RM_horseの競馬コラム

競馬についてあれこれ書きます。

中京記念予想【2020年】

 

先日、夏競馬を負け続ける理由を分析してみました。↓

夏競馬が難しい4つの理由 - RM_horseの競馬コラム

 

夏競馬の予想のポイントとしては

・実績馬

・コース適性有り

の2点が重要だということがわかりました。

 

これにならい、今週から実績とコース適性を重視して

予想をしていきます。

 

・コース解説と枠順

【コース解説】

競馬ラボさんのコース解説です。

f:id:RM_horse:20200717170136g:image

出典:競馬ラボ様

阪神競馬場 芝1600m | 全競馬場コースデータ | 競馬ラボ

 

中京記念ですが阪神開催です。

そのため過去の傾向を参考にはしない方がいいです。

外回りのワンターンなので、通常は走りやすく

上がりも全体タイムも高速決着になるようなコースなのですが

今年は変則開催の影響で馬場はボロボロになっているので、

通常とは勝手が違うようです。

 

【枠順】

f:id:RM_horse:20200717172952j:image

 

G1好走馬を含む重賞の常連が多く揃いました。

ただし、トップハンデは57kgが5頭もおり、

抜けた実力馬は存在しないとハンデキャッパーは判断しています。

斤量が軽い3歳馬も2頭おり、混戦模様です。

 

 

・各馬寸評

あまり細かくレース展開等を予想(想像)すると、

冒頭に記したポイントを忘れてしまいそうなので

各馬の評価から考えていきます。

 

なお、レーダーチャートは今回から作りません。

最も重要な実績とコース適性を5段階評価で記し、

それにプラスして重馬場適性、脚質、調子などを評価します。

 

1. ベステンダンク

実績   :★★★☆☆

コース適性:★★☆☆☆

前々走、マイラーズCでインディチャンプの2着。

前走はハイレベルメンバーのリステッドを1着と

8歳馬ながら調子はかなり良い。

しかし阪神よりも京都コース向きで、軸にはしにくいか?

稍重や重馬場は悪くないので、走っても走っても人気しないタイプでもあり

ヒモには入れておきたい。

 

2. ハッピーアワー

実績   :★★★★☆

コース適性:★★☆☆☆

ファルコンS勝ちの実績がある。

例年通り中京開催なら最高の舞台だが、

阪神はここ2戦連続で10着以下の大敗。

まだ適性を手探りしている感がある。

 

3. ロードクエスト

実績   :★★★★★

コース適性:★★★☆☆

重賞は3勝、G1の2着もある実績馬。

阪神阪急杯を1回走って4着のみなので、悪くはなさそう。

14走連続で4着以下だが、実績的には買ってみたい。

 

4. トロワゼトワル

実績   :★★★★☆

コース適性:★☆☆☆☆

京成杯AHの勝ち、ヴィクトリアマイルの4着がある。

気になるのは2走前に阪神牝馬Sを逃げて15着大敗。

先行馬不利の展開なら仕方ないが、3着に2番手を先行した馬が入っている。

500万下で阪神1200mで2着があるが、外回りになると相当苦手?

 

5. レッドレグナント

実績   :★★☆☆☆

コース適性:★☆☆☆☆

上がり馬だが3勝クラスを突破するのに6戦も要している。

阪神実績も無いため強調材料に乏しい。

 

6. ペプチドバンブー

実績   :★★☆☆☆

コース適性:★☆☆☆☆

阪神は0−1−1−1だが、すべて未勝利戦。

6月末の阪神1600mの未勝利戦で7着になっており、

コース適性があるとは思えない。

 

7. ケイアイノーテック

実績   :★★★★★

コース適性:★★★★☆

NHKマイルC勝ちのあるメンバー唯一のG1馬。

阪神は2−0−0−3だが、外回りに限定すると2−0−0−1で

2勝と朝日杯FSの4着であり、コースも得意なのではないか?

前走の安田記念では5着と健闘しており、調子も良さそう。

馬券からは外せない1頭。

 

8. ディメンシオン

実績   :★★★☆☆

コース適性:★★★☆☆

同コースの阪神牝馬Sで3着と好走。

重馬場の実績もあり、先行力もあるのでヒモには入れておきたい。

 

9. ブラックムーン

実績   :★★★★☆

コース適性:★★★☆☆

京都金杯勝ちの実績がある。

しかし、8歳馬で2年半も3着以内がないのはなかなか厳しいか?

 

10. プリンスリターン

実績   :★★★☆☆

コース適性:★★★☆☆

阪神1600mは朝日杯FSの5着とアーリントンCの3着とまずまず。

安定した先行力と斤量の恩恵は魅力。

シンザン記念の2着を考えても、時計はかかった方が良さそう。

馬券には入れておきたい。

 

11. ソーグリッタリング

実績   :★★★★☆

コース適性:★★★★☆

全26戦で掲示板外(6着以下)は2度だけという堅実派。

阪神1600mはリステッドを勝っており、適性もある。

連軸にしやすい馬。

 

12. ミッキーブリランテ

実績   :★★★☆☆

コース適性:★★★★☆

阪神は2−0−2−2と得意。今年は4ヶ月の休み明けで大敗したものの

その後勝利し、前走も3着と好走した。

調子を上げており、ここも好走が期待できる。

 

13. ラセット

実績   :★★☆☆☆

コース適性:★★★★☆

前走の米子Sが圧巻。50kgのスマイルカナは届かなかったが

1頭だけ差し脚が違う感じで2着。

狙いたい穴馬。

 

14. メイケイダイハード

実績   :★★☆☆☆

コース適性:★☆☆☆☆

前走はダートを走るなど、オープン入りしてから試行錯誤中。

阪神は2勝しているがいずれも内回りで、外回りは4走前に大敗。

強調材料に乏しい。

 

15. ギルデッドミラー

実績   :★★★★☆

コース適性:★★★★★

全成績2−2−2−1で唯一の着外は1800mの萩S

これは距離が長ったと考えられる。

アーリントンCの2着もあり、阪神適性も抜群。

斤量も恵まれ当然の上位候補

 

16. リバティハイツ

実績   :★★★★☆

コース適性:★★★☆☆

同じ阪神フィリーズレビュー勝ちがあるが、あちらは内回り。

最近は不振が続いていたため、久々の斤量53kgになった。

斤量が軽くなって復活するのはCBC賞のラブカンプーのパターン。

好走もあり得る?

 

17. ストーミーシー

実績   :★★★☆☆

コース適性:★☆☆☆☆

阪神0−0−0−6とコース適性が全くない。

輸送が苦手なようである。

 

18. エントシャイデン

実績   :★★★☆☆

コース適性:★★☆☆☆

この馬は阪神よりも京都が得意。

阪神も苦手というわけではないが、京都で買いたい。

 

 

・印と買い目

◎ 15 ギルデッドミラー

かなり迷いましたが斤量が軽すぎるので本命にしました。

G1で3着で51kgは反則もいいところです。

 

◯ 11 ソーグリッタリング

とにかく堅実に走れます。

勝ちきれないのが難点ですが、本命からの相手には最適です。

 

▲ 7 ケイアイノーテック

徐々に復活の兆しが見えます。

久々の重賞勝利となってもおかしくありません。

 

△は今回は予想を見送ります。

上記3頭で堅いというよりは、3連系の馬券の買い方が難しいです。

あえて面白そうな穴馬を挙げるとしたらロードクエストでしょうか?

 

 

※買い目

◾️単勝

15

 

◾️ワイドボックス

7.11.15

 

      計 4 点

 

今回は単勝もいらないかもしれません。

ワイドボックスを厚めに購入します。