RM_horseの競馬コラム

競馬についてあれこれ書きます。

クイーンステークス予想

 

札幌競馬の開幕となります。

将来の女王候補が揃う牝馬重賞ですので、秋に向けて注目の一戦です。

 

 

・コース解説

競馬ラボさんのコース解説です。

 

f:id:RM_horse:20190723155641g:image

出典:競馬ラボ様

札幌競馬場 芝1800m | 全競馬場コースデータ | 競馬ラボ

 

スタート地点は正面の直線中ほど。

1周コースでコーナーがすぐにあるので、先行争いはスタートに依存しやすいです。

直線の短い小回りコースであるものの、コーナーが緩やかであり、

コーナーから加速をつけていくことができます。

そのため同じ洋芝でも函館よりはスピードのある馬が台頭しやすいです。

 

 

・予想のポイント

コース解説で記した通り、札幌はスピードのある馬が強いです。

直線の短さや洋芝に惑われてはいけません。

コーナーから加速していくという意味では、京都の外回りが近いかもしれません。

函館は同じ北海道で洋芝という共通点、滞在競馬の継続という利点がありますが

函館記念の予想で記したように、向こうはスピードタイプではなく

スタミナやパワーのある馬が好成績をあげやすいです。

特に函館2000mで好成績を上げている馬はここでは割引します。

 

 

・印と買い目

 

◎ 13 ミッキーチャーム

昨年も札幌競馬を経験しており、好タイムで2勝クラスを勝ち上がり

その後の秋華賞での2着につながりました。

この馬の懸念は輸送ですが、滞在調整ができているため不安はありません。

開幕週ということもあり、先行脚質も味方しそうです。

阪神牝馬ステークスで番手の競馬を覚えたことも大きなプラスです。

 

◯ 12 ウラヌスチャーム

能力はミッキーチャームに勝るとも劣らないはずです。

この馬は後方から追い込んでくる脚質でありながらも、

中山競馬場で連対を外したことがないことから、コーナーから加速していくのも得意そうです。

開幕週により前が止まりにくいという要素はあるものの、

フルゲートが14頭というのは、ごちゃつきにくいため追い風にはなります。

先行脚質でまぎれが少ないミッキーチャームを◎としましたが、

ウラヌスチャームとダブル◎という評価です。

 

△ フロンテアクイーン

昨年の2着馬。G3では堅実に走ってくれます。

中山牝馬ステークスではウラヌスチャームの追い込みをギリギリ振り切りましたが

中山よりはスピードを生かしやすい札幌では逆転されてしまうと考えています。

 

△ 4 ダノングレース

この馬もスピードはありますが、中山も苦にしないタイプ。

福島牝馬ステークスはコーナーからまくっていったのが仇となり3着でしたが

札幌は福島よりコーナーで加速しやすいので、その時以上のパフォーマンスが期待できます。

 

△ 5 メイショウショウブ

前残りの可能性があるため、入れておきます。

スピードに優れるタイプであり、斤量51kgも要警戒です。

 

 

※買い目

3連単フォーメーション

12.13 → 12.13 → 3.4.5

12.13 → 3.4.5 → 12.13

 

馬連

12 ー 13

                               計 13 点

 

 

・危険な人気馬

ここに入れると馬券内に来ることが多いですが、懲りずに紹介していきます。

 

■サトノガーネット

条件戦を2連勝中で、鞍上もルメール騎手なので人気を集めそうですが

前走函館2000mを勝った馬で、ここは適性が違いそうです。

その根拠に前々走も阪神2400mでの勝ち上がりで、

その前は2勝クラスの1800mのレースを4回も勝ち上がれなかったことから、

ディープインパクト産駒であるものの、この馬はスタミナタイプと見ました。