RM_horseの競馬コラム

競馬についてあれこれ書きます。

どの馬券種を買うべきか? 〜3連単編〜

 

 

高配当の夢が詰まってる3連単です。

 

当然ながら当たる確率は最も低い馬券種ですので

3連単を全レース買って、全て当たらないなんてことも日常茶飯事。

確率を上げようとすると低配当か馬券の点数が多くなります。

当たる少ない機会で投資を回収しなければいけません。

 

私は馬券にかけられる予算が多いわけではありませんので、

3連単は重賞しか買いません。

 

 

3連複編で書いたように、ボックスは非効率です。

順列と組み合わせの関係だけでなく、単純に点数が多すぎるので財布に優しくないですよね。

 

当たり前ですが、軸流しマルチも3連複の軸流しの6倍経費がかかるので、これもオススメしません。

 

なので買い方は着順固定の流しか、フォーメーションとなります。

 

 

ここで注目すべきなのは、3連単がおいしい配当になる時はいつか?です。

3連複編で書いたように、3連単の払戻が3連複の6倍以上となったのは2019年3月24日の全36レース中13レースでした。

 

馬単馬連の2倍以上となったのも13レースでした。(詳細は馬連編を参照ください)

同じレース数ですね。

 

これ、実は完全に偶然という訳ではなく、両方該当したのは10レースもありました。

 

つまりおいしい払戻になることは馬単3連単も同じパターンが多いということです。

 

それは、人気馬の2着です。特に1,2番人気。

ご存知の通り、1,2番人気の連対率は高いです。

大きな払戻には勝たれるより2着や3着になってもらわなければなりません。

 

人気馬が1着で2,3着が穴馬であれば払戻は大きいじゃないか。

ここで言いたいのは絶対的な金額の大きさではなく、相対的な話をしています。

人気馬の1着であれば3連複で厚めに買った方がお得なのです。

 

なので、人気馬(特に1,2番人気)の2,3着に固定したフォーメーションがオススメです。

これが高配当を当てるコツです。

 

ただ、フォーメーションで1着に組み込む相手はあまり人気薄にはしないようにしましょう。

おおよその目安は単勝人気が20倍を超えるとちょっと組み込みにくく、30倍超えは1着にはほぼ入れません

もちろん自分が来ると思ったらこの限りではありませんが。

 

 

まとめると

  • ボックス、軸流しのマルチは非効率。
  • フォーメーションあるいは流しは人気馬の2,3着固定。
  • 単勝30倍を超えるような人気薄の1着はほぼ当たらない。