RM_horseの競馬コラム

競馬についてあれこれ書きます。

競馬予想の方法を考える【#4 まとめ】

 

 

これまで3回にわたり書いてきた競馬予想の方法を考えるコラムですが、

簡単にまとめを書いておきます。

 

競馬予想の方法を考える【#1 過剰人気馬&穴馬発見メソッド】 - RM_horseの競馬コラム

競馬予想の方法を考える【#2 血統と調教の使い方】 - RM_horseの競馬コラム

競馬予想の方法を考える【#3 データの落とし穴】 - RM_horseの競馬コラム

 

 

#1ではレースの馬柱、出来ればレース映像までよく見て、

展開が向いた上で勝ったのか?向かなかったのにも関わらず勝ったのか?

を考えることをおすすめしました。

 

#2では血統、調教の使い方について、

血統は初条件での適性を見抜くのに優れており、

調教は基本的には出走馬間での比較はせずに、縦の比較をしましょう。

と書きました。

 

#3では勝率、回収率、ネガティブデータ等の落とし穴について書きました。

 

 

全ての項目に共通するのは、理由を考えるということです。

昨今、有料無料に関わらず、様々な人の競馬予想を見ることができます。

当たればもちろん称賛されますが、外れた時に叩く人も多いです。

 

他人の予想に全て乗っかるなとは言いません。

私もいろんな予想はよく見ますし、参考にすることもあります。

ただし、外れた時にその人のせいにするなということです。

そして、外れたからといって、バカにするのもやめましょう。

 

自分できちんと理由を考えられる人は、人のせいにはしません。

他人の予想を見たうえで、納得がいけば参考にしたり、丸乗りすればいいし、

違うなと思えば無視すればいいのです。

 

私はロジックがしっかりしていない予想家さんは見ません。

それがたとえ著名な関係者だとしても、印だけの予想を参考にすることはありません。

 

 

理由を考えていくことが、競馬予想の楽しさではないでしょうか?

そんな思いもあり、コラムを書かせていただきました。