RM_horseの競馬コラム

競馬についてあれこれ書きます。

偉大なる母の話

 

今回は競馬をよく知る人なら当たり前の話ですが、

最近馬券を買い始めた方に向けて、競馬の馬券とは違った側面の話をしたいと思います。

 

 

先日のG1皐月賞サートゥルナーリアが制しました。

サートゥルナーリアはロードカナロアシーザリオという血統です。

一応血統表のリンクを載せておきます。

血統情報:5代血統表|サートゥルナーリア|JBISサーチ(JBIS-Search)

 

サラブレッドにおいて父は種馬(種牡馬)ですので、ほとんどが大活躍した名馬です。

ロードカナロアも例に漏れず、日本競馬史上最高のスプリンターと言っても差し支えないです。

種牡馬は人気であれば年間200頭を超える種付けを行います。

サートゥルナーリアは今3歳ですが、同い年の父ロードカナロアは約200頭もいるわけです。

 

しかし、母は必ずしも現役時代に活躍した馬とは限りません

サラブレッドは妊娠期間が約11ヶ月なので年間1頭しか出産しません。

種牡馬と同じように大活躍した馬だけでは需要を満たせません

そのため、お母さんは現役時代に大きなレースを勝ってはいない馬がほとんどなわけです。

血統次第では、未勝利馬や未出走馬もいます。

 

こういった背景から、サラブレッドは父が同じだけでは兄弟とは言わず母が同じであれば兄弟と言います。

兄弟の中で、父も同じであれば全兄弟、父が違えば半兄弟と言います。

 

 

さて、サートゥルナーリアの話に戻ると、

シーザリオは現役時代、G1オークスを勝った名馬です。

つまり、サートゥルナーリアは父も母も大活躍した良血馬なのです。

 

しかも、シーザリオが産み出した活躍馬はサートゥルナーリアだけじゃないのです。

半兄弟のエピファネイアリオンディーズもG1勝ち馬で、現在は種牡馬になっています。

活躍したのはサートゥルナーリアで3頭目なのです。

 

これは本当にすごいことです。

 

3/17時点での3歳以上の現役馬7667頭のうち、G1勝ちがある馬は40頭しかいません(数え間違えがあればすみません)。

つまりG1馬になる確率は

  40 / 7667 × 100 = 0.52%!!

もちろん現役馬限定の荒っぽい計算ですが、

オールタイムで統計を取ってもそんなに変わらないと思います。

 

その0.5%を3回も引いているのがシーザリオなのです。

とんでもない凄さが伝わったでしょうか??

 

 

また、皐月賞の同日に阪神で開催された

G3アンタレスステークスを制したのはアナザートゥルースですが、

アナザートゥルースの母キョウエイトルース

他にサウンドトゥルー(G1馬)、ルールソヴァールという重賞勝ち馬を産んでおり、

アナザートゥルースで3頭目でした。

シーザリオが凄すぎますが、キョウエイトルースもすごいお母さんです。

 

 

この日は活躍馬をたくさん産み出している、偉大な母を持つ馬が勝つ日でした。

もちろん、子供が活躍しないとお母さんの価値が低いとは全く思いません。

孫やひ孫の代で活躍馬が出たりするかもしれませんし、そういう例もたくさんあります。

 

また、競馬を何年もやっていれば、現役時代に応援した馬の子供だから応援しようとか

そういう楽しみ方もできるわけです。

 

血統の話はとんでもなく奥が深いので、いつか出来たらいいなと思っています。

(いかんせんまだ勉強中なもので・・・)