RM_horseの競馬コラム

競馬についてあれこれ書きます。

レース回顧 〜東京新聞杯 2020〜

 

東京新聞杯のレース回顧です。

 

 

・レース展開と上位馬寸評

まずはレースを振り返ります。

 

まずスタートでヴァンドギャルドが出遅れます。

クルーガーがハナに行きかけるも、

モルフェオルフェがハナ。軽快に飛ばして大逃げしました。

クルーガーとレイエンダが離れた2番手。

サトノアーサーとクリノガウディーがこれに続きます。

その後ろにプリモシーン、ケイデンスコールといった隊列で、

逃げたモルフェオルフェ以外は一団です。

 

600m通過が34.7、1000m通過は58.1というペースでした。

直線を向くとモルフェオルフェは残り400mで脱落し

クルーガーとレイエンダが先頭。

これを内からクリノガウディーが差してきました。

外からはプリモシーンが抜群の手応えで差してきます。

レイエンダとクルーガーの間からシャドウディーヴァも追い込んで

ゴール前で3頭接戦になるも半馬身プリモシーンが抜け出し1着。

2着はシャドウディーヴァ、3着は2着とハナ差でクリノガウディーでした。

 

1着プリモシーンは昨年の秋はイマイチでしたが、

ここに来て完全復活の予感をさせる勝利。

デムーロ騎手も進路取りが完璧でした。

勝負強いかつてのデムーロ騎手が戻ってきた予感もします。

人馬共に復活が期待できますね。

昨年2着のヴィクトリアマイルで、今年こそは勝利が狙えそうです。

 

2着シャドウディーヴァは東京巧者ぶりを発揮。

終わってみれば牝馬のワンツーでした。

この馬も東京は得意なのでヴィクトリアマイルが楽しみです。

 

3着クリノガウディーは内への進路取りが功を奏しました。

しかしちょっと強引だったため戒告の制裁は取られました。

騎手と手は合うようなので安田記念を目指すと思います。

マイラーズCを使ってもいいかもしれません。

 

 

・予想の振り返り

予想はこちらから

 

本命ヴァンドギャルドはスタートで出遅れ、

直線ではどん詰まりしました。

それでもゴール前は脚を使い7着。

出遅れと馬群をさばけなかった騎乗が悔やまれます。

(出遅れは一概に騎手の責任とは言えません)

 

対抗サトノアーサーは4着もワンパンチ足りない印象です。

 

 

あまりに重賞が当たらないので、次週は直感で選んでみます。

もちろん理由付けもしますが。