RM_horseの競馬コラム

競馬についてあれこれ書きます。

レース回顧 〜小倉大賞典 2020〜

 

小倉大賞典の振り返りです。

 

 

・レース展開と上位馬寸評

まずはレースを振り返ります。

 

ランスオブプラーナがハナ。サイモンラムセスが絡みます。

ジナンボーもぴったり逃げ馬を見る形でした。

縦長を予想していましたが、2番人気のジナンボーが逃げ馬をマークしたため

馬群は一団になりました。

速いラップは無かったですが、ペースは緩むことなく進み

1000mの通過は60.3となりました。

良馬場に回復していましたが、まだ重めの馬場で少し速いペースだったでしょうか。

 

3,4コーナーではジナンボーが積極的に動き、前2頭を潰します。

アンノートルもジナンボーの外にぴったりつけます。

連れてテリトーリアル、ヴェロックス、ドゥオーモも進出し、

コーナーでもペースは緩みませんでした。

直線ではジナンボーが先頭。外からドゥオーモがジリジリと差を詰めます。

しかし後ろで脚を溜めていたカデナが一気に差し切り1着。

2着はドゥオーモ、3着は粘ったジナンボーでした。

 

1着がカデナになることは、道中の馬群が一団になり、

3,4コーナーでの全体の激しい動きを見た時に確信しました。

その展開になればカデナが差し切るだろうと。

とはいえ後方で脚を溜めて直線で脚を伸ばした馬で

3着以内はカデナだけなので、素晴らしい脚だったと思います。

鮫島克駿騎手は嬉しい重賞初勝利。

道中は内を通り脚を溜め、直線で外に出すタイミングも見事でした。

カデナは苦しい時期もありましたが、昨年夏頃から復調してきています。

ただし、1番後ろから差し切る競馬が通用するのはG2まで。

G1で活躍するには中団にはつけれないといけません。

 

2着ドゥオーモが今年1番の驚きです。

連闘の格上挑戦で重賞で2着に来るとは思いませんでした。

何度予想しても買えません。

コース適性があるとしても、さすがに力の差があると思っていました。

しかも競馬の内容も決して展開が向いたわけではありません。

同じ位置から進出を試みたヴェロックスやテリトーリアルは

掲示板に載れていません。

7歳なので今後に期待するのは難しいですが

OP〜G3でまた活躍が見れるかもしれません。

 

3着ジナンボーは最も強い競馬をしました。

道中はずっと逃げた2頭の後ろにつけて、

外からアンノートルに煽られる形で早めに先頭に出て

最後まで3着に粘りました。

大阪杯に出てきたら穴で面白いと思っています。

 

 

・予想の振り返り

予想はこちらから

 

本命ヴェロックスは直線で全く伸びず9着でした。

馬の調子もあると思いますが、

川田騎手は前日のダイヤモンドSに続いて

2日連続で早めに動いて直線で沈むという競馬をしました。

 

川田騎手は昨年の春くらいから重賞で、

どの馬でも同じ競馬しか出来ていないような感があります。

彼が昨年のG1をほとんど1,2番人気の馬に乗っていたにもかかわらず、

クリソベリルのチャンピオンズCの1勝しか出来なかったのは

運が悪かっただけではないと思っています。

 

直線では早めに抜け出すという競馬ばかりで

前につけれなかった時も強引に進出します。

展開がハマる時や、馬の実力が圧倒的に抜けていないと勝てません。

未勝利戦のような下級条件では多くのレースで有効ですが

重賞はレベルの高いメンバーが揃っているので

型にはめるだけでは通用しないこともしばしばです。

 

もう少し前は展開や馬に合わせた競馬をしていたと思いますが

騎乗馬が揃ってきて柔軟性が減ったような感があります。

それがいいところでもありますが、この2日間のように

1番人気を連続で飛ばす結果にもなります。

 

 

今回は馬群は逃げ馬2,3頭で引き離して離れた側はスローペースになると予想したので

その前提が間違っていました。

やはり展開予想は大事です。展開を読み違えると馬券はボロボロです。