RM_horseの競馬コラム

競馬についてあれこれ書きます。

中山金杯予想【2020年】

 

新年最初の名物重賞、金杯です。

こちらは中山です。

 

 

・コース解説

競馬ラボさんのコース解説です。

 

f:id:RM_horse:20191231140408g:image

出典:競馬ラボ様

中山競馬場 芝2000m | 全競馬場コースデータ | 競馬ラボ

 

スタートは正面の直線入り口。いきなり坂を登ります。

この坂は1,2コーナー中間まで続き、向正面まで下ります。

それからは平坦ですが、ゴール前にまた急坂が待ち受けます。

他の競馬場の2000mコースと比べてもタフなコースであり、

中山巧者と言われる馬はよくいます。

 

 

・出走メンバーと枠順

レースの出馬表です。

 

f:id:RM_horse:20200104121457j:image

 

前走ディセンバーS、中日新聞杯、チャレンジCが多数です。

その他路線組も含めて実力の見極めが重要です。

 

 

・ペースは遅い?

逃げた経験のある馬は多いですが、どうしても逃げたいという馬がいません。

ゲートを出たなりでスタートが良かった馬がハナに行くと思います。

そうなると、中山2000mはタフなコースなのはわかっているので、

前半はスローペースになると予想します。

 

今回は差し追い込み馬に有力な馬が多数いるので、

3,4コーナー中間から、まくりが得意な

クレッシェンドラヴとレッドローゼスの2頭が

仕掛けていき、早めのペースアップになりそうです。

そうすると並の先行馬は崩れます。

この2頭はどちらもこれが勝ちパターンなので、

馬券はこの2頭を中心に考えます。

 

 

・各馬寸評

出走メンバーの長所と不安材料です。

 

1. テリトーリアル

長所:前走は案外だが、それまでは安定した成績。

不安:好走が1800mに集中している。中山も初めて。

 

2. ブラックスピネル

長所:昨年から復調し、良馬場では成績が安定してきた。

不安:中山は0−0−0−2と苦手な様子。

 

3. クレッシェンドラヴ

長所:中山は4−1−1−3、2000mも3−2−0−2、さらに中山2000mは2−0−0−0。

不安:有馬記念に向けて調整していただけに、調子のピークを過ぎている可能性。

 

4. ノーブルマー

長所:小回りの1周コースは得意。

不安:1800mや2200mといった非根幹距離が得意なので、2000mは?

 

5. レッドローゼス

長所:中山は3−3−2−1とかなり得意。

不安:位置が後ろになりすぎると直線で届かない。

 

6. マイネルハニー

長所:かつてはチャレンジCの勝利やスプリングSの2着がある実力馬。

不安:長期休み明けの前走は10着。もう7歳で復活できるか?

 

7. トリオンフ

長所:重賞2勝と実績上位。

不安:長期休み明けの2走目は反動が懸念される。遠征の経験も少ない。

 

8. ウインイクシード

長所:中山は2−3−1−2、2000mは2−2−2−3と安定感がある。

不安:中山2000mは全て条件戦にも関わらず0−2−1−1と勝利はない。

 

9. ギベオン

長所:数少ない重賞勝ち馬。G1(NHKマイルC)の2着もある。

不安:昨年は1度も3着以内が無く、実はスランプ期?中山も0−0−0−2。

 

10. シャイニープリンス

長所:中山は1−1−2−4と全戦績の割にはまずまず。3年前の3着馬。

不安:10歳馬で衰えは隠せない。

 

11. アンノートル

長所:斤量54kgはかなり軽い。

不安:全5勝は1600mで2000mは0−0−0−1。中山も特別得意ではない。

 

12. タニノフランケル

長所:昨年のこのレースは0.1秒差の3着で、勝ち馬は中山の鬼ウインブライト。

不安:ここ5走は3着以内が無い。かなりスローペースにならないと好走できない。

 

13. イレイション

長所:中山は2−2−1−0と3着を外していない。

不安:1600mを中心に使っており、2000mは初めて。

 

14. メイショウエイコウ

長所:長所を見つけられず。

不安:芝未勝利。前走も15着大敗で芝適性自体が疑問。

 

15. カデナ

長所:昨年春頃から復調し、G3なら馬券に絡んでいる。中山2000mは弥生賞勝ちの実績。

不安:道中の位置が最後方に近いので、直線一気で届くには展開の助けが必要。

 

16. マイネルサーパス

長所:福島や中山といった小回りは得意。

不安:渋った馬場の方が得意だが、天気はずっと晴れで良馬場濃厚。

 

17. ザダル

長所:中山は2−0−1−0、2000mは2−0−0−0とどちらも得意。

不安:菊花賞13着明けの立て直し。大外枠。

 

 

・印と買い目

◎ 3 クレッシェンドラヴ

今が充実期で、実力も抜けていると思います。

しかも中山2000mは2戦2勝の大好物。

包まれて動けないということがなければ勝てるでしょう。

 

◯ 5 レッドローゼス

クレッシェンドラヴによく似た馬です。

近走は少し振るいませんが、3,4コーナーで動ければ好走できます。

ゴール前はクレッシェンドラヴとのデットヒートになると予想します。

 

▲ 7 トリオンフ

先行勢では最も地力がありそうなトリオンフを評価上位にします。

クレッシェンドラヴとレッドローゼスのどちらも動けなければ

この馬が残ってきます。

 

△ 17 ザダル

内枠なら本命候補でしたが、痛恨の大外枠でした。

中山の適性は抜群なので、それだけで馬券になる可能性はあります。

 

△ 15 カデナ

G3レベルでは上位の末脚を持っていますが、

コーナーで進出できる器用さがありません。

新潟や東京ではそれでも先頭に届きますが、中山では厳しいでしょう。

 

△ 12 タニノフランケル

昨年の3着馬です。

昨年よりも状態は上がってきませんし、斤量の恩恵も無いので厳しいと思いますが

「レース実績、コース実績のある馬を切ってはいけない」と

昨年の1年を通して学びました。

 

△ 9 ギベオン

進路が全く無かった前走は参考外です。力はあると思います。

ただし、中山は苦手なので評価は上がってきませんでした。

 

△ 8 ウインイクシード

中山は得意そうですが、1800mの方が良さそうです。

また、重賞上位経験のある馬からは力が1枚落ちる印象です。

 

 

※買い目

◾️単勝

3

 

◾️馬連流し

3 ー 5.7

 

◾️3連複フォーメーション

3 ー 5.7 ー 5.7.8.9.12.15.17

 

                                       計 14 点