RM_horseの競馬コラム

競馬についてあれこれ書きます。

レース回顧 〜きさらぎ賞 2020〜

 

きさらぎ賞のレース回顧です。

 

 

・レース展開と上位馬寸評

レースを振り返ります。

 

ギベルティがハナで他の馬は絡まずに楽に逃げます。

離れた2番手にストーンリッジ。

3番手がコルテジアと懸命に抑えようとするも抑えきれないグランレイ。

その後ろでアルジャンナは折り合っていました。

 

1000m通過が62.5という超スローペース。

ですが3,4コーナーの坂の下りを使ってペースアップ。

直線では早めにギベルティはストーンリッジに並ばれます。

これについていくのはコルテジア。

直線ではデットヒートになるもゴール前できっちり差し切り1着。

2着ストーンリッジ、3着は残り100mでようやく加速したアルジャンナでした。

 

1着コルテジアは意外でした。

シンザン記念3着ですが、1,2着から離されていたので

ここで勝てるまでの力があるとは思いませんでした。

松山騎手もしっかりストーンリッジをマークして

最後に差し切る好騎乗を見せました。

近松山騎手は乗れていますね。もっと騎乗馬に恵まれるべきだと思います。

今後は皐月賞直行ということですが、相手関係もレベルが上がります。

なかなか本命視はしにくいですが、今の松山騎手なら1発あるかもしれませんね。

 

2着ストーンリッジ新馬戦の能力を発揮するも最後は差されました。

先頭に立つのが早かったような気がします。

今後はクラシックに行くのか、あるいはマイル路線かどうかわかりませんが

マイルならアーリントンカップで見てみたいです。

 

3着アルジャンナは馬場不向きだったと思いますがよく3着まで来ました。

この馬は距離が伸びても良さそうなので、クラシック路線と思います。

ただしクラシックで好走するにはさらなるレベルアップが必要でしょう。

 

 

・予想の振り返り

予想はこちらから

 

本命グランレイは向正面でかかりにかかりまくってしんがり負け。

どうやらスローペースだとかかってしまうようなので、

今後は短距離路線に舵を取るべきです。

 

ただ、前走から距離延長のレースに出てくるのであれば

しっかりと折り合い対策を調教しておくべきではないでしょうか?

半分馬券が外れた腹いせですが、調教師に責任のある凡走と思っています。

 

対抗トゥルーヴィルもさっぱりでした。

 

ストーンリッジは新馬戦のラップは評価していましたが

ここよりも共同通信杯アーリントンカップといったような

スピードを生かせるレースでこそと思っていましたが

素直に評価するべきでしたね。

 

 

ちょっと重賞予想が下手すぎてへこんでいます。

次週も3歳重賞が2つあるので、今度こそは当てたいです。