重賞実績が豊富で、G1でも掲示板を外していない。

後方からの脚質で差し届かないことが懸念点で、

無理にまくろうとすると失速も。

f:id:RM_horse:20200321191055p:image

 

評価値まとめ

f:id:RM_horse:20200321192848j:image

 

 

 

・印と買い目

◎ 7 ボスジラ

上がり馬ですが、脚質の利があり本命にします。

焦らずに乗れる鞍上もプラスです。

あとは輸送で大きく体重が減らなければ大丈夫なはずです。

 

◯ 5 タイセイトレイル

阪神大賞典と好相性のハーツクライ産駒および福永祐一騎手は

かなりプラスです。

この馬自体も前走以外は長距離戦で崩れていないため、

激走が期待できます。

 

▲ 8 ドレッドノータス

ガス欠をしてしまうとおしまいですが、

楽逃げの粘り込みは警戒しないといけません。

 

△ 9 キセキ

10 ユーキャンスマイル

実力馬ですが上記の通り不安も多いです。

無理にまくっていき直線で伸びないことが予想出来ます。

川田騎手も岩田騎手も早めに動いて失速する場面が多いです。

 

△ 3 ムイトオブリガード

苦手な阪神を克服できれば。

 

△ 4 トーセンカンビーナ

追い込みの脚がハマれば。

 

 

※買い目

◾️単勝

7

 

◾️馬連

5 ー 7

 

◾️ワイド流し

7 ー 5.8

 

◾️3連複フォーメーション

7 ー 5.8 ー 3.4.5.8.9.10

 

                              計 13 点