RM_horseの競馬コラム

競馬についてあれこれ書きます。

安田記念の出走メンバーは??

 

先日、マイラーズCのレース回顧で、インディチャンプが安田記念に出られないかも?と書きました。

現在までに出走しそうなメンバーをまとめてみました。

 

f:id:RM_horse:20190425113324j:image

◎:出走宣言済  ◯:出走濃厚  △:出走選択肢有  ?:不明

フルゲート18頭

 

さすがに海外馬や収得賞金上位の馬が全て出走することはないと思いますが、

インディチャンプが23番目、

ダービー卿CTを勝ったフィアーノロマーノが24番目の順序となっています。

※パクスアメリカーナの骨折が判明したため、1つ繰り上がります。

 

海外馬は香港から登録のあった4頭を全て入れてみました。

香港以外の他国からの参戦もないことはないですが、

距離を考慮すると香港からの遠征に限定されるでしょう。

4頭の中でも、ビューティージェネレーションは参戦の可能性が高まっています。

昨年の12月に香港マイルを圧勝した実力馬です。

馬場の違いはありますが、日本馬にとってかなりの強敵です。

 

そしてなんといってもアーモンドアイ

率直なところ安田記念出走の可能性は50%もないと思いますが、出走すれば本当に楽しみです。

 

ヴィクトリアマイル組からは昨年2着のアエロリットを表に入れました。

他にも出走する馬は出てくる可能性があります。

そうなると収得賞金を持っていない馬はさらに不利になります。

 

あとは昨年のマイルCS以降音沙汰のないエアスピネルと、

高松宮記念を勝ったミスターメロディあたりは出走してもおかしくありません。

 

また、近年あまり見ませんが、3歳馬が参戦したりするとさらに出走ハードルは上がります。

 

 

いろいろ書いてきましたが、さすがにフィアーノロマーノあたりまでは出走は問題ないとは思います。

香港馬が全頭来るとも思えませんし、日本馬の賞金上位の馬で回避も出るでしょう。

ただしサトノアレス京王杯SCでしっかり権利は取りたいところです。

もちろん、トゥザクラウンなどの上がり馬が安田記念に出るには京王杯SCでの1着が必要です。

 

こういうのを考えていくと、トライアルレースでの本気度がわかってくるので、

予想の参考になるかもしれません。

そしてそこで勝って優先出走権を得たことでG1出走が叶う馬は

トライアルレースが調子のピークであることもしばしば。

 

予想においてあまりローテに縛られてはいけませんが

頭の片隅には入れておいて損はないでしょう。