RM_horseの競馬コラム

競馬についてあれこれ書きます。

札幌記念予想

 

夏競馬最大のレースと言っていいでしょう。

 

 

・コース解説

競馬ラボさんのコース解説です。

 

f:id:RM_horse:20190816171224g:image

出典:競馬ラボ様

札幌競馬場 芝2000m | 全競馬場コースデータ | 競馬ラボ

 

スタートは4コーナーポケット地点。

平坦な1周コースで、コーナーの角度は比較的緩やかながらも直線は短いため、

1番後ろからの追い込みは厳しいです。

先行馬も残りますが、まくりが届かないような絶妙なペース配分が要求されます。

 

 

・出走メンバーの力量

札幌記念は時に数十万馬券が出るほどの荒れるレースとして知られていますが

それは出走メンバーがG2あるいはG3なら勝負できそうな構成の場合です。

G1で勝ち負けが出来るクラスの馬が出てきた時は、少なくとも3着には来ることが多いです。

 

今年の出走メンバーを見ると、

フィエールマン、ブラストワンピース、ペルシアンナイト、ワグネリアン

の4頭がG1を獲っています。

素直にこの4頭で選ぶべきかもしれませんが、不安のある馬もいます。

また、G1馬でなくても買いたい馬もいますので、

比較をしながら考えてみたいと思います。

 

 

・各馬寸評

重賞予想が全然当たらないことですし、

久々に全頭の寸評を書いてみたいと思います。

 

1 ブラストワンピース

上がりが使えなくなってきているのは気がかり。

さらに2戦連続で掲示板に乗れないというのは色々な要因があるにしても

物足りない結果と言わざるを得ません。

凱旋門賞を見据えているということですが、この成績で挑戦するのは不可解で

フィエールマンのラビット目的ではないかと疑っています。

馬券には入れにくいです。

 

2 クルーガー

元々はマイルで活躍していた馬ですが、オーストラリアに遠征して

連闘で挑んだQESではウィンクスの2着と好走しました。

これは評価が難しいですが、いくら馬場が合ったとしてもG1の連闘で2着というのは

オーストラリアのレベルを疑う方が自然です。

キングカメハメハ産駒の内枠ということで、穴っぽい1頭ですが

馬券には入れにくいです。

 

3 ステイフーリッシュ

函館記念では馬券から外してしまいましたが、

それは状態面とコース適性を考慮してのこと。

今回は叩いて状態も上がっているでしょうし、

コースも函館よりは走りやすい札幌の方が向いていそうです。

馬券からは外せません。

 

4 ナイトオブナイツ

位置取りが後ろになってしまい、ここでは届かないでしょう。

さらに力も足りていないと思います。

 

5 ロードヴァンドール

前走があまりにも負けすぎで、なかなか狙いにくいです。

走る時と走らない時のムラがあるので掴みにくいですが

G1馬に匹敵するほどではないでしょう。

 

6 ランフォザローゼス

唯一の3歳馬。重賞未勝利では力が足りないと思います。

時計がかかったとしても厳しいと思います。

 

7 エイシンティンクル

重賞では高い壁に跳ね返されています。

さらにマイルや1400mを中心に使ってきた馬で、2000mは長そうです。

 

8 ゴーフォザサミット

この馬もブラストワンピースと同様で、上がりが使えないのが気がかり。

堅実には走りますが、裏を返せば決め手がないということ。

馬券には入れにくいです。

 

9 フィエールマン

G1 2勝で実績が1番あります。

出走取消レベルの相当な体調不良でない限り、

2着以内は堅いと思います。

菊花賞天皇賞・春を勝った馬なので2000mが短いという声もありますが

そういうレベルの馬ではないと思います。

馬券にはもちろん入れます。

 

10 サングレーザー

昨年の勝ち馬で、札幌競馬場は3-0-0-0とパーフェクト。

コース適性、レース適性は抜群です。

大阪杯は案外でしたが、前走の安田記念は0.2秒差の5着と

まだまだ老け込んではいません。

馬券に入れます。

 

11 ペルシアンナイト

3歳時に皐月賞2着、マイルCSを制した実力馬でありますが

今年は3戦連続馬券外で着差もつけられています。

もう走れなくなってきている気がしています。

位置取りも後ろでこのレースには不向きです。

馬券には入れにくいです。

 

12 ワグネリアン

なかなかレースを使えませんが、実力は間違いありません。

休み明けでもキッチリ仕上げてくる調教師ですし、

力を出せればフィエールマンにも勝てるだけのポテンシャルがあるはずです。

馬券にはもちろん入れます。

 

13 サクラアンプルール

一昨年の勝ち馬ですが、もう8歳の夏です。

さすがに衰えも見られ、さらに一昨年よりもハイレベルなメンバー構成です。

馬券には入れにくいです。

 

14 クロコスミア

前走はヴィクトリアマイル3着で状態は上向いていると思いますが

重賞では牝馬限定戦でしか好走歴がないのが気がかり。

混合戦では厳しいのだと思います。

馬券には入れにくいです。

 

 

・印と買い目

◎9  フィエールマン

◯12 ワグネリアン

△10 サングレーザー

△3  ステイフーリッシュ

 

◾️3連単フォーメーション

9,12 → 9,12 → 3,10

9,12 → 3,10 → 9,12

 

◾️馬連

9 – 12

 

                                計 9 点